渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

atcq_findaway
少し前に下記の様な記事を書きました。
レコード店の店頭販売を再考する

コレまでレコードを購入する手段として結構ネット通販がメインで利用されてきた状況だったのが、ココ最近は、実際にレコード店を訪れて購入するという「店頭回帰」が起きているんじゃないかなぁ〜と思っていたトコロ、毎月の売れ行きとか集計をして昨年から今年にかけて数字として明らかに店頭販売が伸びている・・・というコトが解りました。
だけど、当店はレコードといってもその中でも極めてイチ部分のカテゴリーである12インチシングルに特化した他に類を見ないレコード店であるために、せっかくお店にご来店していただいたお客さんとのミスマッチが起きていんじゃないか?というハナシのコトを書きました。

まぁ〜要するに当店は、今世間で流行っているジャンルとかメジャー路線の売れ筋のタイトルとか、最新の新譜とか人気の再発盤とかそういったレコード会社がプロモーションしまくっているタイトルは一切扱っていないレコード店なのでそういったマジョリティなお客さんがご所望のレコードを探しにたまたま当店へお越しいただいたても「ナンだ?この店は・・・?」ってなっちゃっている状態だったので、店主としてコレは、ちょっとお店の在り方をもっとわかり易くした方がイイんじゃないのかな・・・って思った次第であります。

で、上記に記事にも書いたのですが、当店は12インチシングル専門店なのですが、12インチシングル専門店らしさがイマイチ乏しいのでは、ナイか?って思ったんですよね。
でホント、ちょっとしたコトなのですが、店頭のレコードが収納されているエサ箱のジャンル別アルファベットの仕切り盤の表記を下記のように見直してみました。
IMG_2098
IMG_2099
もうすべてのエサ箱に「12inch Single」という文字が溢れている状態です(笑)
まぁ〜シンプルですケド、ちょっとしたコトなのですが、お店的には明らかに「12インチシングル推し」だってコトが一目瞭然で解るようになったんじゃないかなぁ〜って思うんですよね。
で、この新しい「12inch Single仕切板」を店頭で表記して1週間ホド経ったのですがご来店いただいたお客さんの様子が明確にコレまでとは異なる行動になったコトが解りました。

具体的には、ご来店いただいたお客さんの12インチシングルへの興味のアリ・ナシが一目瞭然に解るようになったんですよね。
ちなみに今までの仕切板は、下記のようなカンジでジャンルとアーティストのアルファベットだけしか記載されていない無愛想な仕切板でした。
IMG_1801

上記の無愛想な仕切板でコレまで20年以上やってきたので、この仕切板の在り方に対してナンの疑問も持たずにいたワケですが、実際のお客さん側の視点にたって見てみるとコレまでの仕切り板だととりあえず、探しているモノが入っているかもしれないって思うみたいで希望するジャンル別で無作為にチョロっとエサ箱から数枚見て「あ・・・ワタシが探しているレコードはナイな・・・」ってカンジてお帰りになるケースが多かったんですよね。
まぁ〜コレが上記に記載した大多数のお客さんが「今世間で流行っているジャンル・メジャー路線の売れ筋のタイトル・最新の新譜・人気の再発盤」を探しているワケなのでご来店いただいた7〜8割のお客さんがコレに当たるんですよね。
コレが先に書いた記事のお客さんとのミスマッチになっていたんですよね。
ん〜このお客さんとのミスマッチってオイラ的には「ミスマッチ」って解っていれば別にどうってコトがないのですが、「もしかしてマッチしているかも知れない」っていうこの「もしかしてマッチ?」っていうショップ側が勝手に期待値を上げてしまう錯覚に陥って結果、ナニも購入されずに退店されるっていうのは、結構ジワジワと気持ち的に追い詰められるモノがあるんですよね。

で、この新しくなった「12inch Single仕切板」に換えたトコロ、先に書いたようなマジョリティ路線のお客さんは、グル〜っと店内を一周してすべての仕切板にコレでもかっ!ってくらいに書かれている「12inch Single」の表記をみて一切、エサ箱のレコードを手にせず、そのままお店を出る行動へとなりました・・・もうホント、コレがメチャわかり易い位、明確に解るんですよね・・・。
結局、ご来店されるお客さんの7〜8割は、アルバムや売れ筋タイトル、新譜や再発盤をお目当てにレコード店を訪れていた・・・みたいなカンジだったんですよね。
まぁ〜一応、仕切板には、「12inch Single」ってあえて表記してあるので「もしかしてAlbumもあるかも・・・?」って一通り店内を一巡してみるんだケド、残念ながらナイんですよね〜アルバムは・・・。
改めてよく考えれば実際に当店は、12インチシングル専門のレコード店なので、店内ではもっと徹底的に12インチシングル推しをアピールした方が良かったんでしょうね。
でもね〜店主としてオイラの正直な気持ちは、ミスマッチでもナンでもイイので少しでもお客さんにお店に訪れて来て欲しい、そしてミスマッチでもイイのでエサ箱のレコードも見て欲しい・・・その中でも当店在庫数6000枚の中から6000分の1の確率でもしかしたら、興味を持ってもらえるレコードが1枚くらいアルかも知れない・・・ナンて気持ちも微かだケド、あったんですよね。
まぁ〜実際は、「せっかくお店に訪れたからナンか1枚レコード買っておくか・・・」な〜んてそんな甘くはなくってお客さんは、興味がナイレコードやジャンル・カテゴリーに対してサイフのヒモは緩まないワケです。
そういったコトを考えると、お店側としては、お客さんに対して「ナニかアルかも?」「アルバムあるかも?」「シティ・ポップあるかも?」って思わせブリなコトじゃなくってカンゼンにお店の在り方を12インチシングルに振り切った方がイイんでしょうね。

あとね、上記の記事にも書いたのですがコレまで仕切板に書いているジャンル表記を少し変更しました。
具体的にはコレまで「70's/80's disco, soul, boogie」と書いてあったモノを「Disco Soul Boogie Rock Pops Jazz」という表記にしました。
どうだろう・・・このジャンル表記を変更したコトで今のトコロ、目に見える変化とかお客さんの行動は判りませんね。
まぁ〜でも「Rock」という表記は、勝手な想像ですがナンらかの影響がありそうな気がします。
アナログレコードのジャンルに於いてRockというのは、とてもデカいジャンルですからね〜しかもRockの12インチシングルって結構、他のレコード店では扱いが少ないと思うのでそのアタリを解っている人からすると「おっ!?Rockの12インチシングル?」って思ってもらえるんじゃないかなぁ〜なんてちょっと淡い期待をカンジています(笑)

さてさて・・・コレまで以上に店内がより12インチシングル推しが強くなったnext recordsですが、ちょっとした変化ですが今後どういった影響が出てくるのかな・・・結構楽しみでもあります。

A TRIBE CALLED QUEST / FIND A WAY
A TRIBE CALLED QUEST / FIND A WAYの試聴
next recordsのサイトでA TRIBE CALLED QUESTのレコードを探してみる

あ〜そうそう・・・コレも以前記事にしたのですが、お店の商品札にスマホで試聴が出来るQRコードを付ける件ですが、ようやく試聴が出来る商品札がついたレコードが店頭に並びはじめました。
その時に書いた記事はコチラ
お店での試聴をもっとカンタンにしたい!
実際、販売しているレコードの商品札はこんなカンジです。
IMG_2100
まぁ〜予定通りの出来ですね。
現在は、店頭に出ている全在庫のうち、まだ10%くらいしか貼り替えが済んでいません・・・(泣)
徐々にこの試聴ができる商品札に切り替えて行く予定ですが、全部がカンゼンに切り替わるのには、1年くらいかかりそうですね〜。
でもね・・・このQRコードがついた商品札、店頭に並べてすでに2週間ホド経つのですが。いまだ一度も利用されていないという状況です・・・(笑)
まぁ〜まだ試聴できる商品札の全体数が全然少ないし、当店も「商品札をスマホでスキャンすれば試聴できますよ〜!」って積極的にお知らせしていないので仕方ナイですが。
店頭在庫の半分くらいが新しい商品札に切り替わったら大々的にお知らせしようかな〜って思っています。
まぁ〜だけど、商品札をみて「アレ?コレ、ナンだ?」ってスマホでスキャンする人がいまだ全然いないっていうのは、ソレはソレでちょっと寂しいカンジではありますケドね〜(笑)
店頭にご来店いただいたお客さんは、ぜひ試してみてください・・・結構、音が出るの早いですよ〜。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

qx1_onajurney

前回の記事「レコード店主、逮捕されるかもと言われアセる!」がメチャ、多くの人に読まれているコトに正直驚いている渋谷 next recordsの店主です。
毎週、レコードやレコード店のコトについてアレやコレやと綴っているのですが、オイラがこのブログを読んでいただいている人にもっとも伝えたいレコードの魅力なんかを書いた記事よりもちょっと「逮捕・詐欺」みたいなワードが出てくるヤバめな内容の記事のほうがよく読まれるんですね。
まぁ〜タイトルが「レコード店主、逮捕されるかもと言われアセる!」という読み方によっては若干ツリっぽく読み取れたんでしょうね。
お店に来ていただいたお客さんからもこの時の記事について話しかけられましたよ。
タイトルだけ読んで「ネクストさんがナンかヤラかしたと思いましたよ〜(笑)」って言ってた位なので結構タイトルにインパクトがあったのかもしれませんね。

当店のスタッフNは、オイラともうカレコレ30年ホドの付き合いがあるのですが、客観的にもオイラのコトをイチバン知っているニンゲンのヒトリでもあります。
そんな彼が「キミがそんな状態になるっていうのは、相当追い込まれるみたいなやり取りだったんだな・・・」って言うコトをこの時のエピソードを話した時に率直にカンジたらしく自分の嫁さんや地方に住んでいる親戚とか全員に「こんな詐欺電がはやっているので気を付けるようにっ!」ってこの時の記事のリンクをつけて知らせまくったそうです。
まぁ〜オイラの性格とか人格とかを最も知っている人物ですからね・・・そんなオイラが騙されそうになったってコトが、ちょっと衝撃的だったようです。
しかし、この時の記事ってレコードとまったくカンケーのないエピソードなんですよね〜しかし、コレまで数千もの記事を書いたオイラの中でイチバン読まれているというのがナンだかちょっと・・・(笑)
ちなみにコレまでこの「渋谷レコード店日記」でもっとも読まれている人気記事は、数年前に書いた下記の記事だったんですよね。
「コレはイイかも! IKEAのDJラック」
上記の記事がココ数年間、ずぅ〜っとNo.1の人気記事だったんですが、詐欺電エピソードの実録記事が追い抜いちゃったみたいです。
今後は、再びIKEAのDJラックの記事が返り咲くのかどうなるか解りませんケドね・・・。

で、前回の記事の文末にこんなコトを書きました・・・
------------------------------
ちなみにオイラ、「レアなレコードを売ってやる」と言われてお金を取られたコトが過去に数回あります・・・(泣)
------------------------------
コレってどんなハナシなんですか?ってお店にお越しいただいたお客さんに訊かれたので前回の詐欺ネタに引き続きエピソードとして書いてみようと思います。
レコード店を営んで世界中からあらゆる手段を駆使して仕入れを行っているとドコでダレからどう訊いたのか不明なのですが、突然「ワタシは、たくさんのレコード・コレクションを所有していて売却を検討しているのですが興味がありますか?」って内容のメールが届くんですよ。
コレね・・・もうホント、よくあるハナシでコッチが欲している希望に対して眼の前にニンジンをブラ下げてくるというパターンですね。
当店のスタッフNがnext recordsを始める前にやっていたレコード店で数十万円規模のレコード詐欺の被害を被ったコトを聞いていたのでオイラも気をつけていたんですよね。
ちなみにその時のエピソードは、こんなカンジです。
------------------------------
「ワタシは、UK在住のバイヤーです、あなたが探しているレコードをあなたへ送るコトが出来ます、あなたのWANTリストを送ってください」
という内容のメールが届いたのでコチラが欲しい30枚ホドのWANTリストを送りました。
「あなたの探しているレコードの好みは解りました。あなたのWANTリストに記載されたレコードがすべて含まれている約500枚のコレクションを手に入れるコトが出来ます、価格は○○万円です。興味がありますか?」
という返事が届いたので「自分たちでUKに買い付けに出向くよりも安いし、WANTリストに書いたレコードは全部入っているみたいなので仕入れてみよう」となって代金を支払った。モチロン送料は、コチラ持ち。
5箱のレコードが届いたので内容を確認すると確かにWANTリストに記載した30枚のレコードは含まれていたが残りの470枚のレコードはどうしようもないカスなレコードだった・・・。
モチロン、抗議したのですが、「間違いなくあなたのWANTリストに記載しているレコードは送った、ソレ以外のレコードに関しては、それぞれの価値の相違であり抗議される謂われはないっ!」と水掛け論になり泣き寝入りとなりました。
------------------------------
こういったコトをスタッフNは、実体験として経験していたのでコチラの「レコードが欲しいっ!」っていう気持ちを全面に出すと変な輩につけ込まれるので気をつけるように・・・って言われていたんですよね。
ホント・・・世の中の詐欺事件ってホボホボこの騙される側の欲求につけ込まれるパターンですよね〜。
で、next recordsをはじめて数年経った頃に渋谷では空前のHipHop/R&BのPromo盤ブームが起きました。
2000年代のはじめ頃に渋谷でレコードを買いまくっていた人は知っていると思うのですが、新譜がリリースされる前にプレスされたPromo盤がとにかくメチャ人気になったムーブメントが起きたんですよね。
このPromo盤、サンプル的にプレスされているコトもありかなりプレスの枚数が少ないんですよ、しかし人気のタイトルによってはプレスされている枚数以上にお客さんのニーズが高まっていて当時渋谷の大手御三家のレコード店のCisco・Manhattan・DMRに人気のPromo盤が入荷するとソッコーで売り切れるという状況だったんです。
こういった状況だったので特にプレスが少なく人気が高いPromo盤は、タイトルによってはCisco・Manhattan・DMRで売り切れた後は販売されていた価格の何倍もの値段でやり取りされていたんですよね。
当店は、中古のレコードをメインで扱っているレコード店だったのでこういった新譜のPromo盤が入手出来るというルートが当時なかったんですよね。
買い付けに出向いて訪れた中古盤をメインに扱うレコードショップにDJ達が不要になったPromo盤を売却したモノを見つけ次第仕入れるというコトをやっていたのですが数週間の買い付けでせいぜい1タイトル4〜5枚しか仕入れるコトが出来ませんでした。
そんな中でオイラは、当時まだそれホド日本では知名度が高くなかったebay(海外のオークションサイト)で、日本で人気のPromo盤を出品しているあるセラーから何度か仕入れたコトがあったんですよね。
で、オイラがそのセラーから数回仕入れた後にメールが届きました。
「キミ、何度がワタシのアイテムを落札しているケド、Promo盤が欲しいんだったら直接やり取りしないか?」ってDMが届いたんですよね。
コレまでのやり取りで間違いなくレコードは届いていたので信頼のできるセラーだと思ったので直接やり取りするコトにしました。
一応、どんなセラーなのか心配だったので彼のプロフィールを訊いてみると西海岸の地方都市でDJをしていて契約しているレコードプールからたくさんのレコードを手に入れるコトが出来るという状況のようです。
レコードプールってナニ?っていう人は、下記の記事を読んでみてください。
------------------------------
「PROMO 12”とレコードプールについて」
------------------------------
一応、何度もやり取りをして間違いなくレコードは、届いていたので信頼の出来るセラーだという判断に至り彼と最新のPromo盤の取引を始めるコトにしました。
でそれから毎週、彼から「アーティスト名・タイトル・レーベル・枚数・価格」が記載された最新のPromo盤のレコードリストが届くようになったんですね。
はじめは、ちゃんとレコードが届くか心配だったので少なめのオーダーで取引が開始しました。
しかし先に書いた通りこの時は、渋谷ではPromo盤人気は、最高潮に盛り合っていたコトもあり彼から仕入れたレコードは、ソッコーで売り切れていったんですよね。
で、少なめのオーダーで仕入れたレコードを次のオーダーで「追加で欲しい」って連絡すると「もうナイよ!」という返事が・・・詳しい状況は、判りませんがどうやら当店以外でも取引をしているようで1回のリストからのオーダーをやり過ごすと全部売り切れてしまうようで次回の再入荷は出来ないという状況になるですよね。
人気のタイトルに関してはそういった彼の他との取引先と奪い合いになるようなカンジだったので次第に彼から送られてくるリストに載っていると片っ端から仕入れしまくるようになったんですよね。
彼とは何度もやり取りをして毎週100枚単位で人気の高いPromo盤を仕入れるコトが出来るようになりました。
仕入れのロットに応じてその都度代金を支払うという比較的解りやすい取引でこの部分に関してはオーダーしたモノに関しての代金だけを支払うという明朗会計だったんです。
やり取りは、数十回にも及びソレまでに彼に支払った累計の金額も相当な金額になりました。
配送に関しては、当方から指定した信頼のおける日本企業の配送業者を指定して彼の自宅に確実にピックアップするという仕組みまで作りました。
で彼との取引を開始して1年ホド、順調だったのですが次第にオーダーしたモノが入っていないとか枚数が合わないというコトが度々起こるようになりました。
トーゼンその度ごとに指摘して注意するのですが、はじめは「気をつけるよ」とか「次のオーダーに追加しておくよ」みたいなカンジになっていくようになり、徐々にその間違いも頻繁に起きるようになって次第に彼のルーズさが目に余るようになりました。
決定的だったのは、オーダーしたレコードを配送業者に引き渡した、渡していないでモメたんですよね。
一応、配送業者にも状況を訊きましたよ・・・荷物を受け取ったのか?って、配送業者は指定の日時にピックアップに訪問したケド、不在だったので荷物は受け取っていないとコト。
そのコトを彼に伝えるとその時は、用事があり自宅にいなかったため梱包したレコードが入っていたダンボールを玄関先に置いておいたとのコト。
彼が帰宅した時にそのダンボールがなくなっていたので配送業者が、ピックアップしたと思う・・・みたいな言い分でした。
彼が本当に玄関先にダンボールを置いたケド、盗難にあったのか、それともはじめからダンボールを置かなかったのか、はたまた配送業者がネコババしたのか・・・まぁ〜アメリカの西海岸で起きたコトですからね、事実は判りませんケド・・・。

オイラとしては、代金を払ったのにも関わらず、レコードは届かないという状況です、モチロン抗議はしますよ・・・しかし、次第に返事が来なくなりそのまま音信不通となりました。
決済に利用したPaypalにも連絡して代金の返金を要求しましたがトラブルに該当する代金を支払ってから彼とのやり取りから数ヶ月にも及んだコトもあり異議申し立て期限を過ぎてしまい結局代金は返金されませんでした・・・ちなみに被害総額は数十万円でした。
今思い返してみれば、はじめは順調に取引ができていて最終的にお金の持ち逃げってコレ、ちょっとした「ポンジ・スキーム」ですね・・・。

QX-1 / ON A JOURNEY
QX-1 / ON A JOURNEYの試聴
next recordsのサイトでQX-1のレコードを探してみる

しかしっ!先にスタッフNがレコードの取引に関するトラブルに遭遇してソレを経験則としておきながら実際に目の前にレア盤を見せられちゃうとついついヤッちゃうという・・・コレ、ホントにダメですよね〜。
今回は、リアルなレコードに関するトラブルのエピソードですが、こういったコトってコレクタブルなアイテムに関してはメチャよく起きるんですよね。
例えば、レアなスニーカーとか最近人気のTシャツだとかも起きそうですよね。
レコードだと解りやすくいれば、ヤフオクとかメルカリでブート盤を「オリジナル盤」と称して売っているというのは、よくあるハナシです。
今回は、レコードが届かずお金を盗られたというひとつのエピソード話なのですが、これだけではなくまだ他にも数回あるんですよね〜。
「気をつけましょうっ!」って言っているオイラが、レコードでトラブっているんですからね〜世話ナイですよ・・・ホント。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

richardjon_shesthemaster_uk
つい先日、自宅で月末の伝票整理をしていたある日、スマホに電話がかかってきたのでとると
「コチラ、ネクストさんのケータイでお間違えないでしょうか?」ってちょっとヘンな電話がかかってきたんですよね。
でまた、よくあるセールスの電話だと思いテキトーに返事していると電話口の相手の声のトーンが明らかにセールスとは違う口調でオイラの本名や住所なんかを確認してくるんですよ。
ちょっと明らかにおかしいので「どちら様ですか?」って訊くと
「警視庁 捜査二課 のイトウという者です」って言われて「ええっ!?ケーサツ?」ちょっと焦りましたがもしかして落とし物でもしたのかと思い「ケーサツが私にナンの御用でしょうか?」って訊くと
「ココ、数年の間に財布等を落としたり失くしたコトは、ナイですか?」って訊かれたので「いいえ、ナイですよ」と応えると
「実は、今ある事件を捜査していまして、逮捕した主犯格の男の自宅を家宅捜索したトコロ、ネクストさん名義のキャッシュカードが出てきたんですよ」というちょっと神妙トーンで説明されました。
「XX銀行の口座って持っていないですか?」って訊かれたので正直に「持っています」と応えると、「今、まだ事件の捜査の段階なのですがご協力いただけますか?」って訊かれたのでちょっとナンかコワかったので「あ・・・はい」と応えました。
「捜査の途中で秘匿事項が含まれるために事件の概要を説明しますが、この内容はダレにも話さないようにしていただけますか?」と訊かれたので「解りました」と応えるとどういった事件の内容なのかという説明をされました。

事件の概要は、こんなカンジです。
---------------------------
●秋田県でグループによる大規模なマネーロンダリング(資金洗浄)事件が起きていた。
●主犯格の男(具体的な氏名)を逮捕・家宅捜索したトコロ、数百枚にも及ぶ銀行のキャッシュカードを押収した。
●その内のひとつの銀行のキャッシュカードの名義がオイラだった。
●その銀行口座は、すでに警察によって凍結しているのですが、数千万円規模のお金のやり取りがされていた。
●現在、この事件に関わったグループの容疑者の捜査を行っている最中である。

---------------------------
こういった内容を説明されて「身に覚えがありますか?」と言われたので「まったくナイです」と応えました。
いや〜結構、滅多に使わないような逮捕・捜査・容疑者・家宅捜索・犯人という物々しいワードが飛び交いフダンそういったワードとまったく関わったコトとないオイラは、「もしかして、ナンか大変なコトに巻き込まれたかも・・・」と察しました。
警視庁 捜査二課 のイトウは、「ネクストさんに成り代わって不正に銀行口座が作られた可能性があります」とのコト。
そりゃ〜そうですよ・・・一応、その銀行の口座は持っていますが、失くしたりしていませんからね。
「まだ捜査の段階でお伝えできないコトもあるのですが、ネクストさんが、犯人に故意に銀行口座を譲り渡したという可能性もあり調べる対象になっています」
「イヤイヤ、そんなコトしたコトないですよっ!勝手に口座を作ったんじゃないですか?」って言うと
「捜査は、秋田県警でやっているのですが、説明のためにネクストさんご自身が身分証を持って秋田県警まで来ていただけないでしょうか?」って言われました。
「ワタシは、神奈川に住んでいるのですが秋田までは、遠すぎるのでちょっとムリなんですが・・・」と伝えると
「そうですか・・・では、この電話を秋田県警の捜査本部につなぎますのでご自身でその事情を説明をしていただけますか?」と言われました。
その時に下記の事件番号を秋田県警の捜査担当に伝えるよう言われました。
---------------------------
No.令和4 警(わ)736 ●●(主犯格の男の氏名)グループ・資金洗浄特殊事件
---------------------------
ん〜なんか結構、物々しいカンジが・・・。
その後、報告書をすぐに作って秋田県警の担当に引き継ぐのでそのまま電話を切らずに待っておくように言われました。
結構、この時点で「うわぁ〜トンでもないコトに巻き込まれているかも・・・」ってかなり動揺していたんですよね。
まぁ〜しかし、オイラ自身まったくこんな事件に関わっていないのでちゃんと説明すれば大丈夫でしょ・・・とこの時点では、思っていたんですよね。
だけど、引き継ぎの電話を待っている最中は、結構「最悪ぅ・・・ナンでそんなコトに・・・」って結構、凹んだんですよね・・・。
で、引き継ぎが出来たので次に電話に出たのは、「秋田県警 捜査二課 スズキマサトシです、警視庁のイトウから内容を引き継ぎました」と。
今度は、電話グチの背景が、ナンダカざわついている様子がします。
「先程、イトウから言われた事件番号を言ってください」と訊かれたので素直に上記の番号を伝えました。
「犯人の氏名は〇〇で、45歳 身長175cmで痩せ型の男なのですが、心当たりはないですか?」と訊かれたので「いや、まったくないです」と伝えました。
すると「出来れば、捜査にご協力いただくために秋田県警までお越しいただけないでしょうか?」とまた訊かれたので「ちょっと距離的に難しいです、シゴトもありますし・・・」と状況を説明すると結構、低いトーンで「お仕事のコトは、理解できますが現段階ではネクストさんの銀行のキャッシュカードが出てきているというコトとその口座で多額の金銭のやり取りがされているコトから我々はこの事件にネクストさんが何らかのカタチで関わっているというのでは、ないかという見方をしている場合もあるのですが、捜査に協力していただけないですかね・・・」ってカンジで結構、高圧的な言い方で言われました。
「捜査には、協力しますけど秋田まで行くのはちょっとムリですよ・・・」と再度つたえると
「では、オンラインでやり取りするコトは、可能でしょうか?」と訊かれました。
「いや、ちょっとイキナリ、マネーロンダリング事件とか口座が勝手に作られたとか気味が悪いんですケド、オンラインでのやり取りもイヤですよ」と伝えると
「では、コチラであなたのケータイの着信履歴とかメールのやり取りを調べさせてもらいますが、イイですか?」と言われました。
「はぁ〜?そんなのプライバシーの侵害ですよ!困りますっ!」と言いました。
「あなたは、捜査に協力すると言いながらコチラに来ることも出来ない、オンラインでのやり取りも出来ないとなると、この事件の容疑の対象になる可能性もありますよ」とかなり圧をかけてきました。
で、オイラは「そもそもあなたが、秋田県警の人かもワタシはわかりませんので、コチラから折返しの電話をするので電話番号をいってくださいっ!」って伝えると「プチっ!ツー・・・ツ・・・」ってイキナリ電話が切れました。
実は、オイラのあまりにも動揺した様子を自室の隣のリビングで聴いていたカミさんが「アンタ、その電話なんかヘンだよっ!詐欺じゃないの?」って言ってたんですよね。
でも、オイラは、はじめに「秘匿事項が含まれるためにダレにも聞かれないように」って念押しされていたために「シーっ!」って🤫やってたんですよ。
結局この電話・・・「詐欺電だったようです」
早速で、このやり取りのコトをフダン懇意にしている「リアルのガチ、刑事」さんにLINEするとソッコーで「あ〜ソレ、詐欺電だね」って返って来ました。
「タブン、ネクストさんの名前と住所、携帯番号が書かれた名簿が詐欺集団に流れちゃってるね・・・」って。
「今、ネットとかで妖しいサイトの会員登録とかでこういった情報が流れるので気をつけたほうがイイよ〜」って言われました。
ん〜こういった詐欺電話とかにひっかかってお金を振り込んじゃうってコトがよく事件になってニュースに流れていますが、オイラは「そんなの引っかかるなんてバカじゃないの?」って思っていたんですよね。
でも実際、詐欺電がかかってきてソレを受けたオイラの実感は、正直「かなり動揺した」んですよね・・・なんせはじめは事件に巻き込まれたという被害者側からさまざまな経緯を経るコトでいつのまにか容疑の対象者になってしまい自分の身の潔白を証明するためにナニかしらの行動を起こさなきゃイケなくなる状況に追い込まれるようになってしまう・・・。
しかも「逮捕」とか「容疑者」とか一般人がフダンの生活をしていたら絶対に関わるコトがないワードが自身の身の上に降り掛かってくるという状況になるんですよね・・・そりゃ〜動揺もするし焦りますよ・・・まじで。
オイラ自身、小規模ながらも自分で会社を経営していてネット通販を生業にしているコトから銀行やネットバンキングのやり取りとか結構自分では、まぁまぁリテラシーは高い方だという自負があったのですが、そんなオイラも「逮捕・容疑者・捜査」なんていうワードを聞かされると一気に視野が狭くなるというか冷静な判断が出来なくなるというコトがあるというのがよく解りました。

この記事を読んで「まさかそんなの引っかかるなんてありえないっ!」って思うでしょ?ホント、オイラもそう思ってたんですよ・・・でも、実際に体験してみると「コレは、詐欺かもしれないっていうちょっとした違和感もあったのは事実ですが、100%詐欺だという確証がない」ような状況で自分が「ヤバイ・・・もしかしてちょっと追い込まれているかも?」っていう感覚に陥っちゃうんですよね。
リビングでこのやり取りを冷静に聞いていたオイラのカミさん曰く「アンタ、ハナシ口調とかから明らかに見て解るホド、メチャ焦ってたよ」って指摘されるくらいでしたからね。

「自然とそうなるようにある行動をそっと促す」ようなマーケティングとかで使われるコトバで「ナッジ理論」というのがあるのですが、結構この詐欺電ってソレに近いかもしれないなぁ〜って思いました。
だけどホント、よく出来たストーリーなんですよ・・・コレが・・・結局、オイラはナニも被害がなかったのですが、結局この詐欺電は、一体オイラからナニを奪おうとしていたのかわからなかったんですよね。
タブン、お金を奪おうって思っていると思うのですがオイラのこのやり取りからイッタイ、どうやってお金を奪うストーリーの展開になるのか解らずじまいでした・・・まぁ〜要するに結末が解らないママ物語は終わってしまったようなカンジです。

RICHARD JON SMITH / SHE'S THE MASTER (OF THE GAME)
RICHARD JON SMITH / SHE'S THE MASTER (OF THE GAME)の試聴
next recordsのサイトでRICHARD JON SMITHのレコードを探してみる

ん〜どんな展開になるのか気になるなぁ・・・で、下記のキーワードでググってみました。
「マネーロンダリング 詐欺 電話 警察」

結構、ニュースになっていたんですね・・・全然、知りませんでした。
「あなたに逮捕状が出ています」 警察官をかたる詐欺事件が相次ぐ 被害者が証言した「巧妙な手口」

上記のニュースが解りやすいですね・・・結局、口座のやり取りを調査するために自分の口座から犯人が指定する口座へ振り込ませるというようになるみたいですね。

そして生々しい音声のやり取りの動画もありました!

うわ〜〜〜〜〜カンゼンにコレ、オイラと同じケースですよっ!
電話でのやり取りはもうホント、まったく一緒っ!

このオイラの記事を読んで「ネクストのおっさん、バカじゃナイの?そんなの引っかかるワケないじゃんっ!」って思っているでしょっ!(笑)
オイラ自身もそう思っていたんですよっ!ホント・・・だけど、途中までまんまとハナシを信用させられちゃいましたからね・・・ホント、自分は「ゼッタイに大丈夫っ!」って思い込まないほうがイイかもしれませんね・・・ホント、気をつけてくださいね!
ちなみにオイラ、「レアなレコードを売ってやる」と言われてお金を取られたコトが過去に数回あります・・・(泣)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!



このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。


touche_wrapitup_pr
来年には、渋谷でのレコード店としての営業、四半世紀になるnext. recordsです。
少し前に「レコード店のリアル店舗回帰」が起きているんじゃないか・・・ってコトをこのブログで書きました。
その時の記事は、コチラ
零細レコード店の今後の展望とか・・・
ナンカねこの時の記事を書いた頃からもっとリアル店舗だからこそ出来るコトってあるんじゃないのか・・・って結構、考えているんですよね。
上記の記事をかいたキッカケというのも明らかにコレまでとは違うお買い物行動が起きているという状況になっているんじゃないかなぁ・・・って思ったんですよ。
●コレまで当店を訪れたコトのないお客さんがメチャ増えた
●しかも初めて当店を訪れるお客さんも結構多い
このブログを定期的に読んで頂いている人や実際に当店でレコードを購入した頂いたコトのあるお客さんは、当店がどういったタイプのレコード店なのかってコトはご存知だと思うのですが、はじめて当店を訪れた人っていうのは、当店がどんなタイプのレコード店なのかってコトを知らないで訪れる人が多いんですよね。
一般的な認識だと、「レコード店」って言ったら「多種多様で様々なレコードを販売しているお店」ってカンジだと思うんですが、当店は「12インチシングル」だけを販売しているレコード店です。
この12インチシングル専門のレコード店という他に類を見ないというか、かなり特殊というかユニークなレコード店というスタンスがなかなかわかりづらいんですよね。
その結果、どういったコトが起きるのかっていうと結構な割合で「お客さんとのミスマッチ」が起きちゃっているんですよね。
一見、ご来店していただけるお客さんが増えたという状況は、お店にとってもとても良いコトのように思えるのですが、折角ご来店していただいたにも関わらずミスマッチが起きてしまうっていうのは、正直お店を運営している側からすると良いコトではナイんじゃないかな・・・って思うんですよね。

現在のナンでもスマホでググってポチるだけでカンタンにお買い物が可能な状況の中で、リアルなレコード店を訪れるお客さんっていうのは、わざわざ「渋谷まで出向いてレコードをお店で買いたい!」というかなり積極的な購買アクションを起こしているお客さんだと思うんですよね。
リアルのレコード店を訪れてお買い物するっていうのもタブン「コト消費」的なイミも大きいんだと思うんですよね。
要するにスマホでググってポチるんではなく、レコード店に訪れてレコードを選ぶというコト事態にイミが出てきている的なカンジなんでしょうね。
だから明らかにインターネット・ネイティブな若い世代の人達がレコード店へ訪れるようになっているんじゃないかな〜って思うんです。
でもね・・・ココで訪れてくれたお客さんと当店とでミスマッチが起きちゃっているんですよね。

だけど、このミスマッチが起きちゃっている状況が決してダメっていうワケではナイと思うんです。
はじめは、「ナンだ?このレコード屋は?」ってカンジで訪れたケド、その後にナニかのキッカケで12インチシングルの存在とかその良さが解ってもらえて「そういえば、あの渋谷のnextってレコード屋に欲しいレコードがあるかも・・・」って思ってもらえるかもしれませんからね。
まぁ〜オイラが想定しているみたいにそうカンタンに「12インチシングルを買おう〜!」ってならないと思いますケドね(笑)
でも当店が「12インチシングル専門のレコード店」というコトは、訪れていただいた人にせめて解ってもらえればイイな〜って思うんですよね。
ナンていうかはじめは、ミスマッチで訪れたレコード屋だったケド、「ちょっと気になるレコード屋だった」みたいに思ってもらえればイイな・・・ってカンジで。

で、ホント客観的に当店って訪れた時にどんな印象のレコード店に思うんだろう・・・って、オイラ自身が「レコードに興味を持ってソレホド年数がたっていない愛好家で、しかもはじめてネクストレコード店を訪れた人」をシュミレーションしてみたんですよね。
まぁ〜入り口からしてダンボールが積み上がっていて相当カオスなレコード店だなぁ〜って印象です。
はじめて訪れたレコード店の初見でこの状態だと、ちょっとたじろぎますね〜。
でも、実際はこんな「大丈夫か・・・?このレコード屋・・・」ってカンジにも関わらず、結構お構いなしでお店の中にまで入っていただけるので、入り口のインパクトの強さ以上に「レコードが欲しい!買いたい!」っていう欲求が強いのかもしれませんね。
で、ざ〜っと店内を見渡してみると、雑然とした雰囲気ではありますが、でかい窓に明るい店内でまぁまぁ大きい音量でレコードが再生されている店内の雰囲気はフツーのレコード屋に見えちゃいます。
タブン、この「フツーのレコード屋に見える」っていう部分でミスマッチが起きているんじゃやないかな〜ってオイラは、思うんですよね。
というか、オイラは「ミスマッチ」だと思っているケド、このパッと見たカンジで「フツーに見える」というのがお客さん的には、「レコードがある」とか「マッチしている」っていう勘違いが起きているのかもしれません。
でもね、レコードが入ったエサ箱をちょっと見ても素っ気ない無地の穴あきジャケットばかりだし、知らないアーティストだらけだし「うわ・・・ナンかワケがわからんレコードばかり置いてるな・・・」って見えるんですよね。
で、このレコード屋・・・ちょっと違うかも・・・っていう印象になるんじゃないのかな・・・ってオイラが「初めてnextに訪れたお客さんシュミレーション」をしてカンジたんですよね。
ん〜じゃあこの部分ってどうしたらこの「ワケの解らないレコード屋」から「ちょっと気になるレコード屋」に出来るかですよね。
で、店内を見渡して思ったんですケド、12インチシングル専門らしさがちょっと薄いんじゃないのか?って。
でもね〜12インチシングルらしさって一体ナニ?ってカンジでもあるんですよ。
パット見で「あっ!12インチシングルだっ!」って解る要素ってナンでしょうかね・・・?というか12インチシングルらしさってどういうトコロから雰囲気として伝わるんでしょうか。

で、当店では店頭に並べているレコードは、HipHop / R&B / House / Disco という4つのセクションに分けているのですが、Hip Hop / R&B / House は、音楽ジャンルなんだなぁ〜って伝わると思うのですがもしかしてDiscoって解りにくいんじゃないかなぁって思ったんですよね。
あ〜でも実際は、こんなカンジに仕切り板に書いていますね
IMG_1801
先にDiscoってジャンルに区分しているって書きましたが店頭では
70's/80's disco, soul, boogie
ってなってる・・・ん〜この文字面だけみるとかなりブラック・ミュージックよりな印象がありますね。
当店の各ジャンル別の売上比率からすると実は、この 70's/80's disco, soul, boogieセクションがイチバン売れ行きがイイんですよね〜ようするにこのセクションがnextの最もデカいセールス・ポイントでもあります。
でもよく見るとこの仕切り板・・・ココにあるのは、12インチシングルですよってコトがナニも書いていませんね。
というか、店内を見渡してみても12インチシングル専門店らしさもなければ、12インチシングルのレコード屋ってコトも書いていませんね。
もしかして、そういった12インチシングル専門のレコード店らしさを解りやすく、且つ積極的にアピールすれば、イイんじゃないのかな・・・。
オイラ自身、ネット通販に関しては、12インチシングル専門店であるコトを大々的アピールしていたのですがカンジンのリアル店舗の方は、もしかしてそういった12インチシングル専門店アピールが手薄になっていたんじゃないかってカンジたんですよね。

また、HipHop / R&B / Houseは、もうそのまま音楽ジャンルとして認知されているので比較的解りやすいのですが、仕切り板の70's/80's disco, soul, boogieってナンか解りにくいんじゃないかな・・・とも思ったんですよね。
実は、このセクションには、フツーにRockやPops、ReggaeにJazz、Fusionなんかも含まれているんですケド、「disco, soul, boogie」って書いてあるともうEarth Wind & FireとかKool & The Gangみたいな正統派のディスコ・ミュージックばかりがエサ箱に入っているみたいな印象になりますよね。
実際は、MaddonaやKylie Minogue、U2、Bob Marley、Miles Davisなんかもこのセクションに入っているんですよね。
まぁ〜コレは、広義なイミでのdisco, soul, boogieだと当店では認識しているのでこの上記のようなアーティスト達もこのセクションに入れているワケですが、一般認識的にはやはりRock、Pops、Jazzみたいな解りやすい表記にしたほうがイイのかも・・・って思ったんですよね。
時々、ご来店いただいたお客から「Rockは、ありますか?」とか「Jazzは、ありますか?」ってコトを訊かれるんですが、実際にはRolling StonesもあるしHerbie Hancockもあるのですが、上記の当店がいうような広義なイミでのdisco, soul, boogieになっているのでお客さんには、解らないんでしょうね。
で、あともっと解りやすく「12インチシングル」ってコトも表記したほうがイイですね。
う〜〜〜む、こんなコトを考えたら店頭をもっと「12インチシングル専門店」らしく出来そうな気がしてきましたね・・・。
ちょっと店頭で表記の仕方とかをもう少し工夫する余地がありそうな気がします。

TOUCHE / WRAP IT UP
TOUCHE / WRAP IT UP の試聴
next recordsのサイトでTOUCHEのレコードを探してみる

タブン、このレコードを買う時の「店頭回帰」という現象ってしばらくは続きそうなカンジしますね。
とはいっても当店は、12インチシングル専門という渋谷のレコード店の中でも稀有なレコード店です。
そんなちょっとヘンテコなコンセプトのレコード店ですが、12インチシングルの品揃えやセレクションだけ見れば大手のレコード店にも負けないくらい充実した内容であるコトを手前ミソながら自負しています。
まぁ〜当店を訪れるキッカケは、勘違いであったとしても折角訪れていただいたのだから少しでもイイのでnext recordsがどんなレコード屋なのかってコトとか「12インチシングルってナニ?」みたいなコトが解ってもらえればって思うようにしたいなぁ〜って思ったんですよね。
まぁね〜なかなかそんなにカンタンなコトではナイと思いますが、積極的にレコード店を訪れるくらい能動的にレコードを探すという行動を起こせる人に対して小さなコトでもナニかキッカケとなるコトが起きればイイかなぁ〜なんて思いました。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

tearsofvelva_thewayifeel

こんなYouTube動画を見ました。

人気のYouTuberさんの動画ですね・・・ソコで渋谷系音楽の解説をしています。
オイラ的には、渋谷系音楽にはあまり興味がないのですが、上記の動画では、どういう経緯で渋谷が音楽の街になったのかっていう経緯がカンタンに解説されていました。
動画によれば、80年代は東京では新宿が音楽の中心だったのですが、73年に渋谷PARCOが営業をはじめたのを皮切りに徐々に若者たちが渋谷に集まるようになっていったそうですね。
確かにオイラもずっと以前に渋谷の街の開発には、西武グループが大きく関わっていたという記事を読んだコトがあります。
で、81年にタワーレコードがオープン、90年にはHMVがオープンしたコトでイッキに渋谷が音楽の街に変わっていくコトとなったようです。
ちなみに渋谷のタワーレコードは、80年代のオープン当初は、今の場所ではなくって宇田川町のハズレにあったんですよね。
コレがそのオープン当時の渋谷タワーレコードです。
00-tower-records-shibuya-1-1024x684

この写真をみて「おっ!懐かしいっ!」って思った人は、間違いなく50代以上の人でしょうね〜(笑)
「えっ!?コレ、ドコ?」って若い人のために説明するとこのタワーレコードがあった場所は、当店から目と鼻の先の場所なんですよね。
場所的には、Manhattan Recordsのお向かいですね。
01-tower
タブン、渋谷のタワーレコードが上記の場所にあったコトもあって渋谷の宇田川町にレコード店が乱立したコトになったんでしょうね。
渋谷のHMVは、センター街の入口付近にあったというイメージですが、オープン当初は、109のテナントとして入っていました。
03-Shibuya_109_-_3
で、動画でも解説しているように風営法の改正により渋谷にクラブが多数オープンするコトによってコレまであった音楽的文化とクラブ文化が合わさるコトで渋谷の宇田川町界隈にレコード店がオープンするコトになったといういきさつですね。
クラブがたくさんある渋谷には多くのDJ達も訪れるのでそういったDJ達がプレイするレコード扱うようなレコード店が多く出来ていくというカンジですね。
動画では、90年代の渋谷には約50店のレコード店が営業していたと伝えています。
当店は、2000年にオープンなのでソコには入っていませんが・・・。
オイラは、大阪出身なので80年代から90年代の当時の渋谷がどんなカンジの街であったのかというコトは、ホトンド知りませんでした。
そんな渋谷のコトをなぁ〜んにも知らないオイラがナンで渋谷にレコード店を営むようになったのかってコトをこの動画を見てイロイロと思い出したんですよね〜。
コトの発端は、オイラが大阪で既にレコード店を営んでいる友人のお店を手伝うコトになったのがキッカケですね。
もうその友人のレコード店は、ナイのですが1997年頃からその大阪のレコード店のカタログ通販をオイラが手伝っていたんですよね。
その当時は、まだインターネットは全然普及していなくって、ましてやガラケーでメールすら出来ない時代で紙製の通販リストを全国のお客さん宛へ郵便で送って電話で注文を受け付けるという超アナログな通販でした。
もうカタログ通販をやる前から解っていたのですが、一応全国のお客さん宛にカタログを送るのですが、とにかく東京を中心とする神奈川・千葉・埼玉という首都圏エリアにお住まいのお客さんからのオーダーがハンパなく多かったんですよね。
というのもカタログ通販をはじめようってキッカケもやはりその当時に大阪にあった実店舗に首都圏エリアから訪れるお客さんのレコードの買いっぷりがモノスゴかったんですよね。
大阪もそれなりの人口密集エリアではあるのですが、ことお客さんのレコードの買い方に関しては、まぁ〜フツーに1枚、2枚といった買い方なのですが、東京から訪れたお客さんは、もうソレこそ10枚〜20枚は当たり前のようなカンジで買っていくんですよね。
お客さんによっては1箱とかって大量買いされる時もあったくらいです。
その時から、大阪と東京のレコード熱の温度差が明らかに異なっていたというコトをヒシヒシとカンジていたんですよね。
「東京は、ヤバいコトになっているな・・・」って。
で、そういった首都圏エリアにお住まいのお客さんは、フダンはドコでレコードを買っているかというと渋谷のレコード屋だったんですよね。
その頃、日本全国のレコード店をエリア別に紹介しているレコード店巡りのバイブル「レコードマップ」という書籍があったのですが、その「渋谷エリア」を見てみると渋谷 東急ハンズの西側にレコード店が密集していたんですよね。
90年代から2000年前半頃は、明らかに世界的に見ても最もレコード店密度が高い場所であったワケです。
動画でも解説していましたが「90年代の渋谷には約50店のレコード店が営業していた」という時期ですね。
004-record-map-1
同じレコードを販売しているのですが、この状況では大阪で販売するよりも東京で販売した方がメリットがあるってやはり思ったんですよね。
で、1998年ごろにお手伝いしていた大阪のレコード店は、当時共同経営していた一方の友人が暖簾分けというカタチで一旦渋谷に進出するワケです。
しかし、その時に出店したお店の場所というのが、渋谷レコード店密集エリアとは、ちょっと離れた場所だったんですよね。
ん〜いや決して悪い場所ではナイのですが、渋谷のマンハッタンレコードやシスコがあったエリアのレコード人口を10とするならば1〜2くらいのお客さんしか訪れてくれません。
で、やはり場所をもっと渋谷のレコード店が密集しているエリアで営んだほうが良いという思いからその離れたレコード店を一旦閉店して友人とオイラとが組んで宇田川町のオンボロアパートの一室を借りて始めたのがnext recordsとなります。
ちなみにnext recordsというショップの名前は、そういった大手のレコード店の次に訪れてもらえるように・・・というイミを込めてnext recordsにしたんですよね。
まぁ〜今となっては、その大手のレコード店がホボない状態なのですが・・・(笑)

先に紹介した動画は「渋谷系音楽」についての解説なのですが、やはりその発端となったタワーレコードが写真にあった渋谷のメインからハズレにある宇田川町のあの場所に出店したコトがすべてのルーツになっているんだなぁ〜って改めて思ったんですよね。
タブン、あの場所にタワーレコードが出来てソレまであまり人が訪れるコトが多くなかったエリアにレコードを買い求める人の流れが出来たコトで、マンハッタンレコードやシスコ、DMRが出店するキッカケになったというコトなんでしょうね。
上記のClub系のレコードをメインに扱うレコード店が集まるコトで更に小さなレコード店を誘引するキッカケとなったというカンジですね。
まぁ〜当店もそのClub系レコードを大量に販売する大手のレコード店のオコボレにあやかるというカタチで同じエリアにお店をだすコトになるワケです・・・要するにコバンザメ商法ですね(笑)

TEARS OF VELVA / THE WAY I FEEL
TEARS OF VELVA / THE WAY I FEEL の試聴
next recordsのサイトでTEARS OF VELVAのレコードを探してみる

オイラとしては、先に紹介した渋谷系音楽の解説には、あまり興味がナイのですがその流れで紹介された渋谷がどういう経緯で音楽の街・レコードの街になったというコトに関してはとても興味をソソる内容でした。
まぁ〜でも、渋谷系音楽のルーツがタワーレコードの渋谷出店がキッカケとするならば、当店も明らかにその系譜の流れの影響を受けて渋谷 宇田川町の端っこでレコード店を営むコトになったというコトなんでしょうね。
このブログでも時々渋谷 宇田川町エリアのコトを記事にしたコトがあるのですが、意外にも結構その記事って読まれているんですよね。
レコード屋があった場所の現在・・・。
上記の記事を書いたのは2013年なのでもう10年以上前ですね・・・というか、今はずいぶん写真の頃より街並みが変貌していますね・・・。

コチラの記事では90年代以降のアナログレコードカルチャー的な視点で「どうして渋谷 宇田川町がレコード店のメッカになったのか」というコトを解説していますので興味があれば、ゼヒ読んでみてください。
世界有数のレコードの街、渋谷宇田川町。

入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。


↑このページのトップヘ