渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

タグ:渋谷レコード店日記

mauricewhite_ineedyou_hol

世間のニュースはコロナウイルスのコトばっかりになっちゃいました。
2週間前にもコロナウイルス関係の記事を書きましたが、残念ながら確実に悪い方向へ進んでいるように思います。
東京オリンピックも吹っ飛んじゃいました・・・お店的にはオリンピックで訪日した外国人観光客で売上UPを狙って着々とその準備を進めていたのですが、残念です・・・。
ま〜タブン、オリンピックの開催は無理だろうなぁというコトは薄々カンジてはいたのですが・・・この状況では、絶対に無理でしょうね。

実は、安倍首相がコロナウイルスの経済支援として中小企業への融資を行うというハナシをしたので早速、最寄りの区役所へ申込みをしたのですが、世間の現状を突きつけられました・・・(泣)
というのも、融資の申請のために書類を用意して区役所の担当の職員と「こういう状況なので融資をお願いしますっ!」ってカンジで申請のために面談をするのですが、オイラが安倍首相の政策発表の1週間後に区役所へ連絡をすると「現在、非常に混んでいて受付申請は、1ヶ月後の4月末になります・・・」って言われちゃいました。
ナンでもモノスゴイ問い合わせ量でどうやら区役所の担当部署では捌ききれない様子です。
いや〜タブン、渋谷区でお店や会社を営んでいる人がこの危機を乗り越えるために資金繰りに必死になっているような状況なのかなぁ・・・って思いました。
当店が扱う中古レコードは、飲食店の食材のように毎日仕入れなきゃいけないワケでもナイのでまだ、資金繰りはマシな方だと思いますが、お店や会社にとっては今のこの状況は死活問題になるんでしょうね。

だけど、こういった状況がいつまで続くか全くわからないっていう不安は、ありますよ・・・ホント、先が見えないので。
2000年から渋谷の片隅でnext recordsをオープンして20年経ちましたが、その間に世界的には大きな出来事が多々ありました。
9.11とか、リーマン・ショックとか、3.11とか・・・。
幸いにも、いずれの出来事もお店的には直接的に大ダメージを被ったワケではナイの難を逃れるコトは出来たのですが、今回はそれまでの出来事とはちょっと違いますからね。
現在のトコロ、当店では日々の来店のお客さんはやっぱり少なくなってきました。
まぁ〜元々そんなにご来店いただけるお客さんが多くないので、それはあまり気にしていませんが、そんな中でも唯一ご来店したいただける割合が多かった外国人のお客さんは超減りましたね・・・。
印象的には、9割減ってカンジです。というかホボ、いなくなりました・・・トホホ。
現在、イロイロ入国規制をしているので、トーゼンそうなりますよね。

店頭での販売に関しては、こんなカンジですが、一方ネット通販の方は、それほど大きく変化はありません。
もしかしたら、売れているレコードの枚数は多くなっているのかも・・・って思うくらいです。
こんな状況の中ですが、初めてnext recordsのWEBサイトでご注文していただいたお客さんもいます。
そして、1人のお客さんのレコードの購入枚数が多くなっていたりします。
しかも、比較的単価が高いレアなレコードよりも1000円台の安価なタイトルが多く購入されています。
コレは推測なのですが、多くの人がコロナウィルスの影響でインドアでの生活を過ごすために、レコードを購入しているんじゃないかなぁ・・・って勝手に思ったりしています。
実は、WEB通販でのレコードの購入って年中行事に結構、影響されやすいんですよ。
例えば、GWなどの連休とか天気がイイ日とかは外に出向いたり、ワールドカップ等のメジャーなイベントなんかがあるとTVを見ちゃったりイベントへ参加したりと、アウトドアや注目度が他へいっちゃうとレコードを聴くのは後回しになるってコトなんでしょう。
レコードを聴くという行為自体が究極のインドアな楽しみですからね・・・。
こういう状況ですが幸いにも今のトコロ、まだコロナウィルスの影響は当店では大きく被ってはいないです。
ま〜だけど、毎日状況が変化していますからね・・・全く気にしなくてもイイってワケではナイですケド。

毎日、日本でも多くの人が訪れる渋谷に通っていて思うのですが、以前に書いた渋谷に関する記事から更に外国人観光客は減りましたよ。
ホボ、毎日見かけていた渋谷の街中を走る外国人観光客のカート走行もメッキリ見なくなりました・・・笑
だけど、週末は相変わらず渋谷のスクランブル交差点での人の往来は結構多いんですよね。
で現在、厳戒態勢のNew Yorkはどうなんだろう・・・って気になったので現地時間の土曜日の夜22時頃にTimes Squareのライブカメラを見てみると・・・マジで人もクルマも全くいない状況でした・・・。
ダレもいない週末の夜のTimes Squareをネオンサインだけがギラギラ光っていて、ちょっとシュールな印象です。
現在のNew York Times Squareのライブカメラは、ココから見るコトが出来ます。

で、直近のニュースですが、「アメリカ、失業保険申請が300万件超」なんてのも報道されました。
アメリカは、こういった従業員のリストラはドライですからね・・・。
しかもアメリカでは、コロナウィルスの感染者っていうのが急激に増えているようです。
特にNew York州が、ヒドイようで、アメリカ全土のコロナウィルス感染者数の半分がNY州という割合になってるという状況です。
TVのニュースではイタリアの惨状が伝えられていますが、今現在だと感染者数が一番多いのはアメリカなんですね・・・。
なんか、ウィルスの感染の心配もトーゼンありますが、感染しなくても経済的なコトから元気な人までダメージを被るっていうのは、ホントヤバイです・・・。

MAURICE WHITE / I NEED YOU
MAURICE WHITE / I NEED YOUの試聴
next recordsのサイトでMAURICE WHITEのレコードを探してみる

一方、日本では都知事が「週末の外出を控えるように・・・」という自粛要請をしましたが、どうなるんでしょうかね・・・。
百貨店とか大きなお店は、週末の営業を自粛するようです。
レコード店では、最大手のディスクユニオンさんとHMVさん、Tower Recordsさん等が3月28〜29日の土日に臨時休業するようです。

で、当店ですが一応営業はするつもりです。
実は、お客さんが来る来ないに関わらず、必ずしなければイケない作業があったりするという事情があるんですよね。
つまり、来週のWEBサイトへの商品のデータ入力を毎日スケジュール通りにコツコツと進行しておかないと、それこそ営業にダメージが出てくるんですよ。
お店の売上が下がったからって、国も東京都もナンもしてくれませんからね・・・かといって大手のレコード店のように潤沢な資金の余裕があるワケでもナイし・・・。
まぁ〜自分たちの防衛ラインは自分たちで守るっ!ってカンジです。

では、レコードのご注文、お待ちしていますっ!

 
渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

bmu_uwillknow

渋谷 宇田川町界隈のレコード店の中でも極めて零細弱小な中古レコード店である当店にも時々テレビ局の制作会社や雑誌出版社などから
「撮影にお店を使わせて欲しいんですけど・・・」
という問い合わせの電話をいただくコトがあります。
ま〜ホトンド、お断りしているのですケドね。
メディアに露出するってコトっていうのは、お店にとってイイんじゃないの・・・っていうコトは、メリットとして解っているんですが、やっぱりその対応がちょっとメンドくさいんですよ。
そんな理由で、お断りしている次第です。

が・・・しかし、過去に唯一ガッツリと撮影協力に応じたコトがあります。
それが、コレっ!
tigerdragon
2005年にTV番組として放送されたドラマです。
実は、今から15年前にこのTVドラマ、「タイガー&ドラゴン」のイチシーンとしてnext recordsが撮影に使われました。
タブン、ナンカ連絡があって「ハナシを聞いて欲しい」的なカンジでTVドラマの制作会社のスタッフがお店に訪れたんですよね。
当時のオイラは正直、TVのエンタメ関係には、ありえないくらい超疎くってTVドラマのスタッフがそのドラマのキャストとかの説明をしてくれたのですが、「ダレ?それ?」ってカンジでまったくチンプンカンプンでした。
ハナシを一通り聞いたあと、後日返事します・・・と言ったのですが、正直その時は、「お断り」するつもりだったんです。
だけど、一緒にそのハナシをヨコで聞いていたnextスタッフのK君が
「コレは、絶対に受けたほうがイイですよっ!モノスゴイ、オファーですよっ!」
ってあまりにもプッシュするもんだから撮影協力するコトになりました。
フダン、かなり物静かで自己主張しないnextスタッフK君の力説に説き伏せられたカンジでもありました。
その時に、K君いわくその時に脚本が宮藤官九郎だっていうコトで撮影受けたほうがイイって思ったそうです。
オイラといえば、その時「宮藤官九郎?ダレそれ?」ってカンジの疎さでした・・・笑

ちなみに使われたシーンていうのは、ダブル主役の竜二(岡田准一)の友人、チビT(桐谷健太)が経営している中古レコード店という設定でした。
そのチビT(桐谷健太)の中古レコード店の名前が今回の記事のタイトルになっている「TAKESHIT RECORDS」というワケです。
そのシーンには、今から15年前のnext recordsが映し出されています!

ぐわ〜〜〜〜〜っ!懐かしいっ!
15年前という渋谷のレコード屋のリアルなシーンがこの場面に散りばめられているってカンジです。
だって、壁にディスプレイされているレコードのホトンドがHIPHOPの12インチシングルですよ・・・。
しかもそのレコードが、EPMD, PUBLIC ENEMY, MAIN SOURCE, ZHIGGE, MC LYTE, LEADERS OF NEW SCHOOL・・・って、今では絶対に壁にディスプレイされるコトのないレコードばかり・・・。
そして「店、超せまいっ!」さらに意味不明な柱が2本・・・笑
当時は、今現在の在庫の1/3のレコードの枚数で商売していたのですが、売上は今より多かったという・・・笑

このかなり短いシーンなのですが、撮影自体は、朝の8時頃から準備が始まって夕方までかかって撮影しているのを見て
「TVドラマの撮影って結構、時間がかかるんだな〜」なんて思ったものです。
実は、この撮影が行われる1週間ホド前に
「アノ〜ちょっとレコード店のお仕事のハナシを訊かせてもらえないでしょうか?」って若い男の子がお店に訪れたんですよ。
実はその人、桐谷健太さんでした。
今回配役が決まり役作りのために、中古レコード店ではどんなシゴトが行われているのかっていうコトを教えて欲しいってお店に来てくれました。
今じゃ、一日にTVのCMで何度も見かける桐谷健太さんですが、2005年当時は今ほどの知名度ではなくってフツーに渋谷の街を歩いてnextに来たってカンジでした。
しかもオイラ自身は、当時は桐谷健太さんの存在すら知らない始末です・・・笑
その時は、店のカウンターの中に入って一緒にコーヒー飲みながら2時間くらいレコードのかけ方やDJの仕方などをレクチャーしたりイロイロハナシしました。
桐谷健太さんが、オイラと同じ地元が大阪で関西弁丸出しでハナシをするものだから意気投合しちゃいました。
その後の彼の活躍は、ご存知の通り・・・です。

ま〜だけど、15年の歳月を経て過去の自分の店がこんなカタチで記録されているっていうのは、意外と嬉しいモノですね〜当時は、そんなコト全く思いもしませんでした。

B.M.U. / U WILL KNOW (CJ MACKINTOSH MIX)
B.M.U. / U WILL KNOWの試聴
next recordsのサイトでB.M.U.のレコードを探してみる

というか、ドラマ撮影したコト自体は、トーゼン覚えてはいるのですが、指摘されないと完全に記憶の奥深くに入り込んじゃってるくらいの程度でした。
自宅でYouTubeを楽しんでいると、ホントにコレまた偶然なのですが、右側のオススメ動画としてこの「タイガー&ドラゴン」が表示されたんですよっ!
ちょっと、コワイです・・・YouTubeのレコメンド機能・・・ナンで、オイラにこのドラマをオススメしたら見るだろうって思ったんだろう・・・。
オイラは、YouTubeでは、フダン音楽動画やビジネス系YouTuberの動画しか見ていないので、TVドラマのレコメンドはホトンドないんですよ。
それが、唯一このドラマをオススメしてくるなんて・・・。
実際に、そのとおり見ちゃいましたけど・・・しかも家族や友人にリンク送ったりもしたし・・・YouTubeの思う通りの行動してますよっ!

もしかして・・・コレが、AIなのかっ?ディープラーニングなのかっ?


渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

deodato_keeponmovin_pr

TVのニュースを見ていてもナンダカ不穏な空気感がジワ〜っと漂っていますね・・・。
やっぱりアレですよ・・・コロナウイルスの影響が実社会に影響しているのが、かな〜り伝わってきているような気がします。
オイラの営んでいるレコード店next recordsは、渋谷のド真ん中からちょっとハズレた場所に店を構えているのですが、通勤のためにお昼頃と夜8時過ぎに渋谷の一番賑わっているであろう場所を毎日通るのですが、かなり街に出ている人の数が少なくなっているなぁ〜ってカンジています。
このブログでも度々、記事にしましたが普段だったらとにかく外国人観光客が、曜日や時間にカンケーなくウジャウジャ渋谷の街には溢れるくらい見かけるのですが、コロナウイルスのニュースが流れるようになった2月のはじめの頃は、まだそれほど気にならなかったのですが、2週間くらい経ってくると
「アレ・・・?アレ?もしかして人少なくない?」
って解るくらい外国人観光客が少なくなってきました。

安倍首相が学校の休校を宣言した影響で、ヒマを持て余した学生さん達が日中繁華街に繰り出しているようでいつもとあまり変わらない様に一見すると見えるんですが、夕方以降になると人の数が目に見えて少なくなってきているようにカンジますね。
夜、帰宅途中に通りからレストランとかカフェとか居酒屋さんとか飲食店の中の様子を窺うと、結構が空いてるなぁ・・・ってカンジたりします。
フダンの渋谷は、金曜日の夜とかは予約をしないとレストランや居酒屋とかは、席が空いてない場合が多いんですよね。
つまり、「ちょっと飲みに行くか〜」ってお店に入っても「満席」ってケースが多いんですよ。
だけど、先週の金曜日くらいからちょっとその様相が変わってきたような気がします。
いつも賑わっている飲食店にお客さんがまばらだったり・・・ってカンジで。
コロナウイルスは、濃厚接触はNGだっていわれているので飲食店で隣の席にいる人が「もしかして・・・」って可能性とかもあるからあんまり長時間過ごすお店とか行かないようにしているってカンジでしょうか。

お客さんに本職でDJをしている人に「コロナウイルスの影響ってありますか?」って訊いてみると
「いや〜もう、マジでメチャメチャ影響ありますよっ!」って言っていました。
ライブハウスでの感染者数がニュースになっていたので、似たような環境であるCLUBも影響を受けているようです。
店先に消毒液を設置したり、店内の換気や消毒を徹底したりイロイロ対策をしているっていってました。
「お店の営業は、やってますけど週末でもお客さんの数は少ないですよ・・・」って嘆いていました。
ライブイベントとかは、政府の要請もあってか自粛ムード真っ盛りなのでそんな中でのCLUB営業はちょっとタイヘンそうな気がします。

で、当店はどうかというと・・・ちょっと外国からのお客さんが少なくなってきた様なカンジがします。
外国からのお客さんが購入した際の免税の書類を毎月集計するのですが、2月はホント少なかった・・・泣
そう考えると結構、ウチの店はインバウンドの収益の割合が比較的高かったのかも・・・?
今年の1月の記事に「RECORD SHOP SHIBUYA で検索っ!」って記事を書いて、オリンピックに向けて訪日外国人客を増やすミッションを着実に遂行中だったのですが、まさかコロナ・ショックを被るとは思いもよりませんでした・・・トホホ

エッ?今、上記の記事を見たら「レコード店 渋谷」 での検索結果でnext recordsの順位が落ちてる!?
だけど、逆に英語の「record shop shibuya」では箸にも棒にもかからない圏外だったのが、ナンとか14番目にランクイン出来てるっ!
ナンダカ嬉しいような残念なような・・・フクザツな気持ちです・・・笑
渋谷の実店舗への来店は、やっぱりコロナウィルスの影響は全くナイとは言えないと思います・・・なんとなくだけど。
だけど、WEB通販は、まぁまぁイイカンジでご注文を頂いています。
もしかして、コロナウィルスの影響で多くの人が外出を控えて、
「家に居るんならレコードでも聴こうかなぁ・・・」
ナンてカンジになっているのかぁ・・・って勝手に想像しているのですがどうでしょうか?
そのアタリのコトを宅配便のドライバーさんにハナシを訊いてみると通販の配達がメチャ増えてるって言ってたので意外とそうなのかもしれませんね。
一方、レコードの仕入れ方はと言いますと、コチラは絶好調なんですよっ!
前回のこのブログでも記事にしましたが、3月の引っ越しシーズンに併せて大量のコレクション処分のオファーが相次いでいる状況です。
もし今のコロナウイルスの問題がなければって考えると、状況的にはメチャイイカンジに思えるのですが、なかなか思うようにはいかないですねぇ・・・。

DEODATO / KEEP ON MOVIN'
DEODATO / KEEP ON MOVIN' の試聴
next recordsのサイトでDEODATOのレコードを探してみる

経済的には、ちょっと円高が進んできましたね〜。
今まで、110円イカないくらいだったのですが、株安の影響で一気に円が買われて円高傾向になってます。
一瞬ですが一時期、102円とかまで進んでたりしましたが、今は104〜105円くらいですね。
今までの当店だと、仕入れのためにドル転していたので円高になれば
「ラッキーっ!安くレコードを仕入れるコトが出来るっ〜!」
って喜んでいたのですが、先に書いたようにインバウンドでの収益のコトまで考えると外国からのお客さんからすると
「円高でちょっと割高だな〜買うのをヤメよう・・・」
ってなるので「円高 = ラッキー」って思えなくなってきました。

しがない零細中古レコード店の当店ですが、世の中の社会情勢とか経済状況の仕組みの中に組み込まれているんだなぁ〜なんて思っちゃいました・・・。



渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。
t

lswift
世の中的には、3月というのは引越しシーズンのようです。
ま〜毎年のコトなのですが、この時期になると
「近々、引越しするのでレコードの買い取りをお願いしたいっ!」
というご依頼を多くいただきます。
大量のレコードと引越しというのは、ホント超絶相性が悪いですよね。
事前に引越し業者へ見積を依頼すると、レコードがたくさんあるのを見て、割増料金を上乗せされるケースがあったりします。
それなら、もう最近レコード聴いていないのでこの際、処分しようかな・・・っていうカンジで買取査定のご相談になるってパターンですね。

もうレコードを聴くコト自体がフェードアウト気味な人や、レコードへの興味が薄れてきた人は、引越しのタイミングで一斉処分に踏み切るのも場合によってはアリかもしれませんね。
だけど、レコードコレクションが現在進行系まっ最中な人からすれば、引越し〜レコード処分には絶対にならないと思います。
しかし、レコードがたくさんあると引越し費用が高くなるのはイヤだ、出来るだけ引越し費用は抑えたい・・・ま〜トーゼンこういう気持ちになると思います。
引越し業者との見積の際の交渉で、明らかにレコードがたくさんあるので費用が上乗せされているカンジがあるのなら、レコードだけ、自力で運ぶって考慮するのもイイと思いますよ。
3月は引越し業者にとっても稼ぎ時なのでかなり強気の値段を提示してくると思いますが・・・。
はじめにレコード込みの費用を出してもらって、「レコードがたくさんあるコトで見積もり費用が高くなるんならレコードは自分で運びます」って言ってレコードなしの費用もだしてもらえば、その差額分から自分が納得できる価格かどうかの判断が出来るんじゃないかな・・・。
ちなみにオイラの経験だと、引越し業者のレコードの扱いは、かなり雑でゾンザイです・・・。
引越しのトラックに6段とか7段くらいまでレコードの箱を積み上げられますよ。
場合によっては、下の段に入ったレコードが破損する恐れもありますので要注意・・・といってもどうしようもナイんですけど。
根性論がまかり通っている引越し業者だと、1人のスタップに一度に2個のダンボールを運ばせたりします。
お客さんのハナシでは、マンションの階段でバランス崩してレコードが入ったダンボールを落とされたって聞いたコトもありますし。
ちなみに引越し業者からもらえるダンボールにレコードを入れちゃぁ絶対にダメですよ。
ダンボールのサイズがレコードの高さにあっていないとそのダンボールの上に更にレコードが入った重いダンボールを積まれたら確実に「グシャっ!」ってなります。

コレクションしているレコードに対する想いは、人それぞれだと思いますが大切なレコードだけは自分で運ぶっていうのもイイかもしれません。
そんな中、引越しに使えるレコード専用のダンボールを紹介します。
レコードを入れるダンボールは、絶対に高さはジャケットと同じサイズじゃないのモノにする必要があります。
カンタンにいうとジャケットのサイズがピッタリ収まるサイズのモノでなければイケないワケです。
引越しに使うダンボールなので出来るだけ安く収めたいので自宅近くのホームセンターとかに出向いてレコードが入るピッタリのダンボールを探すのですが、コレが全然ナイんですよね。
横サイズが合っても高さがあわなかったりというカンジで・・・。
経験上やはりレコード専用のダンボールが一番、イイと思います。

レコード用のダンボールもイロイロあります。
使い勝手と個人的な印象のレビューです。

ま〜日本ではちょっと手に入れにくいダンボールです。
レコード買い付け業者は必ずコレを使っていますね。
アメリカから日本へまで運んでも破れたりしないんでそれなりに丈夫です。
US盤なら約120枚くらい収納できます。ちなみにアメリカでは$0.99!安いっ!25個ならさらに安くなって$21.75 ($0.87 each)
満タンにレコードを入れると24〜25kg!かなり重くなります。
manhattan_box
利用している多いマンハッタンレコードのオリジナルレコードボックスです。
5個セットで1980円(1個あたり396円)
ちょっと割高なダンボールですが、かなり硬い紙質で強度は最強レベルにイイダンボールを使っています。1箱に約100枚のレコードが収納できます。
サイズは、縦横奥行きが同じサイズの立方体になります。
満タンにすると20kgくらいの重さになります。ちょっと重い・・・。

union_box1
コレも使っている人が多いです。底部分が折りたたみ式でガムテープ不要で組み立てが出来る仕様になっています。
WEBサイトには「約60枚」と書いていますが実際は、80枚くらい収納ができます。
5個セットで1375円(1個あたり275円)
しかし、ダンボール自体の厚みがかなり薄いんですよ。強度的にはイマイチです。
満タンにすると18kgホド。

HMV_box

HMVレコード用ダンボール
コレ、ウチの店でもよく使っていました。
ま〜HMVが近いのでスグに買いに行けるので・・・笑
至ってフツーのダンボールです。
10個セットで2200円(1個あたり220円)
強度的には、MANHATTAN BOX より下、disk unionより上です。
サイズは、disk unionと同じで約80枚くらい収納できます。

danbol1
ダンボールワン レコード用ダンボール
ダンボール専門業者のレコード用ダンボールです。
強度は、HMVと同じです。奥行きサイズは、HMVやdisk unionよりちょっと小さくなっています。
カタログには約50枚収納と書いていますが、実際は65枚くらい収納できます。
40枚セットで3872円(1個あたり97円) コスパ最高です!
満タンにすると14kgホド。

L-SWIFT feat. EBONY / HOW ITZ GOING DOWN
L-SWIFT feat. EBONY / HOW ITZ GOING DOWN の試聴
next recordsのサイトでL-SWIFTのレコードを探してみる

当店でも今まで何千個ものレコードが入ったダンボールを運んで来ましたが、自力でレコードを運ぶ時は絶対に1つのダンボールの重さを軽くした方が「楽」ですよ!
ひとつのダンボールを軽くするというコトは、必然的にダンボールの個数が増えるのですが、同じ枚数のレコードを運ぶなら、運ぶ手間は増えても軽いほうがホント、体力的な負担が軽いんですよ。
一番上の120枚入るU-HAULを10箱(約1200枚のレコード)運ぶ労力と、一番下のダンボールワン レコード用ダンボールを19個運ぶ労力とで比べると全然、ダンボールワン レコード用ダンボールで運んだほうが楽なんですよ。
コレは、実際に運んだ経験上、確実ですよ。
重いダンボールは確実に体力を消耗させます(笑)

ちなみに、nextではダンボールワン レコード用ダンボールを利用しています。
送料も無料なのでホント、コスパ最高ですっ!
おすすめしていますがダンボールワンからお金はもらってませんっ! 笑

あと、コレがあれば楽だっていうのは、「ラバー付きの手袋」
glove
コレはホント、素手と比べると全然違いますよ〜!
ホールド感バツグンです!
ダイソーとか百均のヤツでも充分使えます。
出来れば薄手のモノより厚みがある方が楽です。



渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。


saxmachine_saxitup

以前、2回続けてこんなエピソードをこのブログで書きました。
副業でレコードを売って稼いだ時のハナシ (前編)
副業でレコードを売って稼いだ時のハナシ (後編)

上記の記事を読んで先日、ご来店していただいたお客さんから
「実際、個人で副業としてレコードを売って儲かりますか?」
ってご質問を受けました。

レコード好きにな人にとって、好きなレコードを販売するコトで多少なりとも儲けるコトが出来ればラッキー的な気持ちになる・・・って言うのは、ありますよね〜確かに・・・。
以前の副業のエピソードでも書きましたが、今だとヤフオクとかメルカリとか個人の人がカンタンにモノを販売できるチャンネルっていうのが、複数ありますからね。
上手くにやれば、稼ぐコトは出来かもしれませんね。
この「レコードせどり」は、果たして儲かるのか・・・つまるトコロそこが知りたいっていう質問だと思います。
ちょっとGoogleで「レコード せどり」で検索して調べて見ました。

あ〜イロイロなコトが書いていますね。
レコードせどりは儲からない!
レコードせどりが熱い!
レコードせどりは稼げる?
レコードせどりはおいしい!

「レコードのせどりは、儲かる!」っていう記事と「レコードのせどりは、儲からない!」っていう記事が賛否両論でひしめき合ってますね〜笑
「レコードのせどりは儲かるのか、儲からないのか、一体どっちなんだ・・・?」っていうカンジです。
一応、レコード販売歴20年以上の、プロのレコード屋のオイラが、上記の記事を読んでも、レコードのせどりが儲かるのか、儲からないのか解りません・・・笑
上記のレコードせどりに関する記事を書いている人たちは、オイラほどレコードの販売キャリアがある人はイナイと思いますよ。
そんなオイラがレコードせどりで儲かるのか儲からないのかわからナイんですから、ニワカでレコード販売している人に「レコードせどりは儲かる!」って言われても「ホントかよ?」ってカンジでイマイチ、確証が持てません・・・笑
それにせどりで仕入れたレコードを販売して儲けるっていうのも月にナン円の売上があったら「儲かった!」っていうのも個人それぞれなんでナニをもってして儲かる or 儲からない の区別がちょっと出来ないですよね。
ま〜でも、どうなんだろ・・・オイラ的には、1年365日24時間ずっとレコードをお客さんに買ってもらえるにはどうすればイイのかってコトをNext Recordsをはじめた2000年から20年間ぶっ通しで考え続けていたワケですが、今でも「こうすればレコードが売れる!」「この方法を実行すればレコードは、儲かる!」っていう必勝のパターンっていうのを見つけるコトが出来ていません。
タブン、今後永遠にそんな「レコードで稼ぐ必勝法」なんて見つからないって思っています。
カンタンにいうと「日々、努力あるのみっ!」ってコトかもしれません・・・個人的には「根性論」とか好きではナイですが、イロイロなヤリ方を試して改善していくってコトの繰り返しだと思います。

みんなが欲しがるレアなレコードを仕入れてソレを1円でヤフオクで出品すれば、ある程度の金額に上がって、ヤフオクの相場的な落札金額になるとは思います。
当然、ソコで「利益・儲け」を出すには、そのレア盤をいくらで仕入れるかですよね。
当たり前ですが、落札金額よりも仕入れ値が高くなっちゃえば赤字ですので儲けるドコロのハナシではなくなります。
ま〜実際に、落札価格が1万円を超える様なレア盤が、1000円とか2000円とかで手に入れるコトが出来るのか・・・ってどうでしょう?
もうホント、奇跡的にフリーマーケットとかリサイクルショップとかでそのレコードの価値が解らない人やお店でそのレア盤を手に入れるコトが出来て、ヤフオクに出品して1万円で売れたら相応な利益が得られますが、そのラッキーは次も続くのか・・・。
1回限りの「お小遣い稼ぎ」ならイケると思いますよ。
だけど、レコードせどりで稼ぐっていうのは、1回だけのラッキーではなく毎月安定的に数万円の儲けを得たいっていうコトだと思うんです。
再現性がないビジネスは継続が困難だと思うのでなかなか難しいかもしれません。
ヤフオクやメルカリといった市場で継続的にレコードを販売していくってコトを考えたら、レア盤メインは現実的にはムリなので比較的仕入れやすい、手に入れやすいレコードをせどりするコトになると思います。
個人の人が、仕入先をフリーマーケットや町の中古レコード屋なんかを本業のシゴトの合間の時間を使って巡って仕入れるっていうのが、現実的にやりやすい方法かもしれません。
この方法は、比較的安価にレコードを仕入れるコトは出来るけど、ヤフオクやメルカリといったマーケットには同じレコードが出品されているので価格は安くないと売れにくいですよね・・・となると1枚のレコードを販売して得られる利益は、ガクッと下がって数百円とか、ウマく行って数千円ってなると思います。
フリマアプリの比較的売りやすいレコード販売価格のレンジをみると数百円〜1000円とか2000円くらいのようです。
出品、取引、出荷の手間のコトまで考えると販売価格が数百円だと割に合わないので、副業といえどもビジネスとして継続的に利益を得るには現実的には数百円で仕入れて、1000円以上で販売するコトが出来るタイトルに絞られるような気がします。
仕入れのためにアチラコチラを巡ってレコードを掘る作業まで込みにして利益を得るとなると、それほど旨みのあるビジネスではナイのかもしれません。

1点モノの中古レコードのせどりで儲けるのは、やっぱりそれなりの苦労が必要なのかもしれませんね。
だけど、のちのちレアになるのが確実な新譜のレコードでせどりをするんだったら・・・って考えるとまた違ったヤリ方があるのかもしれません。
ま〜だけど限定プレスのレコードのリリースがあっても「おひとり様1枚限り」っていうシバリもありますからね。
複数枚手に入れたかったら、家族、親戚、友人を総動員しないとイケないですね〜笑

SAX MACHINE / SAX IT UP (JUNGLE LOVE)
SAX MACHINE / SAX IT UP (JUNGLE LOVE) の試聴
next recordsのサイトでSAX MACHINEのレコードを探してみる

ココまで書いてきてレコード販売歴20年以上のリアル・レコード店主のオイラがアドバイス的に言えるコトは・・・
「レコードせどりが儲かるか、儲からないかは、ソレをやる人の努力次第っ!」って結論です。
もし、オイラがレコード店主ではなくってフツーに会社員だったとして副業としてレコードを販売するコトで儲けを得たいって思ったらどうするかな・・・。
「副業でレコードを売って稼いだ時のハナシ」の時に書いたようなパターンを現代風にアレンジして、よく行くレコード店でネット通販とかウマく出来ていないレコード店にくい込んで、WEBサイトを立ち上げてソコで販売させてもらって売上に応じたロイヤリティを得るヤリ方をするかなぁ。
必要な在庫も抱えなくてイイし、自分で仕入れもしなくてもイイし・・・。お店の在庫管理も出来ますよっ!ってやれば、困っているレコード店であれば比較的応じてもらえるかも?
意外と、小さなショップは困っているみたいですよ、在庫管理とかネット販売とか・・・ソレにこのビジネスモデルはレコード店に限らず、他の業種でも応用が出来るのでウマく営業すればイイ稼ぎが出来るかもしれません。


渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。


↑このページのトップヘ