渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

タグ:練習用

イメージ 1

いつもレコードのコトばかり書いているので今回は
音楽ソノモノについての話しです。

近頃ヒシヒシと感じているコトなんですが、
音楽の価値って下がって来てるんじゃないかなと思ってます。

たとえば、巷のCDショップやレコード屋で売っている値段って
だいたいCDなら国内盤2500-3000円前後ですよね。
それが流通コストや印刷物の費用はたまたメディアの原材料を差し引いた
音源ソノモノのデータになると一気に半分以下の値段になるんですね。
しかもそんな値段でも利益が出ているというコトは原価はかなり安いのかな。

今、パソコンで楽曲を1曲買うために必要なお金は150円位で
サイトによっては月数千円の利用料を払えば楽曲を好きなだけ取り放題って
いうのもあります。
わかりやすく楽曲1曲単位のシングルの話に限っていえば音楽が剥き出しの状態だと
ほとんどワンコイン同然の値段になっています。
音楽を聴く側の人間からすれば値段が安いにこしたことないと思いますが
限りなくタダに近い値段になるとその曲自信にありがたみというか、
大切にしたいという気持ちがなくなるんじゃないかなと思ったりします。
今の時代は、音楽自体が完全に消費するものになっているのに
価値がさがればイイ曲であっても使い捨て同然になるんじゃないか?
なんて思ったりなんかしています。

オイラは、レコード世代でシングル盤1枚買うのに1000円ほど払っていました。
値段が高いからかどうかは別にして、結構そう言ったレコードを大切に扱って
何回も繰り返し聴いたりして楽しんでました。
そういった今から20年以上前に買ったレコードがいまだにオイラの
コレクションの中に残ってます。
あいにくオイラはCDには全然興味がなかったのでCDを購入することは
なかったのですが、やはり形として残っている何十年も前に買ったCDを
大切に保管している人もいると思います。

今だとデータで購入した音源ってレコードやCDと違って形のないものじゃ
ないですか。これってやはり感覚的に形のあるCDやレコードと扱いというか
思い入れというのは変わったりするんじゃないかな・・・

例えば写真・・・
当たり前だけどデジカメで撮ってそれを全部プリントしていますか?
オイラはPCのハードディスクにたんまりと家族の写真が入っているけど
アナログのカメラで撮ってちゃんとプリントした写真に比べると
なんか見る頻度とかが、データだと極端に少なくなったりしています。
形があるモノだと破損や紛失と背中合わせにあるものだけに
データに比べてそのはかなさ故、なぜか大切にしようと思ったりするんです。

昔は、レコードを扱う時って指紋やキズがつかない様に盤の端っこを
両手で持ってターンテーブルに載せてたもんですが、CDになってキズが付くとか
あまり意識しなくなって、更に音源になるとそういったコトを全く気にすら
しなくなった。
デジタルデータもハードディスクのクラッシュで全部オシャカになるって
解ってるんだけど、使い勝手の良さ(簡単にコピーが可能とかね)か
結構いい加減な扱いをしてしまっている自分がいたりしています。
ちゃんと音楽が鳴るという働きから見ればレコードもCDも音源データも同じなのにね。

また、レコードやCDは中古で売ったり買ったりと言うマーケットはあるけど
音源は中古にはならない時点で価値はゼロに等しいのかなという
見方もしたりします。
CD/アナログレコード(かなりマイノリティですが…)音源データと内容は同じでも
今は、カタチとして音楽を所有するのか、とにかく聴ければOKなのか
と言う聴き手の音楽に対するスタンスや気持ちで選択されるように
なっているのでしょうね。

ちょっとツッコンで気になるコトがあるんですが、歴史的に見て
アナログレコードの楽曲のすべてがCDになっているワケではなく
「幻のあの曲はアナログレコードしか聴けない!」というものが
結構たくさんあるのですが、MP3のような音源データもすべてのCDの楽曲が
あるワケないですよね。
と言うコトは、レコードがCDに変わった時に抹消された曲が多数あった時のように
音源データでも同じようになるんでしょうね。

せっかくイイ曲が存在していても聴けなくなるというのもなんか残念だなぁ。
という気持ちになったりしたりします。
もしかして音楽業界自体が音楽の事を完全に消費するモノ(使い捨て)として
扱っているのかな・・・

INNER CITY / GOOD LIFE


オイラがHOUSE MUSICを好きになるキッカケにもなったレコードです。
リリースは1988年で、この頃位から日本でもちゃんとHOUSE MISICがCLUBでも
普通に聴くことが出来るようになったような気がします。
オイラの中では当時は、TEN CITY と INNER CITYがゴッチャになってましたけどね。
この曲が流行った当時はそんなにCLUB SOUNDに興味があったワケでは無かったのですが
友人と行ったCLUBで初めてこの曲を聴いて
「カ、カ、カ、カッコイイ・・・」
って感じてすぐにレコード買いに行きましたね。
オイラはこのレコードTOWER RECORDSで買ったんですよ。値札のシールもまだ付いてますw
ま~INNER CITYのこの曲は、メジャーHITしていたのでTOWER RECORDSでも売っていたワケですが
この頃はDJ御用達のレコード店が存在するなんて事は知らなかったですね。

レコ屋では、この曲の12インチシングルはそれ相応の価値がちゃんと付いていますが
CDだと多分100円コーナー行きでしょうね。
12インチシングルでは欲しいと思う人がいるけどCDだと誰もいらないって事なんでしょうね。

このブログは、サイトで試聴できる渋谷のUSED レコードショップ
渋谷next recordsが、運営しています。




イメージ 1

mixiやってます。
そんなにヤリ込んでるワケではないのですが、興味があるコミュニティーを
チラホラ見たりやマイミクからのメッセージのやりとりに
利用している程度ですけどね。

そこで、あるコミュニティーに挙がったスレッドで
「DJするのにアナログがイイか? デジタルがイイか?」
というテーマで多くの人が自分なりの意見を交わしてたんですよ。
キッカケは、ある人が
「今からDJ始めるのに機材をアナログデジタルどちらにしたら良いか?」
という質問からデジタルでのプレイが便利だとかアナログの方が音がイイと言う
論争にまで発展したんですよ。

ま~皆さんコダワリのある好きな分野の話だったのかもしれませんが
かなりアツイレスが、次々とアップされてました。
詳しい話はmixiのアカウント持っている人ならちょっと調べれば原文読めますよ。

オイラは、このブログでは
「レコードがスキだ!」
と言うコトは何回も言っているのですが、DJ PLAYに関しては、
CDであろうが、アナログレコードであろうが、PCでプレイするのであろうが、
自分が良いと思うやり方でイイんじゃないかなと言う考えなんです。

DJって結局、イロイロな曲をPLAYするコトで聴いている人をハッピーにさせたり
そのサウンドによって自己表現したりすることだと思うのです。
目的があってそれを実現するためには使用するツール(音源)が、
デジタルであろうがアナログであろうがあまり関係ないのではないのかなと
思っています。

例えると油彩画を書く人もいれば水彩画を書く人もいるワケです。
絵描きの人にとっては絵の具はツールなワケでDJにとっては
サウンドがツールなワケです。
それぞれメリット、デメリット有るわけだから自分にとって表現しやすいやり方で
DJ PLAYすればイイんじゃないかと思ってます。
あるレベルのDJなら多少ツールが変わっても使い勝手の
やりやすい、やりづらいだけの問題でPLAYに大きく影響はないと思うのですけどね。

オイラはレコード屋を営んでいるので理想を言えば、
ガンガンアナログレコードでDJ PLAYしてもらいたいと思いますが、
今の時代だと選択肢も多いしそういったコトも言ってられませんしね。

DJ PLAYに関してもプロの人もいればホームDJもいて、
それぞれ音楽に対する関わり方やコダワリも千差万別なんで、
決定打なんて存在しないですしね。
ほんの数年前までは、DJ機材なんてプロの人か一部のマニアックな人しか
持ってなかったのが、今じゃ趣味が、DJ PLAYな域までスソノは
広くなったわけですから。
それにPLAYする曲によっても音源の捉え方が全然違ってきますしね。
トランスやテクノなんかはアナログレコードよりCDJなイメージが
合う様な気がしますしね。
HIPHOPだとやはり盤サバキが見せ所なカンジがしますしね。

mixiのコミュでも書いてたことですが、デジタル音源になると、
DIGするという感覚の捉え方がもしかして今までとは変わっていくのかもしれませんね。

客観的に感じるコトなんですが、アナログレコードでプレイする事に
こだわっているDJって音楽そのものよりレコードである事の重要性の方が
少し上の位置にアルコトの様な気がオイラはするんですけどね。

DJPLAYするなら何がイイかなんて結論は、なかなかつけがたいと思います。

INDEEP / LAST NIGHT A D.J. SAVED MY LIFE


DJのコトを書いたのでストレートに選んでみました。

リリックやメロディーが多数の曲に使われて有名な曲です。
タイトルの通りダンスミュージックのレコードを販売しているショップは
多くのDJに支えられたり助けられたりしています。
この曲が作られた80年代は、DJといえばアナログレコードだったけど
今の時代だと必ずしもそうではないのかもしれませんね。
レコード店が、DJにイイ曲をオススメして、そのDJがプレイする事によって
オススメしたイイ曲がさらに多くの人に感動を与えて、また、そのレコードが売れる
というカタチはレコード店だからこそ出来るコトだと思います。

ダウンロードで曲をDIGするコトで同じコトが出来るかどうかは
今のところオイラには判りませんけどね。

オイラの気持ちでは、いつまでもイイ曲をDJの人達に紹介出来るレコードショップで
いたいと思ってます。

このブログは、サイトで試聴できる渋谷のUSED レコードショップ
渋谷next recordsが、運営しています。




イメージ 1

前回からのつづき

小学生が輸入レコード屋でレコードを見てる・・・
なんて客観的に見てもかなり浮いてたと思います。
同級生の兄貴は、「これもイイぞ、あれもイイぞ」 と
知っているテクノポップっぽいアーティストのレコードを
アレコレオススメしてくれるんだけど、
もう完全に舞い上がって & キョドってましたね。

輸入レコード屋ってある独特なニオイあるでしょ。
シールドのシュリンクのニオイか何かは、解らないけど
もうあのにおいが充満している輸入レコード店のトリコに一発でなっちゃいました。

持ち金もないのに日曜日は自転車に乗ってその輸入レコード屋に入り浸ってましたね。
単純なんだけどそこにはイロイロな驚きと発見がありました。
レコード店の店員さんがスゴいスピードでレコードをパタパタやって
探してるレコードを一瞬で見つけるコトが出来ること。
日本盤にはないシュリンクでレコードがパックされているコト
レコードによっては日本盤とジャケットが違うコト
日本盤ではリリースされていないレコードがあるコト
日本盤よりリリースが、かなり早いコト
外国から飛行機で輸入されているにも関わらずナゼか値段が安いコト

もうスゴい刺激的なコトばかりでした。

はじめの頃は、知らないアーティストだらけで、
どんな音楽なのかサッパリ解らなかったんだけど音楽雑誌やFMの洋楽番組なんかを
チェックしていると聴いたコトないアーティストのモノでも
およそどういったジャンルなのかというのが、なんとなくわかって来るようになるんですよ。
音楽雑誌のレビューに興味のあるコトが書いていると無性に
「聴いてみたい!レコードを買いたい!」という気持ちになりました。
コレって原点だと思うんです。
もうこう言った時期には、中学生になっててレコードを買いたいが為に
新聞配達のアルバイトしてました。
1ヶ月働いても給料は一万円くらいだったけど、毎週週末には例の輸入レコード屋に行って
今週の1枚のレコードを買ってました。

結局、こんな原体験が元になって20年以上オイラの中ではレコードを
買って~聴いて~というのが続いているワケです。
挙げ句の果てに中学生くらいにボンヤリと
「レコード屋さんで働きたいなぁ・・・」
と思っていたことが実現されたりしました。
今思えば小学生の時、偶然レコードとの出会いがあったのがキッカケで
今のレコード屋を営んでいる自分が存在しているんだなぁと
シミジミ感じてたりします。

愛すべきレコードのおかげで今の自分があるんだなぁとカンジるワケです。


今回紹介するのは、
JAMES BROWN / (GET UP I FEEL LIKE BEING A) SEX MACHINE


2006年12月25日にTHE GODFATHER OF SOUL JBが残念な事に逝ってしまいました。
もし、JBがいなかったら今のブラックミュージックは、存在しなかったのかもと
思える程、現在のBLACK MUSIC界に影響を与えたシンガーだと思います。

このブログを読んでくれている人にもJBは直接的ではないにしろ何らかの影響を
受けていることは確実だと思います。
JBの声のフレーズやビートのサンプリングとかね。
「オレの曲のサンプリングは全然OKダ!」という太っ腹なとこも
いかにもJBらしいです。

見た目のルックスもさることながらその力強いVOCALスタイルから
「絶対死なない!」と感じる程、まさしく濃いSOULの持ち主だと思っていたのですが
歯医者に行って病気が発覚して即入院、翌日に亡くなるなんて、
本人も思いもよらなかったでしょう。

この12"は、1985年のUK POLYDORよりリリースされたレコードで
(GET UP I FEEL LIKE BEING A) SEX MACHINE
GET ON THE GOOD FOOT
GET UP OFA THAT THING
PAPA'S GOT A BRAND NEW BAG PART 1
とオイシイ4曲カップリングのEPになってます。

JBが日本で一躍注目されるようになったのが
(GET UP I FEEL LIKE BEING A) SEX MACHINE で歌われる
「ゲロッパ!」
というフレーズでしょう。
この有名な「ゲロッパ!」ってフレーズも実は、カップヌードルの
TVCMで起用されて日本では広く知られるようになったんですよね。
その時は、「ミソッパ!」って言ってましたけどw

JAMES BROWN は、亡くなっても彼のSOULはこれからも永遠に伝えられるでしょう

このブログは、サイトで試聴できる渋谷のUSED レコードショップ
渋谷next recordsが、運営しています。




イメージ 1

振り返ればこの渋谷レコード店日記も毎回レコードにまつわるあるヒトツの
テーマについてオイラなりにカンジたコトを書いているワケだけど
今回は、基本に還って書いてみたいと思います。
なんでこのブログをはじめた理由なんだけど
「レコードという素晴らしい音楽メディアをもっとたくさんの人に知ってもらいたい」
というレコード文化の普及活動としてはじめました。超大袈裟な言い方ですけどね。

オイラはレコードがスッゴい好きなんですよ。
だけど世間では、一般的に音楽を聴くのは、今だとCDやMP3なんですよね。
フツウは、メディアの中に入ってる音楽がメインであってCDでもレコードでもそれらは音楽が
入ったイレモノ(器)でしかないんですよね。
だけどオイラを含め一部のレコードが好きな人達は、そのイレモノ(器)に
スゴく愛着を感じていたりしています。
音楽が好きと言うのは大前提なのですが、その好きな曲をカタチとして所有出来るってコトって
素晴らしいと思うんです。
それは特別、レコードに限ったコトではなくてCDにも当てはまるコトなんですが
レコードにはCDにない、もっと人の感覚に直接的にカンジるモノがあると思っています。
その大きさやカタチであったり、素材感やジャケット、はたまたニオイだったりと
その要素はたくさんあります。
よくアンティークなグッズと同じ様にレコードもカテゴリーされるコトも多いですけど、
古いモノがイイというのは少しは要素としてカンケーしているかもしれないですが、
新しいレコードでも感覚としては全然OKなんです。

こだわるトコロは、レコードであるかどうかです。

ナンなんですかね~これって。
今思えばオイラは子供の頃からある規格に沿ったアイテムがシリーズで存在していると、
「たくさん揃えたい!」という衝動があったんですよね。
例えば、メンコや仮面ライダーのカード、ミクロマンやウルトラマンのソフビ人形にガンプラ等、
平面、立体構わず集めてました。
だけど集めているシリーズからはみ出たモノにはサッパリ関心がなかったですね。
レコードを特別意識しだしたのは小学生の6年生の時ですね。
それまでテレビの歌謡曲の歌番組の曲しか知らなかったんだけどラジオでしかもAMで
偶然聴いたYMOの曲がキッカケですね。
当時のテレビ番組では、YMOが出演するなんてコトは、あり得ませんでした。
もう、レコードを買って聴くしか方法は無かったワケです。
もらった小遣いやお年玉をレコード買うのにつぎ込んでリリースしているYMOのレコード
全部手に入れました。ちなみに当時、小六のオイラのおこづかいは1500円。
こんな風にレコードを買い漁っているのをオイラの同級生の兄貴(高校生)が知って
その同級生の兄貴の部屋にレコード聴きに行くコトになったんですよね。

部屋に入った瞬間マジでビビったのを今でも鮮明に覚えてます。
部屋中にレコードが溢れてたんですよ。
今思えばたぶん500枚くらいなんだけどレコード屋以外でそんなに大量のレコードを
見たこと無かったんでかなり衝撃的でした。
「YMO好きなんだって? じゃ、これもカッコイいぞ!」
と言ってKRAFTWELKのTHE ROBOT をかけてくれたんですよね。
曲の良さにもブッ飛ばされたんですが、それ以上に驚いたのが、当時のガキのオイラから見たら
膨大な数を持っているレコードの曲のコトをその兄貴が全部知っていたことでした。
素直に「カッコイイ・・・」と思いましたね。

今までレコードは、聴くものでしかなかったんですが、レコードを所有する事で
そのアーティストや曲のコト、またその曲を通じて今まで存在すら知らなかったアーティストや
曲の事を知ることが出来るという、音楽を聴くという行動以外に知的なモノになるんだ
ということに気がついたんです。
子供の頃はこんな理論的な考えよりもっと本能に近いものですけどね。

別に対したコトではないのですが、知ると言うことを追求する事によって
次から次へと聴いてみたいと思うレコードがYMOのレコード以外にもたくさん出てきたんですね。
それまでは自宅の近くのレコード屋で日本盤のレコードを買ってたんですが、
その兄貴に
「日本盤高いから輸入盤買ったほうがイイよ。」
と初めて輸入レコード屋に連れて行ってもらった時もかなりショッキングでした。
緊張のあまりお腹がグルグル来てトイレに駆け込んだのも覚えてます。

つづく


今回、紹介するのは
YELLOW MAGIC RCHESTRA / COMPUTER GAME-FIRECRACKER


このグループがいなかったらオイラがレコードショップを営む事はなかったかも知れない
と思うほど自分にとってルーツとなったアーティストです。
YMOのコトを語れば何時間でも語るくらい出来る程です。
当時のオイラはYMOがツアーで着ていた人民服とかマジで探してましたからね。
もちろんエアスタイルは「テクノカット」ですw(懐かしいヒビキだ・・・)
小学生でそんな髪型しているのはオイラだけでテクノカットにした次の日の学校では
となりのクラスのヤツまで「ヘンなアタマしたヤツがいる」って見物に来てましたね。

中でも、坂本龍一にはマジでチョ~影響受けまくりでしたw
当時オンエアしていた坂本龍一がDJをしていたFM番組は毎回オンエアは当たり前で
そこで紹介された曲はレコード店で即購入。
シンセサイザーもアルバイト(新聞配達)して購入。
CMで坂本龍一が新潮文庫の「坊ちゃん」を読んでいてそれも読んだり・・・w
もう今思えば「ヤバイ領域」ですね。

実は、オイラは27歳くらいになって当時やっていた仕事でポスターの撮影の為、
ナマの坂本龍一と接する機会がありました。
実際会う前は、かなりコーフンしていたのですが、間近で本人に接してみて
「意外とフツーな人」なんだなと感じました。
今思えば、オイラは、「坂本龍一の音楽」に影響されていたのですが、
格好を真似たりすることによっていつの間にか「坂本龍一という人間」のファンに
なっていたんですよね~。また、そう言ったことも影響してか、自分の中では
「周りにオーラを放つ、絶対的なカリスマ」みたいなイメージを持ってたんでしょうね。

今でも坂本龍一の曲は、かなり好きですけどね。

このブログは、サイトで試聴できる渋谷のUSED レコードショップ
渋谷next recordsが、運営しています。





イメージ 1

2006年の上半期(2月)に、今年のプロモ、新譜リリースのコトをこのブログで書いたのですが、
その話の続きです。


いや~上にあるこの話の前半のコトを思いだすと

「結構、厳しいコトを書いたなぁ」

と、当時は思っていたのですが、現実はですね~オイラが書いていた以上に
アナログレコード盤のおかれている状況は厳しくなっているような気がするんですけど。

近頃は、新譜のレコード店に行っても大学生や高校生など学生の人が、
レコードを買い来ているのを見る機会がマジでかなり少ないような気がします。
もう、若い人達はアナログ盤自体に興味がないのかなとも思えるホドです。

オイラの友人のDJも今まで毎週アメリカのレコードプールからヴァイナルを
送ってもらってたのを今年は、
「レコードプールからデータでダウンロードして受け取るようにした」って言ってました。
理由は、
「あまりにもヴァイナルのリリースが少なすぎるから・・・」とのコトでした。
また「PLAYしたいと思う曲がヴァイナルでは、出ていなくてデータだとあるというケースが、
かなり多いみたいです。
リリースされる数もヴァイナルよりデータの方がはるかに多いので仕方ないですね。
かと言ってアナログレコードに愛着がないと言うワケではなくて
ヴァイナルが在るんだったらヴァイナルが欲しいみたいです。

以前、HIPHOPのプロモ盤がブームだった時に仕入れのために取り引きしてた
アメリカのPROMOを専門で扱うレコードディーラーのサイトを久しぶりに見たんですが、
当時に比べて$2くらいプライスが安くなってましたしね。
本来ならばリリースの数が減るんだったらプライスはUPするコトになるハズなんですが
downしていると言うコトは購入する人が少なくなっているからなんでしょうね。
需要が少なくなるんだったらレコードレーベルは作るのにコストのかかる
アナログレコードのプレスを更に絞ってくるんじゃないかなと思うのですが。

また、ある業者は、プレスの極端に少ないアナログPROMO盤やデータしかない音源から
自ら盤を作ったりしているみたいですね。
モチロン「ブートレッグ」になるわけですが、最近のマイナーなPROMO盤って
元々枚数が少ない上に、レーベルに何にも書いていないモノも多いし同じような
体裁でレコードをプレスすれば、どっちが本物か解らないしね。
アナログレコード盤がないなら自分達で作ってしまおう!っていったこういうことも
この先長く続けて出来るコトとは思えないんですけどね。

音源データによるDJ PLAYも珍しくなくなってきた感じになってきましたし
DJ = アナログレコード という図式は近々確実に成り立たなくなっていきそうです。
もしかしてもう既に成り立ってない?

また、極端な物言いをすればデジタル音源をメインにPLAYするんだったら
レコード店に行かなくてもコトたりますからね。
音源だとタダで手に入れるコトも不可能ではないしね。

ますますレコード店に足を運ぶ機会が減りそうですね。 あ~コワっ…

こういったコトを考えるとオイラにはプロモ盤や新譜のレコードを売っていく
自信はないですね。

でも、新譜のレコード屋さんにはデジタル化の波に負けずアナログレコードシーンを
盛り上げて欲しいと思います。

今回紹介するのは
JAZZY JEFF & FRESH PRINCE / I WANNA ROCK


先日、Jazzy Jeffの最近のLIVE PLAYの模様をYouTubeで観たんですが、
PLAYのスタイルや選曲はいわゆる定番的な曲を2枚使いで要所にコスリが入る
オーソドックスなスタイルなんだけど、ターンテーブルの上で廻っているのは
Seratoのコントロールレコードでした。

いゃ~当たり前と言えばそうなんですが、PLAYしている映像だけみれば
90年代のDJ PLAYと大差ないのですが、そのPLAYの裏側では、
最新のコンピューターテクノロジーが稼働しているのに
ちょっとした違和感をカンジましたね。

I WANNA ROCK を初めて聴いた時を思い出したんですが、
MC + DJ のコンビって結構多いのですが、レコードだけを聴いていると
MCが前面に出ていてDJって音作りがメインって感じでどちらかと言うと
裏方っぽいイメージが、オイラの中ではしていたのですが、
そう言ったイメージを払拭するようなDJ PLAYが曲の前面に出た曲だと
当時はちょっと衝撃的でカッコイイ曲だと思いましたね。
ROB BASEのレコードをガシガシ2枚使いで"I WANNA ROCK~♪"のフレーズですからね~
そりゃ、ハメられるワケですね。

このブログは、サイトで試聴できる渋谷のUSED レコードショップ
渋谷next recordsが、運営しています。





↑このページのトップヘ