渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

イメージ 1

レコード店でのお仕事

今回は、オイラが普段レコード店でどんな仕事をしているかを
書いてみます。 

お店の営業時間は、お昼の午後1時開店で午後8時閉店なんですが
営業時間中にお客さんが途切れることなくひっきりなしに
来店してほしいのですが現実はそんなことです。
大体の時間は商品の仕込みとwebサイトの更新に費やしてますね。

まぁ、イメージ的に個人営業のレコード屋さんって、好きなレコードを
四六時中聴いて来店してくれたお客さんとレコード談義したりして、
マッタリと時間が過ぎていくような感じがするのですが、
現実は、オイラは営業時間中のほとんどは、Mac (PC)の前に座って
モニターみてますね。
普段のお客さんへの接客はスタッフのKにお任せです。

じゃ、一体パソコンでナニやってるかと言うと、もうほとんどWebの更新に
時間を使ってます。
オイラは、このブログ「渋谷レコード店日記」の他に
メルマガひとつとジオシティ内にサイトをひとつと更に他にブログを
みっつ掛け持ちしてるんです。

つまり・・・
ブログ 4
メルマガ 1
ホームページ 2

を運営してるんです。
以前はブログが5つあったんですが、イマイチ使い勝手がよくなくて
ひとつ辞めちゃいました。

メインはもちろんネクストのサイト
(http://www.nextrecordsjapan.com)なんですが
見た目はあまり変わってないんだけど日々改良してるんですよ。

このブログ「渋谷レコード店日記」以外のブログは、
新入荷されたレコードやオススメのレコードなどを紹介している
カタログ的な内容のブログです。
メルマガは今週の入荷レコードの案内です。
その他のホームページは入荷したレコードの在庫データを
インデックスしたりしています。

いや~もう独りでIT事業やってるカンジですね。
nextのサイトは、もっとたくさんの人に見てもらおうと、
「あ~でもない、こ~でもない」というカンジに
日々色々いじくり回してます。

今はちょうど、HIPHOP系DJさん達のトレンドでもある
スクラッチライブ (SERAT Scratch Live) 関係のコンテンツを
新たに増やそうとまた、ホームページを作成中です。

ある人から「一体ナニ屋なんですか?レコード屋の仕事の域を越えますね~」
なんて言われたりなんかしてますけど W

まぁ、Web関係以外に海外のディーラーとのやりとりとかも
メールで毎日やってますよ。ちゃんと。
「レコード代金を早く支払ってくれ!」って書かれたり、
お金送ったのに「レコードが届かないぞ!どうなってんだ?」って書いたり。
ちなみに送金も荷物追跡もネット。

だけど、nextをオープンさせた時は、
まさか、今書いたみたいな四六時中パソコンのモニターの前に
張り付いた作業になるとは想像もつかなかったですね。

以前は、レコードの買い付けにアメリカやヨーロッパに行って
レコードを仕入れて、それにオススメのコメント書いて値段つけて
店頭に出したら、一区切りで次の買い付けまでは、
比較的にバタバタと慌ただしくなることは無かったんですけどね。
レコード店をオープン当初作っていた紙製の通販カタログは、
月イチの発行だったので郵送前の3日位はちょっと慌ただしかったな~って
当時は思ってたけど、今のコトを考えれば全然余裕でしたね。

nextには、オープン当初からパソコンが1台あったのですが
その頃は入荷したレコードのアーティスト名やタイトル、レーベルなどの
入力にしか使ってなかったんですよね。
インターネットもISDNだったし。(懐かしい響きW)
今じゃ、FTTH(光ファイバー100M)接続に狭いお店の中をLANですからね。
ゲスト用のインターネット接続回線もありますしね。
時代は変わりましたね。

今までは、探している欲しいレコードを何軒もレコード店を
ハシゴして手間と時間をかけて探していたモノですが
ネットだと、Yahoo Googleで検索してすぐ見つけられて
サイトから注文すれば、早ければ翌日には手元に届くのですからね。
じゃ、今まで足を使ってレコード屋を廻ってた時間が短縮されて
ゆとりのある時間が出来てゆっくりレコードを聴けたりなんか
出来るハズなんだけど、そんなこと全然なくって、
結構忙しかったりするんですよね


今回紹介するのは
VAN McCOY / THE HUSTLE
http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/v/vanmccoy_thehustle.ram

今でこそ"HUSTLE"って言葉は、若い人も年輩の人もフツーに浸透していますね。
多分、小川直也の影響でしょうね。
この曲がリリースされた1979年頃は、"HUSTLE"って言葉が
「ナウい今風のコトバ」的な使われ方されていたことを思い出しました。
こういう言葉って当時は、普通に使われたりしたんだけど、
時間が経つとともに「古い言葉」になったりして、たま~に耳にすると
懐かしいな~的な響きを感じたりします。
「HUSTLE」って普通に「ハッスルする」って意味で使ってますけど
ちょっと辞書を見て調べたら「がんばる」とかっていう意味なんですね。
曲を聴いても「HUSTLE」しそうな感じではなく、「のんびり踊る」感じの
曲だと思うんですけど。
確かに上音は、せわしなく急がしそうな感じがしますけどね。
VAN McCOY の THE HUSTLE でも聴いて、
オイラも仕事にハッスルしマッスル・・・
(全然スベッてるな~すいません・・・)

イメージ 1

あーホントに買っても買っても次々と
欲しいレコードが出てくるんですよ。

オイラはnext recordsを始めてから、
「レア盤や人気盤とは一線をおこう」って決めて
そういったレコードをコレクションするのを辞めたんです。
だってそうしないと、お店に入荷したレコードで
イイのがあれば片っ端から先抜きして
自分のモノにしちゃうしね~。
まぁ、そこはビジネスとしてちゃんと割り切らないと
いけないなぁと心に決めたワケです。

だけどnext recods的に商品価値が低いレコードで
オイラがイイなって思うレコードに関しては見かけたら、
ちょこっと買ったりしてるんです。

気に入っている曲のレコードなんで、
しょっちゅう聴いてるのかというとそうでもなかったりします。

じゃ、「買わなくてもいいんじゃないか」と
思えるんだけどそうじゃないんです。
見直になかったらダメなんですよ。
好きなときにいつでも聴ける安心感とか、
好きな音楽のレコードを自分が持っているという満足感が
必要なんでしょうね。

たま~に思うコトがあるんですよ。
スゴい枚数のレコード、例えば1万枚とかのレコードを
コレクションしている人いるじゃないですか。
「今日から持っているレコードを全部聴こう!」って
思ったとしたら一体どれだけ時間がかかるんだろ~
なんて思うんですよ。

もう、自分が一生涯使える時間をオーバーするくらい
レコードを持ってるなんて冷静に考えれば、
「おかしい・・・」の何モノでもないと思うのですが、
オイラを含めてレコード好きはそんなコト全然
アタマにないですからね。

だけど、レコードって買っても買っても次々と
欲しいレコードが出て来るし、
欲しいレコードを手に入れたその時は、一時的に
自分の欲求は満たされたような気になるんだけど
「あのレコード持ってないんだよな~」 って
思うとすぐに欲求不満になっちゃうんだよなぁ。

これって終わりはないんですよ。
そして極めるコトも不可能なんですよね。
チョ~ビックネームのDJの人で、持っているレコードの数
10万枚以上の人でも、いまだにレコード屋に足繁く通って
レコードを掘ってますからね。
傍目から見て

「もうあの人位になったら持ってない
 レコードなんてないんだろう。イイな~」

って思うかも知れないけど当の本人は、
全然満たされてなくて、まだまだ欲しいレコードは
ワンサカあるんだと思いますよ。
「あのレコードが欲しい~」って
気持ちの部分だけを見れば、持っているレコードの数が
100枚の人も10万枚の人も差がなく同じだと思いますよ。

nextも参加しているサウンドファインダーの主宰 needel in the grooveさんが
よく「ヴァイナルジャンキー」ってコトバを使うんだけど、
ホントにレコードをコレクションするコトって
中毒になるんだと思いますね。

ちょっとしたコトがキッカケで、自分から
「ヴァイナルジャンキー」になる人もいれば、
友達や他人の影響で気が付けば、「ヴァイナルジャンキー」に
なった人もいるでしょう。

「ヴァイナルジャンキー」ってタダの音楽好きとは違うと
オイラは思ってるんですよ。
CDでしか音楽の聴き方を知らない人が多い中で、

「レコードで聴く音楽の良さやプレイする楽しさ、
 好きな音楽のレコードを手に入れる喜び」なんてコトを
知ってしまうとCDで聴くだけの音楽に満足出来ないですよね。



今回紹介するのは
TEARS FOR FEARS / HEAD OVER HEELS
オイラが上で述べた「next recods的に商品価値が低いレコード」です。

「他人には絶対解らないけど個人的な思い入れで好き」っていうのも
ま~レコードの面白いところですね。
友達の家に行って、
「この曲ヤバイんだよ~」
と聴かされるレコードで、
「なんじゃこれ???全然良くないヨ」って
思うのもあると思いますが、聴かしてくれている友達に悪いので
「イイね~」なんて差し障りのない感想言ったりすることもありますね。
その曲にこだわりや思い入れが強くなればなる程、
他人には理解できにくくなるんでしょ~。

このレコードは、1985年のリリースです。
オイラは当時、思っきりNEW WAVE少年だったので、こういうの
マジ好きなんですよ。
TEARS FOR FEARSもデビューの時から聴いてますね。
このTEARS FOR FEARSは、EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLDって曲の方が
NASのRULEにネタとして使われたのでHIPHOP系の人には知られていますね。

実はTEARS FOR FEARS / SOWING THE SEEDS OF LOVEって曲の12"を
探してるんですよ。
10年位前から何回か見ているんですが、「次回、次回」って
後回しにしていて気がついたら全然見なくなっちゃいました。
渋谷ではこういったNEW WAVE系の12"を探すのは、
ちょっと困難なのですよ。どうしてもBLACK や DANCE系の
お店が多いので白人のPOP系のレコードは見つけにくいんですよね。
LPはどっちゃりありますけどね。

HEAD OVER HEELSも良い曲なんだけど、SOWING THE SEEDS OF LOVEも
良い曲なんだよな~。
「SOWING THE SEEDS OF LOVEの12"欲しい~!」
「絶対に見つけてやるっ!」って心に決めたのでした。


このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1

毎日、お店を営業していてお客さんとレコードのコトを話ししていると
意外なコトに気が付いたりします。
あるお客さんが一枚のレコードを買おうか止めようか悩んでいたんですよ。
お客さんが、そのレコードを購入するか否かはイロイロな事情があります。

「もっと探せば安価であるんじゃないか?」
「今、買わなくてもいいかな・・・」
とか
「持ち合わせがない」、「今月は懐具合がキビシー><」
など・・・

事情は、そのお客さんそれぞれなので真意の程は、本人しか解りませんが、
まぁ大体こんな事情だと思います。

オイラは、そう言う悩んでいるお客さんには、あえてオススメはしないんですよ。

購入を悩んでいるお客さんから、よくある問いかけで
「どれ位のペースで入荷しますか?」
とか
「まだ、何枚かストックありますか?」
なんて訊かれたりしますね。
たぶん、そのレコードを諦める正当な理由を探しているんでしょうね。
でも、諦める理由を探しつつ手に入れたいという気持ちもあるんです。

どれ位のペースで入荷とかは正直、わからないんですよ。
「ちょくちょく入って来ますよ~」とか言ってて一年以上入らなかったりするレコードも
多数あるんで、なんとも言えませんね。
ストックがあるレコードは、
「まだあるから次来た時でもダイジョウブだと思いますよ。」と伝えますね。

でも、実はこういったコトを話しても 欲しいレコードは、欲しいんですよ。

お客さん 「ちょっと試聴させてもらってイイですか?」

オイラ 「全然オーケーですよ。」

試聴タイム♪♪

お客さん 「あーカッコいいな。この曲好きなんですヨ~。」

以前、このブログでも書いたことなんですが、お客さんはレコードとその曲を
どちらを優先するのかな、と思って以下の事を訊いてみました。

オイラ 「この曲好きならレコードから録音したモノCDに焼いてあげましょうか?」

お客さん 「え~CD貰ってもな~・・・」

オイラ 「タダでも嬉しくないですか?」

お客さん 「全然嬉しくないですね。」

オイラ 「じゃ、このレコードのブート盤とかタダであげるよっていわれたらどうですか?」

お客さん 「イヤ~いらないですね。」

つまり、収録されている音楽もモチロン大切なんだけど、
それは 「ちゃんとしたオリジナルのレコードでなくてはダメ」と言うことなんでしょうね。

以前、iTunes Music Store が、オープンした時、
「パッケージメディアはもしかしてドンドン衰退していくのかな~」なんて思ってたんですが、
もしかしたら意外とそんなことなくて
「ダウンロード→CD購入」
と言う具合にパッケージの購入に進むのかな~なんて近頃は、思ってます。

やはり、レコードが好きな人は、
レコードの中に収録されている曲がモチロン重要だけど、レコードでなくてはならないんでしょうね。
キッカケは、やはり、DJ PLAY(クラブでのプレイだけでなくMy DJ ROOMでのプレイを含めて)
だったんだけど、レコードそのものの魅力にドンドン魅せられたんですね。
オイラ自身が、まんま同じコトを体現しているので間違いないですね。

結局、お客さんは買うのを諦める理由を探してたんだけど
「ヤッパ買います!悩んでても自分のモノにはならないですから。」
ってレコードお買い上げしていただきました。

そのレコードに出会えるのも何かの縁みたいなのもありますからね。

今回紹介するのは
FINGERS INC. / CAN YOU FEEL IT

今更ながらチョ~名盤のHOUSE CLASSICなレコードです。
オイラも、このレコード買うときメチャ悩んで買った覚えがあります。

オイラは大阪のもう今はCLOSEしたダンスの12インチシングルの専門店で
このレコード買ったんですよ。
そこのお店は、新譜屋で結構品揃えが豊富で週末によく通ってレコードを
チェキってました。 もう、在庫のレコードがハンパなく多いので1回行くと
軽く1-2時間位くらい見るのに時間かかってました。
当時(1990年)、オイラはHOUSEにハマってて今思えば、
「一番レコード購入熱が高かった時期」でした。
リリースされる新譜のHOUSEのレコードを買いまくってましたw
その頃は、「HOUSEのCLASSICだからプレミアプライスが付く」なんて
全然無かったんですよ。
だから、フツーに新譜のレコードは1000-1500円だったんですよね。
このレコード FINGERS INC. / CAN YOU FEEL IT がリリースされたのが
1988年なのでオイラが手に入れたのは2年後なんですが、そこのお店では
どういうワケか新譜の3倍の値段が付いてたんですよね~。
オイラも今でこそ中古レコード店を営んでいる立場ですが、
当時は、レコードにプレミアが付くなんてことも全然解らないヒヨッ子だったんです。

かなり悩みましたね~このレコードをそこのレコ屋ではじめて見た時に
「買おうか・・・辞めようか・・・」
もう、3回程悩みながら、そこのレコ屋を後にして店を出たんですが、
またそこのお店に行ってJACK TRAXのレーベルのコーナーを見ると、
DR. MARTIN LUTHER KING JR.がオイラの事を待ってるんですよ・・・

「キング牧師・・・今日はあんたを連れて帰るよ」って言って買ったのを覚えてます。

で、家に帰って早速レコードをターンテーブルに乗せて音を出すと、
「I HAVE A DREAM!!!!」 ですからね~。
マジでトリ肌立ちましたよ。
「あ~買って良かった・・・」って純粋に思いました。

ところで LARRY HEARD さんDJ PLAYで来日するようですね。
http://www.sondexter.com/larryheard/

I HAVE A DREAM のリリックは下記で読む事が出来ます。
http://www.worldwideschool.org/library/books/hst/northamerican/IHaveaDream/chap1.html

FINGERS INC. / CAN YOU FEEL IT に関する情報は下記で。
http://www.discogs.com/release/20132

イメージ 1

next.records presents Exclusive mixshow
DJ HURUO JUMP OFF vol. 7 をUPしました。

今回もアツイコスリで最新HIPHOP MIXを聴いてください!

http://www.nextrecordsjapan.com/djharuo/djharuo_2006index.html

このブログは....
Hip Hop (ヒップホップ), R&B, ダンクラ等ブラックミュージックの
オリジナル12インチシングルを扱う中古レコードショップ next record
が運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com/

イメージ 1

先日、渋谷にある大手の中古レコード店に行った時に思ったコトを書いてみます。

オイラの考えでは新しいレコード、所謂、新譜レコードはこの先、リリースの数やプレスの枚数は
減少していくと思うんですよね。このことについては以前、このブログでも書きました。
ま~レコードを買う人もオイラがnext recordsをオープンさせた2000年に比べたら
少なくなっていると思います。
今回、行った大手中古レコード店は渋谷の中でも商品の回転がチョ~早いレコード店なんですよ。
お店はフロアごとに音楽ジャンルを分けた売場でオイラが行ったその日は、平日の4時頃で
雨降っていたんです。
いくら人が多い渋谷でも平日4時の雨の日はさすがにレコード店にはそんなに人は
入ってないんですよ。それは中古レコード店に限らず、新譜レコード店も同じようなカンジですね。
その大手中古レコード店のhiphopのフロアは4-5人のお客さんがレコードを掘ってたのですが
Jazzのフロアに行くと、まるで熱気が違うので驚きました。

そのお店のhiphopの売場はよく行くので大体のお客さんの入り具合は想像出来るですが
Jazzの売場は一年ぶり位に訪れたんですよね。
平日の悪天候と言う条件にも関わらず20人程のお客さんが、
モリモリとレコードを掘っているんですよ。
オイラは、Jazzには詳しくはないのですが、そこでのお客さんのレコードの掘り方は、
冷やかしや様子見で来ているお客さんじゃなくて明らかに

「なんかイイレコードないかな~」

な掘り方なんですよね。
こういうお客さんはレコードのエサ箱に一通り目を通すので滞在時間が長いんですよね。

「へーJazzのレコードって人気あるんだなぁ」

なんて思いながら漠然と見てたんですが、そのレコードを掘ってるお客さんを
見て気が付いたんですがお客さんの年齢に幅があるんですよ。

若い人だと大学生位の人から年配の人だと50歳台位までのお客さんが、
懸命にレコードを掘ってるんですよね。

普段、hip hop系のレコード屋では年齢が高くても30歳の後半がリミットなんですよね。
40歳台の人もいるとは思うんですが、かなりレアケースなんじゃないかな。
理由は簡単でhip hopという音楽が日本で浸透してきた時代に
音楽をガンガン聴いていた世代が30歳台後半位なんだからだと思うんです。
それに比較してJazzは50年以上の歴史があって
同じように、その時代にJazzを聴いていた人が今までず~っと
聴き続けているんじゃないかと思います。

当然、新しく若い世代の人もCLUB JAZZなどを入り口として古い音源にまで
遡って来たんでしょうね。

Jazzに関しても当時はモチロン、レコード文化の中で培われた音楽なので
復刻盤のCDも出ていると思いますが、出ていないモノの方が圧倒的に多いので
やはり、突き詰めて行くとレコードなんでしょう。

こういった状況をhip hopに置き換えると、もしかしたら20年後に
今、20歳台のでhip hopをガンガン聴いている人が、40歳台になって
Jazzのレコードを掘っている人のようにレコード探したりするのかなぁ~
なんて思ったりしました。

「PETE ROCKヤバいね~」

なんて言いながらね。
いや、もしかして20年後なら

「KANYE WESTヤバいね~」

かもしれないですね。

ホント、どうなるか20年経たないとわかんないけどJazzだって50年前に
今の状況なんてゼッタイ想像出来なかったですからね。


今回紹介するのは、
PETE ROCK & C.L. SMOOTH / MECCA & THE SOUL BROTHER

「Pete Rockヤバいね~」
な12インチシングルです。

このレコードは、曲のクォリティーはピカイチなコトはモチロン、
一連のPete Rock & C.L. Smoothの作品のシングルの中でも
なかなかお目にかかることが極端に少ない盤ですね。

白ジャケにステッカーという体裁では他に「Serchin'」 などかあるんだけど、
オイラの想像だと多分、同じ位のプレス数は刷られているんじゃないかな?
なんて思うのですが、ホント極端に出てこないのを見るとそんなことはナイのでしょうね。

このレコードみたいにコレクターズアイテムのような盤は、
持ち主の「お宝バコ」に入っちゃうので市場に出てこないってのもありますね。
MECCA & THE SOUL BROTHER 12インチシングルに関しては、
曲の価値以上に、「レコードであるという価値」の方が際立って
大きいという事情がありますからね。

2006年の今現在ですらレアなレコードのこの、
PETE ROCK & C.L. SMOOTH / MECCA & THE SOUL BROTHER
ですが、今回のテーマで話した20年後には、
一体どういった扱いになっているのかなかぁなんて想像しますね。

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

↑このページのトップヘ