渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

タグ:渋谷レコード店日記

altonedwards_ijustwanna_pr
先日、夕食を食べながらTV番組を眺めていたら「訪日外国人がもっとも行ってみたい都内の名所ベストテン」というが放送されていました。
ま〜都内にはイロイロありますよね・・・。
で、下のランクからその名所を紹介されていたのですが、浅草寺・スカイツリー・チームラボ等の外国人に人気の主だったスポットが紹介されていてすでにその時点で結構有名ドコロが紹介されていたのでオイラも「人気No.1は、ドコなんだろう・・・」って気になっていたんですよね。
でっ!ナンと日本に訪れた外国人旅行者がもっとも行ってみたい場所っていうのが「渋谷のスクランブル交差点」でした。
86D73A1E-563E-4776-B57C-D8D8FAEA3C79
ちょっと意外というかカンゼンに想定外の場所だったコトに思わず「は?マジで?」って声に出しちゃうくらいでした(笑)
確かに渋谷スクランブル交差点で記念写真を撮っていたり、交差点を渡りながら自撮り棒で動画を撮影している外国人は、メチャ多いのは事実ですが、いってもフツーのただバカでかい交差点なのですがケドね・・・。
ちなみに日本に訪れた外国人観光客のうち、ナント約4割の人が渋谷のスクランブル交差点を訪れるそうです。
どうやらスクランブル交差点を一度に何千人もの人がぶつからず交差点を渡り歩くのが彼らにしてみれば「アメイジングっ!」って感覚で見どころがあるそうです。
オイラにしてみればホボ毎日通っている交差点やストリートなのでナンの感動もナイのですが、やはり旅行という非日常の中で自分の国とは違う異文化に触れた外国人からすると街並み自体が「クールっ!」ってカンジたりするんでしょうね。
8AC8FA76-1698-4FE5-A650-DB4F81A11B96
最近だと渋谷のセンター街のマクドナルド前でやたらと記念撮影している外国人が多いですね。
オイラにしてみれば、もうフツーにいつもの渋谷センター街なのですが、こんな写真を見るとメチャ、サイバーパンク感ありますね。

前回の記事でも言及しましたが店頭での売上の比率が外国人客 > 日本人客 となりました。
ホント、売上の比率だけでなく訪れるお客さんの比率も3倍増くらいに外国人客となっています。
で、もうパット見た目で解る外国人客ならそれ相応の対応するココロ構えで接客が出来るのですが、最近だとアジア圏のお客さんがとても多いんですよね。
韓国・台湾・香港・タイ・シンガポール・フィリピン・ベトナムのお客さんとか、見た目の目鼻だちやちょっと雰囲気の違うファッションとかで「外国の人だな」って解ればイイのですが、まったく解らない人も多いんですよ。
先日も5〜6枚のレコードをレジカウンターへ持ってきた日本人のお客さんだと思って
「コチラ、お買い上げでよろしいですか?」って対応してそのままま頷くのでフツーにレジを打って、クレジットカードを手に持っていたのでカード決済を終えた後、帰り際に「Very good selection!」って言われました。
「あ、海外の人だったのか・・・」って気づく始末です。
当店では、外国人客に対しては「免税販売」しているのですが、てっきり日本人だと思ってフツーに消費税込で販売しちゃいました・・・。
友人とか複数で訪れていると見た目は日本人っぽく見えても会話で解るのですが独りのお客さんで無言だとまったく判断できないんですよね。
そんな失敗談をスタッフに告げると「あ〜オレもメチャ、あるわ・・・それ」って、もしかして気がついていないだけで結構、やっちゃってるのかもしれません。
で、逆にこんなコトもありました。
熱心にHipHopのレコードをチェックしていた女性のお客さんなのですが、目鼻立ちからカンゼンにアジア諸国から訪れた外国人客だと思って購入希望のレコードをレジカウンターへ持ってきたトコロで
「Do you have a passport?」って訊こうと思ったトコロ、
「お願いします・・・」ってフツーに日本語が出てきてはじめて「日本人だったのか」って解るコトもあったりしました。
この時は、ナンとか未遂で済みましたけでケド、過去にはカンゼンにやっちゃったコトも何度かありますからね・・・(笑)
やっぱり間違えた時の気まずさはちょっとナンともイタタマレない気持ちになっちゃいます。

それと相変わらず、シティ・ポップ目当てで訪れる海外からのお客さんは、多いんですよね。
で、「タツロー・ヤマシタは、ありますか?」って訊かれるこのパターンもう何百回も対応しました。
トーゼン、当店にはシティ・ポップは、全く無いので返事は、「ノー」になるのですが時々、「ドコで買えますか?」とか「オススメのレコード店を教えてください」とかも訊かれるんですよね。
で、すかさず当店のお向かいのFace Recordsさんを紹介するのですが、まぁ〜ホトンドのお客さんはすでにFace Recordsさんを訪れたあとに当店に来たったカンジなんですよね。
で、次に紹介するのが近くのHMVなのですが、まぁ〜コレが全然通じないんですよ。
まぁ〜原因は、オイラの発音が悪いんでしょうね。
「Did you go to HMV?」って訊くと・・・
「ABC?」って言われるくらいヒドい発音のようです・・・(;´д`)トホホ…。
横でオイラとお客さんのやり取りを聞いているスタッフはゲラゲラ笑っていますケドね(笑)
ナンで「エイチ・エム・ブイ」が「エイ・ビー・シー」になるのか・・・てカンジですケド。
オイラ自身、自覚はしているのですがとにかく「V」の発音がダメっぽいんですよ・・・しかし、アルファベット3文字が言えないというのもナンだかな〜って(笑)
最近、ご来店いただいた外国人から良く訊かれるのは「Do you  have エィンリィ?」てヤツです。
「エィンリィ?ナニだソレ?」ってカンジなので「ワケワカリません〜」って顔をするとスマホで検索して見せられるのは、決まってこのレコードジャケットです。
anri
杏里のレコードですね。サスガに「エィンリィ」は、ナイでしょう〜。
コレばかりはオイラの「アンリ」の発音が間違いなく正解でしょうね(笑)
って杏里のレコードも当店にはナイので「Please go to HMV」って言うと「ABC?」ってなるのですが(笑)

当店は、ご存知の通り12インチシングル専門のレコード店なのですが、海外のお客さん的にも12インチシングルっていうのは、知っている人は、知っているんだケド、最近レコードを聴きはじめた若い世代の人だと結構、認知度は低いんですよね・・・まぁ〜コレは、国籍問わずなのですが世間一般的にはレコードっているのは、やはりアルバム(LP)が主流のようです。
しかし、そんな中でもダンスミュージックやDJプレイに興味がある人は、12インチシングルの良さを知っていてそういったお客さんにご購入頂いているワケですが、訪れた外国のお客さんの中には、当店の在庫の中に気になるレコードが相当ある人もいて大量のレコードの試聴させてほしいってケースもあります。
Houseのレコード・コーナーからソレこそ山のようにレコードを抜き出して「あっ!買ってくれるのかな?」って思いきや「試聴させてくれ」っていうパターンですね。
で、選んだレコードを見るとかなりバラけたセレクション・・・「あ・・・コレは、ヤバいフラグが立ったかも・・・」って思いつつ一枚一枚、試聴のために再生するのですが、お客さんは無反応・・・結局、20枚以上のレコードを小一時間かけて試聴してもらったのですが、購入していただいたレコードは2枚でした・・・売上は2千円未満。
タブンね、気になるレコードは多々あるんだろうケド、どんな曲なのか解らないので試聴したいって思うんでしょうがご自身の好みが明確にナイ場合は、ホントにナニがイイのかわからないようですね。
しかし、お店的には小一時間かけて20枚以上の試聴で2枚のレコードのお買い上げってメチャ非効率なんですよね。
で最近は、店頭にお店のHPへアクセスできるQRコードを掲示してHPから試聴してもらうようにしました。
コレが意外にも外国からのお客さんからも気兼ねなく試聴が出来るというコトが好評なようです。
お店的にも接客の時間を有効活用できるしお客さんの方も幾らでも試聴できるし・・・一石二鳥ですね。
先日なんて当店で5枚のレコードを買ってくれた外国のお客さんに「お店のHPもチェックしてね!」ってnext recordsのHPへアクセスできるQRコードがプリントされたショップカードを渡したトコロ、翌日にも訪れてくれて
「キミのトコロのWebサイト、スゴいな!ホテルに帰ってチェックしたら欲しいレコードがイッパイ見つかったよ!」って追加で20枚以上のレコードを購入していただきました。
日本のレコード店のWebサイトでは、オンラインで試聴出来るって結構、フツーなのですが海外のレコード店のHPは、全然試聴できないようでコピペしてYoutubeやSpotifyで毎回検索して試聴しているそうですね。
ん〜オンラインでカンタンに試聴できるように作っておいてよかった〜。

ALTON EDWARDS / I JUST WANNA (SPEND SOME TIME WITH YOU)
ALTON EDWARDS / I JUST WANNA (SPEND SOME TIME WITH YOU)  の試聴
next recordsのサイトでALTON EDWARDSのレコードを探してみる

先日、当店へ訪れてたくさんのレコードを購入して頂いたお客さんへ「どうやって私たちのショップを知ったの?」って訊いてみたんですよ。
実はそのお客さん、はじめて当店へ訪れて頂いたのですがすでに購入希望したいレコードをすでに当店のWebサイトでチェック済みだったんですよね。
で、そのスマホの画面を観ながらレコードをピックアップしていたんです。
どうやら海外のサイトで「Best Records Shop In Tokyo」みたいな東京のレコード店を紹介しているサイトがあるようでソコから当店のコトを知ったそうです。
下記のYouTubeでもチラッと当店が写っていますね。

当店のコトを下記のように紹介してくれていますね。
—————————
このビル、宇田川町の柳光ビルはすごい。面白いレコード店がいっぱいある。
以下にリストアップした。この一軒で1時間以上は過ごせるだろう。
最初に見るべきは、2階の狭い階段沿いだ。
ネクスト・レコードは、レア&コレクタブルな12インチ・シングルを扱う世界最大級のディーラーだ。
ジャンルはソウル、ジャズ、ファンク、ガレージ、ロフト、ダンス、ディスコ、ブギー、ハウス、ヒップホップ、ラップ、オールドスクール、R&Bなど。
10,000枚以上の純粋なオリジナル12インチシングルを在庫している。
"...値段は少々高いが、品揃えと在庫の質はそれ以上だ。ヒップホップやハウスの他では手に入らないレコードがあるのはとてもありがたい。また、一番驚いたのは、ウェブサイト上ですべての音源が試聴できることと、すべての商品に対して詳細なコメントがあることです(すべて日本語)。スタッフの情熱と知識に圧倒されました...。"

"間違いなく世界有数のオリジナル12インチシングル専門店です。激レア、メガレア盤から大ヒット曲の低価格盤まで、この店は音質を重視するレコード愛好家の要望に応えている。音質を重視するレコード愛好家のための店である。"
A dj and Dance Music lover’s absolute delight – do not miss this one.
―――――――――
「世界最大級のディーラー」とか「間違いなく世界有数のオリジナル12インチシングル専門店」とかお店を営んでいるオイラからするとちょっと気後れしちゃうくらい壮大な褒めコトバです・・・ホント、ありがたいです。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

sade_isitacrime_uk
まずはお知らせっ!
前回、このブログで「東京都が大盤振る舞いキャンペーンを開催中っt!」ってコトで紹介した『暮らしを応援!TOKYO元気キャンペーン』ですが、つい先日キャンペーンの事務局から・・・
「※ポイント還元額が予算額に達する見込みのため、本キャンペーンは3月23日(土)23時59分に早期終了いたします。」
キャンペーン
早っ!3月11日から開催していたのが2週間経たずに予算91億円に達するそうです。
前回のブログでオイラも早期終了するかもねぇ〜って少し触れたのですが、予想以上に早かったですね。
まぁ〜今回のキャンペーンってかなり多くのお店で利用可能だったし、しかもスーパーとかでも使えたりしたのでそりゃぁ〜利用されまくりになるでしょって思いますよね。
というワケで「エッ!欲しいレコードがあったので使いたかったのにっ!」っていう人は、お急ぎを!

では、本題です。
以前にもレコードの価格が日に日に上がっているというコトについて書きましたが、いや〜ホント、マジですよね・・・コレは。
で、「このレコードは、結構レアだよねっ!」って多くの人の共通認識として共有出来ていればさほど問題がナイのですが、ホンの1〜2年前であれば1千円程度で比較的手に入れやすかったタイトルが、昨今の世界的なアナログレコード人気の煽りを受けて価格が高騰しまくりなんですよね。
レコードというレコードが全部、価格高騰しているというワケでは決してないのですが、レコード店側の知識、ニーズ等など長年に渡って得た経験値で「このタイトルは、コレくらいの価格だろう」っていうある程度の相場観みたいなモノがあるんですよね。
しかし、そういった長年に渡って培ってきた相場観みたいなモノを凌駕する価格高騰っプリをみせるタイトルがあるんですよね。

当店は、2000年から渋谷にお店を構えて営業しているのですが、ホンの数年前まで1千円程度だったタイトルがイッキに5000円とかになっちゃうタイトルが結構あったりするんですよ。
で、先に言及したようにレコードを購入いただける多くのお客さんが「このタイトルは、レアだよね〜」って思ってくれればイイのですが、そういう価格の共通認識に至るまでには、やはりそれなりの時間が必要なんですよね。
それが、去年までは1千円だったレコードでドコのレコード店でもゴロゴロと出てきてカンタンに見つけるコトがレコードが、1年後には5千円とかになってしまうという事態にいきなり遭遇すると「ウソっ!高っ!」ってなっちゃうんですよね。

まぁ〜ナニがキッカケでそのタイトルが価格高騰しちゃったのか、様々な理由があると思うのですケドね。
このレコードの価格がイキナリ高騰化する状況っていうのが、日本のレコード・マーケットという限定的な状況ではなくって世界マーケットでそうなっちゃっているんですよね。
だけど、ちょっと認識として日本のレコード・マーケットと世界のレコード・マーケットのスピード感の違いがあまりにも大きいんですよ。
コレね・・・最近、レコードに限らず、ちょくちょく日本の消費市場全体の問題として取り上げられるアレですよ・・・「なかなか値上げ出来ない問題」まさにコレのような気がします。
長らく続いた日本のデフレ状況が、世界中で起きているインフレに対して認識として追いついていけないみたいなカンジですね。
よく喩えられるのにラーメン1杯1000円の壁問題とかありますよね。
人件費とか光熱費、原材料費とか上がっているのにラーメン1杯って感覚的に800円くらいが相場でしょう・・・っていうヤツですね。
ラーメン店側は、1千円くらいに価格を見直ししたいんだケド、1千円にすると「高いっ!」って思われてお客さんに食べてもらえなくなるんじゃないか、という懸念があってなかなか値上げに踏み切れないみたいな・・・。
いや〜タブン、コレね、お店側もお客さん側も長い間続いたデフレ・マインドが身に染み付いちゃっているからこうなっちゃうんでしょうね。

そういった感覚が、やはりレコード店にもあるんですよね。
今まで店頭で1千円で販売していたタイトルがDiscogsをチェックしたら$50とかになっていたら・・・。
どうしよう・・・コレ、価格見直ししようと思うんだケド、いくらにすればイイんだろう。
今だと為替レートが$1が150円くらいなので1千円だったレコードを7500円にしても大丈夫かな・・・って思うんですよ。
でもね・・・タブン、7500円にしちゃうと日本人は、買わない・・・イヤ、買えないんじゃないかな・・・って。
レコード店側としては、ニーズがあって価値の高いレコードに関しては、やはり出来るだけ売上を立てたいのでそれ相応の価格にしたいワケです。
かと言って、それまで1千円だったタイトルを7500円にしてもイイものか・・・という気持ちもあるんですよね。
でも、コレって日本以外の国では、商品の価格を上げるってコトに関しては、結構サクッと値上げしちゃうんですよね。
タブン、商習慣の感覚の違いとかもあるとは思うですが、この商品価格の値上げ・見直しに関しては日本は、とにかく慎重になるんですよね。

しかし今のレコードのニーズの高まりって日本だけでなく世界的な規模で起きているコトからすると、こういったオイラがカンジている日本独特の値上げに関するネガティブな感覚ってそんなにナーバスになるコトないのかな・・・って思う部分もあるんですよね。
例えば解りやすい例だと少し前からSNSとかで話題になっているダンスの動画のBGM曲としてこのCRYSTAL WATERS / GYPSY WOMAN がサンプリングされている曲があるですが、そういった状況でGYPSY WOMANの価格が高騰していたりします。
crystalwaters_gypsy_nj

こんなショート動画観たコトあるんじゃないでしょうか?

GYPSY WOMANをサンプリングしたこの曲は、LAKIM / A PIMP NAMED SLICKBACK という曲なのですがコチラは、ファイル音源だけでアナログ盤は未リリースですね。

まぁ〜でも、この解りやすいメロディラインは、相当多くの脳裏にメモリーされているようでネタ元のGYPSY WOMANのニーズが高まっているカンジですね。
DiscogsだとVG+コンディションで$25(約3750円)くらい、NMコンディションで$35(5250円)くらいが世界マーケットの相場観ですね。
相当、価格がアガっていますね。
だけど、ヤフオクとかだと大体2〜3000円くらいの相場観でDiscogsホド高騰していないんですよね・・・。
要するに日本のレコードニーズよりも海外のレコードニーズの方が高いってコトなのかもしれませんね。

ヤフオクでレコードを販売しておこづかい稼ぎしている知人から訊いたハナシでは、最近では出品したレコードを代行落札業者が落札していくケースがメチャ増えたって言っていました。
どうやら海外から見ると比較的安価な日本のレコード・マーケットに目をつけたマニアが代行落札業者を通じてレコードを購入しているようですね。
落札代行業者を通じてレコードを購入するってそれなりの手数料がかかると思うですが、海外に住んでいるレコードマニアからするとその手数料を払ってでも日本のヤフオクから購入した方が安いというコトなんでしょうね。

つい先日、倉庫にある2軍~3軍のレコードが入ったダンボールからお店に出せそうなレコードをチェックしていたんですよね。
倉庫にある2軍~3軍のレコードってココ2〜3年で買い取りとか入荷してその時の判断では「あんまりニーズないよね・・・」ってカンジで商品化を保留して放置していたタイトルなんですよね。
ようするに販売価格が数百円程度の小ネタなタイトルをまとめている放置したレコードなんです。
しかし、昨今のアナログレコード高騰状況下なのでメンドーですがすべてのレコードの市場価格調査してみると・・・「エっ!マジでっ!?」って人気が急騰しているレコードを発見したんですよね。
で、そのコトをスタッフに伝えると、「イヤ〜コレ、いくらの値段付けます? タブン、Dsicogsの値段だと日本人買えないですよ・・・」ってカンジでどうしようか・・・ってお店でそのレコードを聴きながら相談していたんですよね。
すると・・・「Can I buy this record? 」って店頭でエサ箱を掘っていた外国人客に訊かれました。
で、Discogsでの販売価格に近い価格を伝えると秒速で「Okay, I'll take it!」ってお買い上げいただきました。
ん〜・・・ハンパないですね・・・このレコードに対する貪欲な気持ちと決断力・・・。

SADE / IS IT A CRIME
SADE / IS IT A CRIME の試聴
next recordsのサイトでSADEのレコードを探してみる

いや〜でもホント、レコードの価格高騰は、マジでヤバいくらいですね。
オイラも時々、ebayとかチェックして良さげなレコードを見つけて落札してやろう!って入札終了時間の朝の4時とかに起きて終了直前の5秒前とかに入札しようとガンバるのですが、ことごとく撃沈しています。
時にはせっかく、朝の4〜5時に起きてPCの前にスタンバってモニタを見ると終了3分前に関わらずすでにオイラが入札しようとしていた価格の2倍増の価格になっていたりする有り様・・・もう、ヤル気も起きなくなるくらい意気消沈ですよ・・・ホント・・・トホホ (T_T)
でも、もうタブン、レコードの価格が世界的に均一化していくってコトは、今後避けられないでしょうね。
当店では、先月の店頭売上の比率が 外国人客 > 日本人客 になっていましたからね。
以前にも書いたコトがありますが、コレまでにアナログレコード文化がなかったアジア諸国のお客さんがレコードを購入していくケースが増えたんですよね。
そういった国々の人からすると元々自国にレコードがない状況から今のレコード人気になっちゃったものだから、過去の安価だった時代自体をしらないんですよね。
なので、レコード=それなりの価格がするアイテム みたいな認識なんですよね。
しかも自国の経済成長も日本以上にイキオイがあるので消費意欲もメチャ高いんですよね。
こんな調子で日本のレコードが海外へ流出していくんでしょうね・・・・コレもサダメなのかもしれませんね。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。



chocolette_itsthateast2
こんちわっ!渋谷区 宇田川町 の片隅で12インチシングル専門のレコード店を営んでいるnext recordsです。
先週、突如ナンの前触れもなく東京都から封筒が届いたので中を見てみると、こんなチラシが入っていました。
IMG_0261
都内に在住ならご存知の人もいると思うのですが、東京都が消費を喚起して経済の活性化にもつなげていくというミッションでこのご時世にあり得ないくらいの大盤振る舞いなキャンペーンを敢行しています。
そのキャンペーンの内容はというと・・・。
お買い物の際に対象のQRコード決済を利用していお支払いすると購入代金の10%がポイント還元されちゃうという「マジかっ!?」という超デカいポイントバックキャンペーンとなっています。
詳しいキャンペーンの内容はコチラでチェックしてください。
暮らしを応援!TOKYO元気キャンペーン


ありがちなのですが、ポイント還元には、上限が設定されていいるのですが、ソレは3000円分となっています。
要するに3万円分のお買い物をするとその10%の3000円が利用したQRコード決済のポイントで還元されますよ〜といった内容ですね。
3万円分のお買い物って結構、デカいですよね〜3万円分をレコードで例えると2〜3千円くらいのレコードが8〜10枚くらい買えますよね。

どうやら当店は、そのキャンペーンの対象店らしく、このポスターが届いたようです。
コレね・・・オイラは「キャンペーンに参加したいですっ!」って手を挙げたワケではなく、ナンか自動でキャンペーンに参加しちゃってたんですよね〜。
タブン、店頭で利用しているキャッシュレス決済会社自体がこのキャンペーンに参加していてその絡みで当店が、キャンペーン参加店となったのかな・・・ん〜この部分は、正直どういった理由でキャンペーン参加店に選ばれたのか、まったく判りませんが・・・。

上記の「TOKYO元気キャンペーン」の詳細な内容では、対象のQRコード決済というのが決まっていてソレは、au PAY・d払い・PayPay・楽天ペイの4種類となっています。
当店は、コレ等の4種類のQRコード決済すべてが利用出来るので、ゼヒゼヒ奮ってご活用くださいね〜。
で、このキャンペーンの概要を読んでいて気が付いちゃったんですが・・・この一文です。
「対象のQRコード決済ごとに、キャンペーン期間中累計3,000円相当」
「対象のQRコード決済ごと」って書いていますよね・・・コレ。
というコトは、4種類のQRコード決済のすべてを利用すれば、12万円分の購入に対して12000円のポイント還元が受けられるというコトですね。
まぁ〜実際に4つのQRコード決済を駆使して満額のポイント還元をゲットしようというツワモノがいるのか判りませんが(笑)
この東京都が開催しているキャンペーンには、期間が決まっていて一応、2024年3月末までとなっています。
しかしっ!送られてきたポスターには、ナゼか「あと○日で間もなく終了」というキャンペーンが終了しますよ〜という終了告知のポスターも一緒に入っていたんですよね。
で、キャンペーンの概要を読み込むとこんなコトが書いています。
—————————————————————————
ポイント還元額が予算額に達する見込みとなった場合は、キャンペーン期間の途中でも早期終了する予定です。また、その他の事情により、キャンペーンを休止または終了する場合があります。
―――――――――――――――――――――――――
当店スタッフKのハナシでは、
「近所のスーパーマーケットでもこのキャンペーンやっていましたよ。もう食材買うのに結構使いましたよ!」
って言っていたコトから察すると・・・。
結構、都をあげて大々的なキャンペーンを展開している模様です。
しかも、当店のような趣味性の高い店舗だけでなく、スーパーマーケットの様な食材や生活雑貨なんかを販売している大規模店でもキャンペーン対象店になっているトコロから、予定では3月イッパイまで開催中となっていますが、早々にキャンペーンの予算が付きて早期終了するかもしれませんね。
タブン、そのアタリも東京都は解っていて終了告知のポスターまでつけているのかもしれませんね。
上記の動画では対象店は35万店にも及ぶトコロから前記したようにこのキャンペーンって各お店が「参加申し込み」したワケではなくってQRコード決済が利用できるショップが契約している決済会社自体がこのキャンペーンに参加しているのような方法となっているために35万店ものショップがキャンペーン対照店になっていると思われます。
上記の解説の動画では、このキャンペーンに充てられた予算は、91億円だそうです。
ん〜タブン、結構早いペースで予算が尽きちゃいそうですね。

というワケで当店で、ご来店でのレコードご購入のお客さんが、対象のQRコード決済でお支払いをした場合は、10%(上限3000円分)のポイント還元がされますよ〜というコトです。
ん〜コレは、実にオイシイ、キャンペーンですね。
当店では、WEBサイトで「来店受け取り」ですでに購入したいレコードを先に選んで店頭でお支払いにQRコード決済をお選び頂いた場合もこのキャンペーン対象となるので、実際に渋谷の店舗へご来店いただけるお客さんは、ぜひご利用ください。
あ〜レコードの交換針やカートリッジの買い替えにも利用できますよ。

もうお忘れの方もいらっしゃると思うのでオマケで追加情報なのですが「ハチペイ」っていう渋谷区が主催しているQRコード決済があるのですが、当店は、この「ハチペイ」の加盟店でもあります。
まぁ〜マイナーな渋谷区限定のペイなのですが・・・(笑)
ハチペイの解説はコチラ

この「ハチペイ」でも8%のポイント還元キャンペーンを開催しているのですが、このキャンペーンも2024年3月イッパイで終了となります。
当店のヘビーユーザーさんには、結構ご利用いただいているのですが如何せん、マイナーなペイなので知名度がね・・・。
コチラも合わせてご利用ください。

当店では、数年前にちょっとした話題になった国が推すキャッシュレス化の時にお店で利用できる決済方法を充実させたんですよね。
確か、2018年の頃ですね。
ちょうど、PayPayが超大盤振る舞いのキャンペーンを開催したり、国が手動してキャッシュレス化を推進してポイント還元していた時期でもありました。
その時の記事は、コチラ
中古レコード店のキャッシュレス化
そんな国が激推ししていたキャッシュレス化なのですが、アレから数年経った現在はどんなカンジかというと・・・
当店では、ココ直近の5日間で現金でのお買い物は、ナンとゼロ円っ!という状態です(笑)
確かに当店でも推していましたよ・・・キャッシュレス化。
しかし、現金売上がゼロ円になるとは・・・ん〜ちょっとフクザツな気持ちも無きにしもあらず的な(笑)
当店のような小規模店でもこんな状態ですからね、結構、国が推していたキャッシュレス化ってダイブ進んだんじゃないでしょうかね。
で、キャッシュレス化に関してはソレはソレでイイのですが、ちょっとした困ったコトもあります。
ソレは、お釣りの小銭が用意できない問題なのです。
当店でのお買い物は、結構な割合でキャッシュレスでお支払いされるのですが、たまぁ〜に現金でのお支払いがあるんですよ。
で、そんなお客さんが数人続くとお釣りの小銭がイッキに足らなくなるという状態になるんですよね。
特に海外のお客さんが現金でお支払いする時ってかなりの確率でお札だけでの支払いになるんですよね。
日本人が現金でお支払いする時って千円以下の端数を小銭で支払う場合が多いじゃないですか・・・タブン、財布の中を小銭でパンパンにしたくないって気持ちが働くのか、例えば4320円のお支払いだと5千円札と320円の小銭を出してお釣りで1千円札1枚受け取るみたいな支払い方をする人が多いんですケド、外国人の人って日本のコインがササッと出せないのか、とにかく1万円札でのお支払いが多いんですよね。
もしかして小銭を別に出すっていう支払い方法って海外ではあまりやられていないのかもしれませんね。
そんなパターンのお支払いが数人続くとお釣りとして予め用意していた100円玉とか10円玉、1円玉がイッキになくなってしまうんです。
今ね〜銀行で小銭を両替しようとすると手数料取られちゃうんですよね。
なので、オイラ自身はフダンの買い物って基本、キャッシュレスなのですが、お店のお釣りを用意する為に、あえて現金で支払いをしてその小銭をお店用のお釣りに流用しているという始末です。
はぁ〜コレは、コレでどうなんだろう・・・って思うんですケドね。

CHOCOLETTE / IT'S THAT EAST STREET BEAT
CHOCOLETTE / IT'S THAT EAST STREET BEAT の試聴
next recordsのサイトでCHOCOLETTEのレコードを探してみる

東京都が開催している今回の「暮らしを応援!TOKYO元気キャンペーン」、予想以上に早く予算が付きてしまって早々に終了するんじゃないかな・・・。
オイラは、神奈川に在住していて少し前まで神奈川県が主催していた「かながわPay」っていうアプリを使って支払いをすれば10%のポイント還元が受けられるというキャンペーンをやっていたんですよね。
個人的には、結構お得な「かながわPay」だったのよく利用していたのですが、アプリの設定が結構、メンドーだったようでお支払い時にレジ前でトラブっている人が続出しているシーンを何度も見かけたんですよね。
まぁ〜この手の操作が解る人には、ササッと出来るコトなのですが、フダンそういったアプリを使い慣れていない人はレジ前でエラーが出たりすると結構、詰むコトが多かったようです。
でも、今回の東京都のキャンペーンは、フダン使い慣れているQRコード決済アプリをいつも通り使うだけでポイント還元を受けられるのは、かなり敷居が低いと思うんですよね。
というコトは、このキャンペーン参加店が利用できるお店では使う人も相当多くなるんじゃないかな。
一応、3月末までに開催する予定ですが、来週くらいに「ハイ、終了ぉーーーーーっ!」ってなるかもしれませんね。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。


change_paradise
店頭で接客しているとお客さんから「〇〇の時ってどうしたらイイんでしょうか?」という質問を訊かれるコトが結構な割合であります。
ホント、大したコトではなくってちょっとした疑問とかってカンジなんでしょうね。
当店は、渋谷という多くの人が訪れる繁華街に立地しているというコトもあって、最近レコードを聴きはじめたって人からレコード歴半世紀というベテランさんまで様々なお客さんがご来店されます。
そんなお客さんとの会話の中で「へぇ〜そんな疑問があるんだ・・・」ってオイラ自身も気が付かなかった様なコトもあったりして、この手のハナシは結構面白いんですよね。
時々、このブログでもそういったちょっとしたエピソード的なハナシはネタとして時々紹介させていただきました。

ココ最近あったオイラ的な面白いハナシだと、「レコードを買ったんだケド音が小さいんです」って質問ですね。
若い女性のお客さんだったんですが、中古のレコードプレーヤーをメルカリで手に入れたそうですが、メチャ音が小さいとのコトでご本人的にはレコードの針が壊れているんじゃないかな・・・という憶測で当店へ元々付いていたカートリッジを持参の上ご来店いただきました。
持参したカートリッジは、もうかなり年季が入っているカンジでタブン、30年クラスの物でした。
で、お店のタンテへ装着してみたトコロとりあえず音は鳴るので、問題なさそうでした。
で、はじめに訊いた「音が小さい」っていうワードから察するにレコードプレーヤーから出ている赤白のケーブルがアンプのPHONOではなくLINEに刺さっているんだろうなぁ〜って思いそのコトを伝えると「ハイ、ハイ・・・」ってご返事はあるんだケド、あんまり伝わっていなさそうだったので更にツッコんで
「音が小さいというコトですが、それってドコから音がなっているんですか?」って訊いてみると
「ココからです」という指をさしたトコロは、カートリッジでした。
「へ?あの、レコードプレーヤーからこんなカンジでケーブルが出ていると思うのですがソレは、どこに刺さっています?」って訊くと
「そのままですケド・・・」って。
要するにレコードプレーヤーは、手に入れたケドその先にはナニも接続されていなかった・・・というコトでした。
ん〜コレは、ちょっとマジか?(笑)ってカンジでしたケドね〜。
ソコからレコードを再生するためには、他にナニが必要なのかって解説をしたのですが・・・タブン、説明の半分も解ってもらえなかったかも。

また、当店ではレコードのカートリッジの販売も行っているのですが、当店でカートリッジを購入頂いたお客さまから後日、電話がありました。
ナンでも購入したカートリッジに付け替えたトコロ、針飛びが頻発してまともに再生出来ないとのコト。
いつも店頭でカートリッジを購入していただいたお客さんに関しては、「針圧調整の仕方って解りますか?」ってお訊きして「解る」というお客さんに関しては、「必ず針圧調整し直してくださいね」とお伝えして、「解らない」というお客さんへは、店頭のターンテーブルで針圧調整の仕方をレクチャーしているのですが、そのお客さんに関しては、「解らない」というコトだったので、レクチャーをしたのですが、ご自宅では、ソレがウマく出来ないとのコトでした。
ん〜詳しい状況が解らないので、今どんなカンジなのか針飛びしている状況をスマホで動画を撮影してもらい送ってもらいました。
見るともうあり得ないくらい針飛びしています・・・で、ターンテープのトーンアーム部分の根元部分がチラっと写ったのでその部分を見るとサブウェイとが付いていました。
000-sub
この赤マル部分のパーツ、サブウェイトという部品なのですが、結構重たいカートリッジを使用する時に使うパーツなのですが、フツーに販売されているカートリッジを使い場合ってホトンド、使うコトがないパーツなんですよね。
で、コレ取り外しができるんですが、取り外した状態は、こんなパーツです。
0-sub----
コレが付いていると針圧調整が出来ないんですよ・・・なので、このパーツを取り外してもらって再セッティングをしてもらい問題が解決しました。

「中古で買ったレコードのジャケットが少し破れているのですがどうやって直せばイイですか?」って訊かれました。
コレね・・・ホント、よくありますよね〜。
ジャケットの傷み具合ってメチャ気にする人とあまり気にしない人と結構、別れますよね。
そりゃ〜フツーの感覚だとジャケットはボロボロよりもキレイに越したコトないんですケドね。
しかし如何せん発売から何十年も経った中古レコードですからキレイな状態のジャケットもあれば、ボロいジャケットもありますよ・・・。
で、ジャケットの破れですが、一番よく見かけるのは、下記のようなジャケットの内側の接着面が剥がれている状態のヤツです。
IMG_0180
コレは、もう内側から剥がれた部分にノリをつけて再接着するのがベストです。
オイラがよく使っているのはコレですね。
000-semedainn
しかし、時々見かけるのですがセロテープを外側からピーっと貼って直す方法です。
コレは、絶対やらない方が良いですよっ!レコードジャケットとセロテープは、もう最悪の組み合わせだと思ってください。
カンタンなんですケドね〜セロテープで貼っつけちゃうって・・・だけど、レコードってもうあり得ないくらい長寿命なメディアなんですよね。
ソレは、セロテープがセロテープとして寿命を全うするよりはるかにレコードジャケットの方が長寿なワケです。
安易にセロテープで修正したレコードジャケットが10数年後にどうなっているかというと、もう接着力ゼロでカピカピに干からびてしまうんですよ。
そういったカピカピになったセロテープでなんちゃって補修されたレコードジャケットをコレまでにナン千枚も見てきましたからね〜。
しかもカピカピになったセロテープって剥がしてもその分部分が黄色く変色しちゃうのでホント、タチが悪いんですよね。
あとね・・・UK盤のジャケットなんかによくある底部分が裂けたジャケット・・・コレも決してセロテープで貼っつけちゃダメですよ。
もう裂けた部分をカンゼン修復は出来ないのでオイラが行った方法でベターな方法は2つです。
1つ目は、裂けた部分はもうソレ以上破れないように紙製のインナースリーブにレコードを入れてジャケットに収める方法です。
UK盤なんかでジャケットが避ける原因ってUK盤ではレコードとジャケットがそのまま直接入っていて、特に底部分や背表紙部分のジャケットとレコードの丸くなったイチ部分だけが直接当たるからジャケットが裂けちゃうんですよね。
なので、イチ部分だけ当たらないように四角い紙製のインナースリーブにレコードを入れて保管しましょうってコトです。
で、すでに裂けたジャケットの底部分は、「あて紙」をして補修するのが良いですよ。
オイラがよくやるのは、使わない紙製のインナージャケットのこの部分を裂けたジャケットのサイズに合わせて切って内側からノリで貼って補修する方法です。
IMG_0181
この時もセロテープは、ご法度ですよ。

ジェケットに貼ってあるプライスシールは、どうやって剥がせばイイですか?ってコトも訊かれました。
こういうヤツですね。
IMG_0182
シュリンクに貼ってあるプライスシールは、比較的剥がしやすいのですが、ジャケットにダイレクトに貼ってあるプライスシールは、爪とかでムリに剥がすとジャケットに剥がしたダメージが残るので、やはりそれ専用の「シールはがし」を使って剥がしたほうがイイですよ。
Manhattanとかciscoのプライスシールの粘着力はかなり強固ですからね〜なかなか手ゴワいです(笑)
で、当店では、さまざまな「シールはがし」を使って来ましたがもうココ10年くらいは、この3Mのクリーナー30を使っています。
3m
剥がしたいシールにスプレーして剥がすタイプのシールはがし剤なのですが、スプレーした後に5〜10分放置して粘着成分が充分に溶けた後に剥がすのがコツですね。
あとあると便利なのがコレ・・・プラスチックヘラです。
プラスチックヘラ
ホームセンターとかで数百円で売っているヤツです。
あ〜ちなみに「シールはがし」スプレーですが、シュリンクについたプライスシールを剥がす時は使っちゃダメですよ。
シールはがしの溶剤が、シュリンクに反応してしまってシュリンがベロンベロンになっちゃいますから決して、シュリンクにシールはがしは、厳禁です。

CHANGE / PARADISE
CHANGE / PARADISE の試聴
next recordsのサイトでCHANGEのレコードを探してみる

はじめは、お客さんからの面白エピソードとかを交えてブログ記事にしようと思って書き始めたのですが、ナンだか後半はTipsネタっぽい内容になっちゃいましたね〜。
というか、このブログのよく読まれている記事ってちょっとした問題解決的な内容をネタにした記事がよく読まれているんですよね。
要望があればですが、ジャケットの補修とか方法とか実演を交えて解説してもイイかもしれませんね・・・。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

whitney_soemotional

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next recordsでは、お店のPRや店頭に並んでいるレコードの紹介を兼ねてInstagramで毎日1枚のレコードを選んでそのレコードについて想うトコロを記事形式の様にツラツラと書き綴っているのですが、オイラの語彙力の無さもあっていつも結構、悩んでいたりします。

その曲がどんな曲なのかってコトを言語化するワケですが、コレがなかなかムズカシイんですよね。
イントロは、こんなカンジで、ビートは、こんなカンジで、ヴォーカルはこんなカンジで・・・ってこんなカンジでかいているワケですが・・・(笑)
「こんなカンジ」ばっかりというトコロからもオイラの語彙力というか表現力の乏しさうかがえますね・・・オハズカシイ(笑)
そもそもレコードを紹介するのにこういったレコメンド的なコメントって必要なのでしょうか・・・。
今だと、その曲のコトをしるタッチポイントというか接点って数十年前に比べてメチャ、増えていますよね。
自分が好きそうな音楽ってIT技術の発達と共にレコメンド機能がかなり進化したコトもあって、ただ待っているだけで次々と紹介してもらえるじゃないですか・・・。
例えば、YouTubeとかで気になった曲の動画を見たらそのアーティストや楽曲がオススメ欄に次々と紹介されるみたいなカンジですね。
ソコには、ナゼどういった理由でその動画・楽曲が紹介されたのか・・・ってコトの説明は、ありませんが、もうそういったレコメンド機能は、当たり前のように機能しているし、そのサービスを利用しているコチラ側も意識せずトーゼンの様に受け入れているという状態です。

で、ハナシは戻りますが、レコードのその曲がどんなカンジの曲なのか・・・ってコトなのですが、自分で毎日そういった記事を書いていて時々フト思うのですが、本当に必要なのだろうか・・・って。
レコードにその曲に付いているレコメンドとかコメントとかってもう数十年前から当たり前の様に書かれています。
日本では、ホント当然のように1曲、1曲にコメントがレコードに付いていますよね。
だけど、海外のレコード店ってホボ、そういったコメント記事って付いていないんですよ。
新譜も中古もジャケットに付いているのは、価格のシールと「Best Price」なんて書かれた販促シールだけです。
レコード店に並んでいるレコードに興味を持つお客さんってその曲・盤のコトを知っている人だから、お店側からアレコレ言われなくても買うでしょ・・・的なコトなんでしょうね。

一方、日本ではレコードには、コメントが付いているのが当たり前の状態なんでしょう。
アルバム(LP)に付いている帯が、イイ例かもしれません。
このアルバムに付いている帯は、日本だけの習慣のようで英語でもOBIと呼ばれているんですよね・・・で、その帯(OBI)が珍しいというコトで海外のレコードコレクターから帯付きのレコードへの人気が高まっているっていう状況でもあります。
レコードに付いている帯には、そのアーティストやアルバムについてのキャッチコピーなんかが記載されています。
で、帯だけでなくライナーノートの存在も忘れてはいけません。
ジャケットの中に入っているライナーノートには、帯以上の文章量でそのアーティストの近況やどういった経緯でそのアルバムがレコーディングされたとか、その曲ひとつひとつにまつわるコメントなんかが書かれています。

で、思ったのですがナンで日本盤だけに帯とかライナーノートが付いているんだろう・・・って。
タブン、帯とかライナーノートを付けるコトは、それなりの理由やナン等かの効果があるからそうなっているんでしょうね。
で、ちょっと考察してみたんだけどタブン、こんな理由じゃないでしょうか。

付加価値の提供
音楽ファンやコレクターにとっては、帯やライナーノートが付いていることで、そのレコードの魅力が増すと感じる場合があるんでしょうね。
フツーに考えたら、帯とライナーノートが付いているレコードと付いていないレコードがあったらドッチを購入するかって聴かれたら帯&ライナーノート付きの方を選ぶんじゃないかな。
これによって多少、販売促進や市場での競争力がアガったりするんでしょう。

日本の消費文化と商品包装への重視
日本って他国に比べて商品の包装やデザインに対する部分に重点が比較的高い文化があると思うんですよ。
そのため、帯やライナーノートなどの付加的なアイテムを付けるコトで、レコードをより魅力的に見せる効果が期待されたんじゃないかな。
こんな文化的背景から、日本の音楽産業では、商品の付加価値を高めるために様々な付属品や販促物がレコードに追加されるコトもありますよね。

アーティストやレーベルのマーケティング戦略
やはりメインの考え方としてはレコード会社は、日本での販売を促進するために、帯やライナーノートを付けるというコトを戦略的に選択するコトで日本のファン層に対するリーチを広げたり、購買意欲を高めるための手段としていたんでしょうね。

輸入盤との差別化
海外で生産された輸入盤との差別化も、日本盤に帯やライナーノートを付ける理由のひとつでしょう。
この差別化により、日本の市場において、国内で生産されたレコードに対する優位性が生まれるコトがあります。
実際、輸入盤より日本盤の方が価格が高いんだけど、ライナーノートを読みたいために少し割高な日本盤を買ったりしたコトもありますし。
で、そういった大手レコード会社が昭和の時代から実施していたオキマリのレコードのプロモーション手段のひとつとして当店のような小さな中古レコード店もその手法に倣ってコメントを書いている・・・ってカンジなんでしょうね。
コレまであまり深くは、考えていませんでしたが、Instagramでレコードのレコメンド記事を書いていると、そんな想いに至ったんですよね。

曲に関しての「コメント」って一括りでいうとカンタンだけどその内容って結構、パートに分けるコトが出来るんじゃないかな・・・って思ったんですよ。
そのアーティストのコトや曲にまつわるエピソード、古いレコードだったらその曲が発売された時の時代背景とか・・・って。
事実カンケーのコトをレコメンド記事として記載するコトは、結構カンタンなんですよね・・・「コレコレ、こういったコトがありました」ってカンジで書けばイイだけなんで。
で、オイラが一番アタマを悩ますのは、その曲がどんな曲なのか・・・って部分なのです。
どんな曲調なのか・・・どんな雰囲気なのか・・・どんなメロディなのか・・・って鳴っている曲を文章化するコトの難しさ・・・コレなんですよね。
その曲を文章化するのに他のブログ記事なんかを参考にしたりしているのですが、やはり曲に関しては、そのカンジ方がその曲を聴く人の主観による部分が大きく影響しているので共感出来る部分もあるのですが、「そうかなぁ・・・」ってちょっとハテナ的な部分もあったりするのも事実です。
で、日本のコメントだけでなく海外では、その曲はリスナーにどういうふうにカンジられているんだろう・・・って思い海外の音楽好きが書いたブログ記事や掲示板の記事なんかを参考にしたりしています。
だけど、コレはコレで日本とは表現の仕方が違うのか、オイラにとって「ん?ソレってどういうイミなんだろう・・・」っていう表現もあるんですね。
海外の人(特に英語圏)が書いた曲のコメントに
Infectious melodies
Tapestry of Sound
Soundscape
なんてワードや結構な頻度で使われています。
infectious melodies って直訳すると「伝染するメロディ」って意味ナンだけど、「伝染するメロディ」ってナニそれ?ってカンジなんですよね。
Tapestry of Sound は、音のタペストリーでしょ・・・タペストリーって壁に吊り下げる布地のコトですよね・・・ソレが、音にどうカンケーするんだろう。
Soundscapeに至っては、直訳すると「音風景」です・・・まったく意味が解りません・・・。
日本人には、ちょっと判りにくい表現方法なんでしょうかね・・・。
で、イロイロと調べてみるとどうやら概ねこんな雰囲気の時に使われる表現のようです。
—————————
Infectious melodies
非常にキャッチーで、聴く人の心に強く残るようなメロディーを指します。これは、一度聴いたらすぐに耳から離れず、頭の中でリフレインされたり口ずさまれたりするような、とても魅力的で響きの良いメロディーを表現しています。
例えば、ある曲が「Infectious melodies」を持っているという場合、その曲のメロディーが非常にキャッチーで、聴く人の心に強く残り、簡単に覚えられてしまうようなものであると言えます。そのようなメロディーは、聴く人々に喜びや幸福感を与え、彼らの心に長く残る素晴らしい音楽体験を提供します


「日本語的に表現すると「耳に残るメロディ」ってコトになるようです。」
―――――――――
Tapestry of Sound
これは、音楽が複数の要素や要素の組み合わせからなる美しい絵画や織物のようなものであるというイメージを伝える言葉です。
具体的には、楽器、メロディ、リズム、ハーモニー、歌詞などが組み合わさって、豊かで繊細な音楽の作品を指します。
この表現は、単なる音楽の要素だけでなく、その組み合わせや編曲によって生み出される全体の雰囲気や感覚を表現しています。
音楽がまるで糸や糸くずが組み合わさってできた美しい模様や織物のように、様々な音の要素が組み合わさって一つの魅力的で統一された音楽作品を構築しているという意味合いが含まれています。
この表現は、音楽が抽象的でありながらも複雑で多層的な体験を提供し、聴衆を引き込む力があることを強調しています。従って、「Tapestry of Sound」は、音楽が単なる音の集まりではなく、複数の要素が組み合わさって織り成す美しい音の模様であるという感覚を表現しています。

「コレは、ピッタリとあてはまるワードが解らないですね・・・こうやって文章で解説されるとナルホド〜って思うのですが、じゃあ一言で表すとなると、該当するワードが見つからない・・・あえて表現するなら『要素がキレイに絡み合った音楽』みたいなカンジ?」
―――――――――
Soundscape
音楽や音の空間や風景を表現するのに使われる言葉です。
この表現は、音楽のメロディやリズムだけでなく、その音が生み出す環境や雰囲気、感情、イメージなどを指します。
日本語で表現すると、「音の風景」といった感じです。例えば、ある曲があなたを森の中に連れて行くような感覚を表現したい場合、「その曲のサウンドスケープは、まるで木々のざわめきや川のせせらぎが耳に響くような、森林の中にいるような感覚を与える」と言えます。
つまり、「Soundscape」は、音楽が生み出す空間や感覚を表現する言葉であり、聴く人に音楽がどんな雰囲気や場所に連れて行くのかを表現するのに使われます。


「コレは、要するにその曲を聴くコトで目の前の風景が「その曲の雰囲気に合わせた情景を想起させる」みたいなカンジのコトなんでしょうね。一言で表すと世界観・雰囲気みたいな表現になるのかな」

店頭に出しているレコメンド記事に関しては文章量もそんなに多くないので、結構カンタンに書くコトができるのですが、ある程度のボリュームで1曲について記事をまとめるとなると結構タイヘンってカンジなんですよね・・・。
ってそもそもInstagramでそんな長い文章なんて読まれるのか・・・ってオイラの中でも懐疑的な部分もあったんですケドね。
でも、ある日お店に起こしいただいたお客さんから
「ネクストさんのインスタに書いてある文章読んでいるとその曲のコトをちょっと詳しく知るコトでレコードが欲しくなっちゃいました(笑)」
って言われたんですよね・・・。
あ〜ちゃんとそういうのって伝わるんだ・・・って嬉しくなって今でも続いているんですケドね。

WHITNEY HOUSTON / FOR THE LOVE OF YOU
WHITNEY HOUSTON / FOR THE LOVE OF YOU の試聴
next recordsのサイトでWHITNEY HOUSTONのレコードを探してみる

インスタで毎日、投稿をはじめて4年ホドになるのですが、そのアーティストや曲のコトを調べるコトでオイラも知らなかったコトが解ったり、この曲ってそういう歌詞だったんだ・・・なんてコトが解ったり、アーティストのその時の状況なんか知ったりして意外とコレまで以上にレコード&音楽についての知見が広がったカンジが実感としてありますね・・・。
毎日、それなりに時間をかけて記事を書いているのですが、語彙力の無さは相変わらずですが・・・(笑)


Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。


↑このページのトップヘ