渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

タグ:アナログレコードの話題

joeclaussell_escravosdejo2
Instagramは、毎日投稿していますっ!
最近よくご来店いただいたお客さんから
「インスタ、見ていますっ!」ってお声をいただきます。
ホント、ありがとうございますっ!拙く稚拙でショボショボなレコード紹介ですが、お客さんからダイレクトにそんなコトを言っていただけると、メチャ励みになります。
元々、インスタをはじめたのもコロナ騒動が顕在化しつつあった2020年の1月からです。
ま〜当時は、「コロナがヒドくなって外出自粛ムードが高まると、もしかしてヤバいコトになるかも・・・」ナンて思い、レコード店の存在感を認知してもらうためにはじめたワケです。
現在、投稿数1400件以上、フォロワーさん1500超え・・・ん〜なかなか増えてきました。
インスタ界隈に詳しい人に訊いたトコロ、もっと上手にやればフォロワーさんをドカンと増やすコトも出来るらしいのですが、まぁ〜あえてコチラから積極的にアピールするのもナンダカ気がひけるんですよね〜。
なので、地道にコツコツと記事を書いて12インチシングルのコトがホントに気になる・興味があるっていう人だけに知ってもらえればイイかな〜なんて思っています。
最近だとインスタで紹介したレコードを購入していただけるケースも結構、増えてきたんですよね〜ホント、ありがたいコトです。
で、お店にご来店していただいたお客さんからも「インスタで紹介されていたレコード、イイなって思ってHPで見たら、売る切れていました・・・」ってご指摘いただきました。
ホント、ごめんなさい・・・中古レコードという特性上、在庫が1枚の場合が多いので最初のお客さんが購入しちゃうと2人目に人はもう買えないという状態になっちゃうんですよ・・・。
インスタで紹介したレコードに商品購入ページのリンクが貼れるインスタ・ショッピング機能って便利ですが、そもそもの在庫数ホトンド1枚しかない中古レコードだとあまり相性が良くないとカンジですね・・・。
インスタでのレコードの買い方を解説した記事はコチラを参照してください。
バージョンアップ! Instagram&レコード
インスタのリンクでは、売り切れになっていてもその後に再入荷している場合もあるので、SOLD OUTの表示なっている場合でも商品ページのタグのアーティスト名をタップしていただけるともしかしたら再入荷して表示される場合もあるので、ゼヒ活用してみてください。
nextのインスタでは、毎週入荷した新着動画も紹介しているのですが、その動画のBGMは、オイラがオリジナルで毎月創っているのですが、この前「後ろで流れている曲がイイです〜」ってコメントをいただきましたっ!
ギャーーーーっ!!ちゃんと聴かれちゃっているんですね・・・ナンダカ嬉しくもアリ、恥ずかしくもアルという・・・(笑)
その時の動画は、コレでした・・・。

ん〜とりあえず、マイペースでインスタへの投稿は、続けて行こうと思います。

マジっ!?ハチペイご利用で30%のポイント還元っ!
渋谷のnext Recordsでは、店頭でのお買い物の際に様々なキャッシュレス決済が出来るようにしています。
ま〜メジャーなクレジットカード・交通系カード・スマホによるIDやQuickPay決済・PayPay等の各種QR決済と、多くの人が使えるであろう一通りの決済には、対応しています。
でっ!その中でも超どマイナーなQRコード決済が、「ハチペイ」です。
「ハチペイ?ナンじゃソレ?」ってカンジですが・・・(笑)
概要を説明すると渋谷区役所がやっているローカルなQRコード決済なのですが、渋谷区に存在しているお店で使えるという超限定 & 超ニッチなQRコード決済であります。
でも、ハチペイは、購入者さんは、ダレでも使うコトが出来ます。
「ハチペイ」の詳しい案内
当店は、そんなローカルなQRコード決済を2022年11月のサービス開始と同時に導入しました。
コレまでは、購入金額の8%のポイント還元というキャンペーンを開催していたワケです。
要するに1万円分のお買い物をハチペイで支払うと800円分のポイントが還元されるワケです。
数年前にQRコード決済が始まった頃は、メジャーなQRコード決済運営会社は、自社のサービスの知名度を上げるために大盤振る舞いのポイント還元キャンペーンを頻繁に開催していましたが、最近はもう全然、そのキャンペーン内容がショボくなっていますよね〜。
で、そんな中で、渋谷区のハチペイは、ナントっ!30%のポイント還元キャンペーンを開催しちゃいました。
例をあげて説明すると、1万円分のレコード購入で3000円分のポイント還元がされるというこの世知辛いご時世にありえないホドの大盤振る舞いキャンペーンです。
しかもポイント付与の上限はナンと1万円っ!
カンタンに書くと、およそ33300円分のレコードを買うと約1万円分がポイント還元されるという、つまりトータルで43330円分のレコードが買えちゃうというコトです。
こんなキャンペーン・・・なかなかナイんじゃないでしょうかね〜。
しかし・・・ハチペイ自体の知名度がイマイチなコトもあって全然、ハチペイを利用する人がいないんですよ・・・。
ちなみに2022年11月に導入してから3ヶ月の間で当店で今までにハチペイを使った人は、ナンと2人だけという・・・(笑)
コレまでの8%ポイント還元も結構、メリットあると思ったんですケドね〜やはり、ローカルなQRコード決済なので知名度がネックになっているのかもしれませんね。
しかし、30%ポイント還元は超デカいと思うのでゼヒ、ご利用くださいっ!
ちなみに当店のWEBサイト経由で、ご来店受取時でのお支払いにもご利用いただけますっ!
樽屋のレコードカートリッジや交換針・SHUREのM44G/447の互換交換針の購入でもご利用OKですよ!

JOE CLAUSSELL & KERRI CHANDLER / ESCRAVOS DE JO 
JOE CLAUSSELL & KERRI CHANDLER / ESCRAVOS DE JO の試聴
next recordsのサイトでJOE CLAUSSELLのレコードを探してみる

レコード店主が最新のAIにレコード界隈のコトを訊いてみたっ!
ネット界隈で今、一番ホットな話題でもあるChatGPT を使ってみました。
Open AI ChatGPTのWEBサイト
「ChatGPT?ナニそれ?」ってカンジですが、ザックリと解説すると、ブラウザ経由でチャットスタイルで質問を投げかけるとAIが分析して回答してくれるというナンか・・・未来をカンジさせるサービスであります。
【使ってみた!】ChatGPTとは?始め方と使い方を徹底解説
AIとか人工知能ってテレビやニュースではよくトレンド的なキーワードで語られるコトが多いのですが、実生活に於いて一般ピーポーがAIに触れるコトってまぁ〜ナイじゃないですか・・・しかもソレを使うために専門の言語とか習得しなければいけなかったりという、まだまだ普通に一般人が当たり前のように気軽にAIを利用できる環境にないっていうカンジで。
しかしっ!時代は、ついにココまで来ました!
このChatGPTは、訊きたいコトを質問窓に日本語で入力するとAIが考える最適解を文章で答えてくれるという・・・夢のようなサービスです。
オイラもこの未来感たっぷりのサービス、ChatGPTが気になったので早速、試しに使ってみました。
で、まず質問したのがコレ!
Q「過去のメディアであるアナログレコードが、なぜ今人気があるのか。」
するとAiの回答は・・・
-------------------------
アナログレコードは、音質、音楽の楽しみ方、コレクションの要素など、デジタルメディアにはない魅力があるため、現在も人気があります。また、アナログレコードには独特の雰囲気や臨場感があり、音楽を体験することができます。さらに、アナログレコードは手作り感があり、一点一点が特別なものになるという特別な魅力もあります。
-------------------------
うおぉ〜〜〜っ!メチャ優等生な回答です。

では、次の質問
Q「アナログレコードの良さを説明してください」
するとAiの回答は・・・
-------------------------
アナログレコードの良さは、次のような要素が関係しています。

1 サウンドクオリティ: アナログレコードは、音楽を直接投影することによって、比類のない自然で生々しいサウンドを生み出すことができます。

2 エクスペリエンス: アナログレコードは、音楽を手作業で再生することによって、音楽と一緒に過ごす時間を贅沢なものにすることができます。

3 アートワークとパッケージング: アナログレコードは、音楽に関連するアートワークやパッケージングを備えていることが多いため、音楽のコレクションとしての価値を引き立てます。

4 音楽の本質: アナログレコードは、音楽の本質を再現することができるため、音楽を愛する人々には魅力的です。

5 集中すること: アナログレコードを再生するために必要な手作業は、音楽を聴くことに集中する助けとなります。

-------------------------
ほぅ〜なかなかのご回答ですっ!
結構、優秀じゃないですかね・・・コレ。まぁ〜答えられている内容はすべて知っているコトですが・・・。
では、オイラが知らない・・・というか、中古レコード店をはじめて23年間、常に思い考え続けているにも未だに明確な回答を得られていないオイラも知らない最大の疑問をAIに訊いてみます。

Q「中古レコード店の経営を成功させる方法をおしえて。」
-------------------------
中古レコード店の経営を成功させるためには、以下のようなことが重要です:

1 品揃え: 中古レコード店には、様々なジャンルや年代のレコードがあります。顧客が求めるものを揃えることで、顧客にとって魅力的な店舗にすることができます。

2 品質の管理: 中古レコードは、状態によって値段が大きく異なります。商品の状態を正確に評価し、商品の品質を管理することが重要です。

3 マーケティング: 中古レコード店を運営するためには、顧客にとって魅力的な店舗にすることが重要です。広告やイベントなどを行うことで、顧客にとって魅力的な店舗にすることができます。

4 経営効率: 中古レコード店は、店舗の運営費用が高いため、経営効率を高めることが重要です。在庫管理や人件費などを抑えることで、経営効率を高めることができます。

5 顧客とのコミュニケーション: 中古レコード店の顧客は、音楽に熱心な人が多いため、顧客とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。顧客のニーズや要望を把握し、顧客にとって魅力的なサービスを提供することで、顧客との関係を深めることができます。

-------------------------
コ、コ、コ、恐いんですケド・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ちょっと恐ろしくなってきました・・・しかし、AIには、まだまだ訊きたいコトがあります!

Q「中古アナログレコード店主には、どのような人物がふさわしいと思いますか?」

-------------------------
中古アナログレコード店主には以下のような特徴を持った人物がふさわしいと思われます。

1 音楽に熱心である: アナログレコードに対する知識や好みがあり、音楽に対する情熱を持っていることが重要です。

2 販売スキルがある: 商品の説明や顧客とのコミュニケーション能力が必要です。

3 経営知識がある: 店舗の運営や販売の戦略立て、マーケティングなどができることが求められます。

4 品質にこだわりを持っている: 中古レコードの調査や修復など、商品の品質にこだわっていることが必要です。

5 営業経験がある: 店舗の運営や顧客とのコミュニケーションなどに関する経験があることが望ましいです。

-------------------------
ん〜解っているケド、あからさまにこう書かれると、「はたしてオイラは、ココに書いてあるコトが出来ているのか・・・」ってちょっと身につまされる想いがあります。
AIに忖度抜きでズバリと指摘されたコトと改めて肝に銘じて目指していきたいと襟を正す想いでありますっ!
というか・・・もうソコまで解っているんだったら、いっそのコト、AIにお店を任せたいくらい・・・(泣)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

twoforlove_holdme_ita
自分のお店へ通う為に毎日、渋谷を歩いているのですが、ホントにココ最近、訪日外国人が旅行者が増えたなぁ〜ってヒシヒシとカンジています。
渋谷でも海外からの旅行者がよく訪れる人気のスポットは、平日・週末限らず旅行者だらけですね〜。
ついこの前もお店の備品を買うためにドン・キポーテへ買い物へ行ったのですが、店内が外国人旅行者だらけでちょっと驚きました(笑)
ナンでも2022年10月に観光目的の旅行者の大幅緩和に伴って10月は50万人、11月は90万人、12月は130万人超えとものスゴい数の旅行者が日本を訪れているとニュースを見ました。
まぁ〜ダイブ、落ち着いたとは言えまだ$1が、130円と円安ではあるので日本へ訪れやすいようですね。
inbound

おかげさまで当店へご来店いただける海外からのお客さんもメチャ、増えてきました。
で、海外からの旅行者で国・地域別でみると、ニュースではダントツで韓国からが多くて、ついで台湾、香港・アメリカ・タイとなっているようです。
まぁ〜でもアジア圏から訪れる外国人は、見た目では、日本人なのか外国人なのか全然わからないので先に書いたような「渋谷で見かける外国人が増えたぁ〜」っていう見た目で判断している以上に訪日外国人が多いのかもしれません。
当店へ来店していただける韓国からのお客さんもホント、増えてきましたね。
コロナが始まる前、韓国からのお客さんは、まぁまぁいましたが割合からすると1割未満だったのが、最近だとソレが3割以上くらいにまで増えたような印象があります。

で先日、韓国からご来店いただいたレコード店オーナーさんとハナシをする機会がありました。
ナンでもnext recordsが韓国のDJたちの間で知られているらしく、どんなお店なのか訪れてみたとのコトでした。
ん〜海外のお客さんの間で当店がどんなお店だと思われているのかまったく解らなかったのですが、ナンかそんな風にnext recordsが海外で知られているってちょっとうれしいですね〜。
韓国でも世界的なアナログレコード人気と同じく結構、若い人たちがレコードを購入するようになってきているようですね。
オイラは、韓国へは90年代の後半に数回旅行に行ったきりなので今の状況がまったく解らないのですが、その当時の印象では、オイラは既にレコードビジネスに携わっていて観光目的で訪れた韓国ですが、一応レコード店をチェックして繁華街を回ったのですが、オイラが探し求めるアナログレコード店は、ひとつも見つけるコトが出来ませんでした。
当時は、CDが大量生産されている時代でしたからね・・・。
今のようなネット環境が整った時代でもナイですし、ソレこそ繁華街にある大手のCDショップへ行って音楽に詳しいお店の店員さんに「古いアナログレコードを探しているんだケド、ドコで買うコトが出来ますか?」っていう超アナログな口コミ頼みな探し方でしたからね。
でその当時、言われたのは、「地下街の古道具屋へ行け」とナン度も言われたんですよね。
で、案内された地下街の古道具屋を訪れると、家具や電化製品なんかと一緒に店の一角でレコードが無造作に積み上げられていて販売されているような状態でした。
イメージ的には、リサイクルショップでレコードが売っているってカンジですね。
しかも、扱っているレコードは、地元韓国の70〜80年代の歌謡曲がメインで中には、ナゼか日本盤のレコードがかなりの割合で混ざっているというカンジでした。
洋楽は、あまりなかったですね・・・。
トーゼン、オイラのお目当てである12インチシングルは、一切ナッシングっ!
せっかく、訪れているコトだしナニか探して1枚でも購入しようと思うのですが・・・まったく触手が動かず、結局1時間ホド掘ったのですが収穫は、ゼロでした。
その後、数店舗の古道具屋を訪れたのですが、内容的には同じで、結局オイラはソウルにはオイラが探している12インチシングルは売っていない・・・という結論に至りました。

しかしっ!ご来店いただいた韓国のレコード店オーナーさんのハナシによると今は、レコード店がとても増えている・・・というコトです。
オイラの浦島太郎状態の認識は、サスガにどうかと思うケド(笑)
ちょっとどんなカンジなのかGoogleでソウルのレコード店を調べてみたら結構たくさんのお店がありますね。
店内の画像を見たカンジでは、CD多めですが、新譜・中古のアナログレコードもたくさん在庫しているようです。
しかも・・・DJユースなClub Music専門のレコード店とかもあったりして・・・。

で、ご来店いただいたレコード店オーナーさんに「ビジネスは上手くいっていますか?」と訊くと
「まぁまぁ調子イイですよ」という景気のイイご様子です。
そして彼からは「どうやってレコードを仕入れているのですか?」って質問されました。
まぁ〜やはりお国は違えど、同じレコード店経営者です・・・考えているコトは同じですね〜(笑)
「最近だと、国内でのレコード買取や海外のディーラーからの仕入れがメインですね〜」ってハナシをしました。
「あなたの店では、どうやってレコードを仕入れているのですか?」って訊くと今回の訪日も仕入れメインで日本へ訪れたとのコト。
彼のお店は、SoulやJazz、シティ・ポップなんかをメインに扱っているとのコトなのですが、地元では、欲しいレコードの買取は、まったく出来ないとのコトでした。
「日本は、ローカルでレコードの買取が出来てイイですね・・・」って。
タブン、それぞれの国の音楽文化とかが大きく関わっていて、古いレコードとなるとその当時、ソレ等のレコードを聴いて楽しむ文化がその国にあったのか・・・っていうコトが、大きく関係しているんですよね。
日本に関して言えば、70年代後半から80年代にかけて音楽文化が大きくなったコトによって洋楽を楽しむという文化が育ったコトで当時、洋楽のレコードが大量に消費されたコトがかなり関係しているんだと思います。

next recordsが扱っている12インチシングルについては、やはり80年代のディスコ・ブームで輸入盤・国内盤が大量に販売されたし、その後、一般的にはレコードからCDへと音楽の聴かれ方は移り変わってきますが、90年代にはクラブ・ブームに加えてDJブームとなったのが幸いに今の国内での買取につながっているワケです。
そういったイミでは、ちょっと日本はアジア圏の中でもかなり特殊な事情が絡んでいるようなカンジですね。
で、韓国のレコードオーナーさんへ「海外へは、買い付けに行かないのですか?」って訊くと、「USやUKへ何度か行ったケド、費用の割にイイものが手に入らなかった・・・」って。
まぁね〜USやUKでは、2015年くらいからアナログレコードの人気は、盛り上がってきていましたからね・・・ソレは、next recordsも同じで買い付け費用とレコードの内容が伴わなくなって買い付けに行かなくなりましたからね・・・。
でも、飛行機で1時間ホドで訪れるコトが出来る日本で買い付けが出来るんだったら・・・って思うと、ちょっとイイのでは・・・って思うのですが。
逆にオイラが韓国へ行って買い付けが出来るんだったら訪れたいですケドね。

TWO FOR LOVE / HOLD ME  
TWO FOR LOVE / HOLD ME の試聴
next recordsのサイトでTWO FOR LOVEのレコードを探してみる

しかし、日本に来たからと言っても仕入れは、カンタンではナイと思うんですよね。
中古レコードの価格は、かなり世界的に均一化されつつあるし、人気のタイトルに関しては、高騰気味ですからね・・・日本に来ても安価にレア盤を手に入れるコトってホトンド皆無ですからね。
相変わらずシティ・ポップ目当てで当店へ訪れる外国からのお客さんは多いのですが、「ドコで買うコトが出来ますか?」って訊かれても「タブン、ドコにも売っていないと思います。」って応えるしか出来ないんですよね。
今回、当店へ訪れた頂いた韓国のレコード店オーナーさんの他にもオーストラリアのレコード店オーナーや香港のレコード店オーナーさん、台湾のレコード店オーナーさんとも同じ様なハナシをするのですが、どのオーナーさんも仕入れに関しては相当アタマを悩ましていますね・・・。
モチロン、渋谷のレコード店オーナーさんも同様ですが(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

kylie_putyourself_uk
以前に書いた記事でも少し触れていますが、ホントに「最近、レコードを聴きはじめましたっ!」って人のご来店がメチャ増えていたな・・・って実感している渋谷の12インチシングル専門のレコード店主です。
2023年は、1月4日からお店の営業をはじめたのですが、まぁ〜年始めというコトもあったり成人の日の兼ね合いで連休が続いたコトあってか、ご来店のお客さんがメチャ多かったんですよ・・・。
そんな多くのお客さんがご来店いただいた中でも特に多かったのが前記したレコードビギナーさんのご来店でした。
フツーにご来店いただいているだけでナンでその人が、レコードビキナーさんだと解るのか・・・って思われそうですが、そりゃ〜年齢とか明らかにレコード世代の人ではナイですからね・・・。
見た目で20代とか30代とかだったらココ1〜2年でアナログレコードに興味を持ったんだろうなぁ〜ってカンジですね。
でオイラは、そういった若いレコードビギナーさんとおハナシするコトに結構、興味があって積極的にソレっぽいお客さんにお声がけしているんですよね〜。
ナンかそういった最近レコードを聴きはじめた人から感じるレコードへのスゴくピュアな想いが、オイラにとってメチャ新鮮で・・・というか、長年レコード業界に身を於いているオイラ自身が、ホコリまみれになっている影響もあるのかもしれませんが・・・(笑)
そんな多くのレコードビキナーさんがご来店していただける中で思ったんですケド、当たり前ですが彼らはカンゼンにスマホ世代なワケですが、ナゼか実店舗へのご来店が多いような気がしたんですよね。
そういったスマホ・ネイティブな若い人達ってネット通販でカンタンにポチるっていうのがフツーだと思うのですが、ナゼかリアル店舗へ足を運ぶ・・・というのが、ちょっと不思議に思うんですよ。
まぁ〜物理的に地元にレコード店が1軒もナイっていうケースは、通販一択になると思うのですが、首都圏にお住まいであれば、ネット通販 or 実際にレコード店を訪れる の2つの選択が出来るワケですが、結構な人がリアル店舗へ足を運んでいただけるという・・・。
当店は、2000年から渋谷でレコード店を営んでいるのですが、2000年から2003年頃までは、カンゼンにリアル店舗での販売だったのが、その後、紙によるカタログ通販〜パソコンからのネット通販〜ケータイからのネット通販〜スマホからのネット通販っていうカンジでお客さんのレコードを購入する方法が移り変わっていったのを時代と共にまざまざとカンジていたんですよね。
一時期は、実店舗の売上よりも通販の売上が何倍も増えて「リアル店舗をやるイミあるのか?」って思った時期もあったぐらいです。
しかしっ!2022年くらいからですが、まさかの実店舗へご来店するお客さんの増加です。
まぁ〜その前に数年にも渡るコロナ問題もあったのですが、ココに来て一気にお客さんの購入パターンが大きく変化したのは、ナンでか・・・って思うんですよね。

以前にもこのブログで何度か言及したコトがあるのですが、欲しいレコード・探しているレコードが訪れるレコード店にアルのか?ナイのか?ソレが解らない状態でわざわざ時間を使ってレコード店を訪れるのは時間のムダだって多くの人が合理的に思うようになって実店舗へ訪れる人が少なくなって来たんだろうな・・・ってコトをヒシヒシとカンジていたんですよね。
なのでソレじゃ、実際にお店に訪れなくてもどんなレコードが在庫しているのかチャンと解るようにリアル店舗の在庫レコードをネットですべて公開すればイイのではっ!って言うコトで当店のオンライストアは出来たワケです。
この実店舗で在庫しているレコードが、ほぼリアルタイムでネットで解るというのは、レコードを購入するお客さんのニーズにアル程度応えられたようで、DJブームが下火になった中でもこのネット通販が当店の屋台骨を支えてくれたといっても過言ではありません。
タブン、コレをヤっていなかったら・・・ネクストレコードは、終わっていたかもしれませんね〜コワっ!
で、リアル店舗に訪れなくてもお目当てのレコード、欲しいレコードが購入できるという部分にフォーカスを当てまくって、在庫しているすべてのレコードの試聴が出来るようにしたりとか、このレコードが好きな人には、コッチもオススメですっ!ってレコメンド機能をつけたりとか、女性ボーカルモノだけを選抜したり出来るタグ機能とか次々と追加しネット通販を強化してきたわワケです。
そうしたトコロ、目に見えてご来店していただけるお客さんが減ってきて・・・先に書いたような「実店舗って存在するイミあるのか?」ってオイラは、思うようになっちゃったんですよね。
ま〜要するにリアル店舗とネット通販とでマーケティング用語的にいうトコロの「カニバリゼーション」が起こってしまい、渋谷のリアル店舗が敗北しちゃったんですよね。
店主的には、リアル店舗へのご来店いただけるお客さんは、現状維持もしくは少し増えて、ネット通販利用のお客さんは、全国規模で多くなればイイな〜って思っていたのですが、明らかに「お店に行かなくてもよくネ?」ってなっちゃったようです。
ナンていうか、当店スタッフの接客がネット通販に敗北した的なナンとも複雑な気持ちが・・・(笑)
そうはいっても「お店でネクストのスタッフのオススメを聴きながらレコードを選びたいです!」って言っていただけるお客さんもいてくださったりしたのもあって「イヤイヤ、ゼッタイにリアル店舗必要でしょっ!」って気持ちを切り替えたりしていきながらココ数年、やってきたワケです。
その後、2018〜2019年ころから海外からのお客さんが爆増するインバウンドがあって乗り越えるコトが出来ましたけどね。
まぁ〜コロナが始まった時は、ソレこそズドーーーンっ!とおもっきり落とされましたケド(笑)

で、ココに来てご来店のお客さんが再び増えてきた・・・って言うコトにレコード店主的には、とてもありがたいし嬉しいコトではアルますが・・・ちょっと思うんですよ、ナンでまたレコード店へ訪れる人が増えたのか?ってコトに。
外国から来た人が日本へ訪れてレコード店を訪問するのは解りますよ・・・だけど、日本人がナゼ、再びリアル店舗へ訪れるのか・・・しかも、スマホ世代でポチって買い物するコトにナンの違和感がナイ若い世代の人がリアルのレコード店へ訪れる・・・って。
その理由とは、はたしてナンなのか?っていうコトです。
オイラ的には、先に書いたように合理的に考えたら欲しいレコードがアルのかナイのかわかんないのに店に行くイミないって多くの人が思うようになったからネット通販に注力したのですが、ココに来て再びリアル店舗でのレコード掘りが増えてきているという現象は、ナゼ?ってカンジなのです。
あくまで推測でしかナイのですが、もしかしたら「レコードを購入する体験」にナンかイミがあるような気がします。
さんざん「合理的に考えれば・・・」ってコトを書いてきましたが、合理的に考えれば今の御時世で、レコードプレーヤーやオーディオ機器を買い揃えてアナログレコードで音楽を聴くという行為自体がかなり非合理な状況です。
うん、一般のフツーに音楽を聴いている人からすれば、「音楽をわざわざレコードで聴くイミってナニ?」ってちょっと変人扱いされる部分もあるかもしれません(笑)
しかし、安価でソレこそ一生かけても聴くコトが出来ないくらいの数の音楽がお手軽に聴ける状況にありながら、敢えてアナログレコードで楽しむという非合理な方法を既に選択した人からするとカンタンにレコードが買えるってコト自体が当たり前スギてつまんないのかもしれないのあかなぁ〜ナンて思うんです。
アナログレコードで聴くという体験こそにイミをカンジた世代は、もしかしたらアナログレコードをレコード店へ訪れて購入するっていう体験まで楽しんでいるのかもしれませんね。

KYLIE MINOGUE / PUT YOURSELF IN MY PLACE
KYLIE MINOGUE / PUT YOURSELF IN MY PLACE の試聴
next recordsのサイトでKYLIE MINOGUEのレコードを探してみる

先日、レコードビキナーさんとハナシしていて「レコード店の店員さんとこんな風にハナシしながらレコードを選ぶんですね」って言われて、「はっ!?そうなのか・・・若い人ってレコード店で音楽を店員に相談しながら買うって言うコトが今までなかったのか・・・」って思ったんですよね。
訪れたお店で店員に声をかけられるコト自体が「ウゼーーーっ!」って思う人もいるかと思うのですが、ことレコードに関しては、レコード店のスタッフと顔見知りになっているだけでその情報量や話題で相当なメリットがあると思うんですケドね。
そういったちょっと濃密な接客対応をしてくれるレコード店って多くは、ナイかもしれませんが、自分の想定外からの「ナンだコレ?メチャ、カッコいいっ!」って曲をレコメンドしてくれるっていうコト自体は、かなりイイコトなんじゃないかな〜って思います。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

moderntalking_cheri_pr
今年最後の「渋谷レコード店日記」となります。
毎年恒例の今年1年のダレも気にもしていないであろうと思われる(自虐史観です-笑)零細中古レコード店の2022年は、どんな1年だったか的なハナシです。

とりあえず当店をサポートしていただけるお客様のおかげで、ナンとか無事、2022年を終えるコトが出来ました。
本当にありがとうございます。

2022年は、ようやく経済的にもコロナの影響を脱しつつあるのかな・・・ってコトが、個人的には結構実感するコトが出来たようなカンジの1年でした。
ご来店のお客さんに関しては、まぁ〜とにかく、このブログでも散々書いていますがレコード人気の波及が凄まじい限りでお客さんの来店数がメチャ増えてきましたね。
特に週末の土曜日&日曜日は、常連のお客さんに加えて初めてご来店いただいたと思われるお客さんが狭い店内で右往左往しているシーンが結構見受けられえました。
しかもっ!2022年は10月頃から海外からの渡航制限が解除された影響もあって外国からのお客さんが激増しましたね。
カラダのデカい外国人&日本人でひしめき合う狭い店内・・・ちょっと、スゴいな・・・コレは・・ってもしかしてキテいるのか?って錯覚するくらいです。
そんなココ最近の様子をカンジて前回記事を投稿した次第であります。
レコードってホントに人気なのか? 2022年版

ご来店いただけるお客さんは、相変わらずオッサン率が高いのですが、コロナ前の2019年に比べると目に見て明らかな様に20代〜30代の若い世代のお客さんが増えているコトが実感出来ます。
2022年11月の売上を先日、計算していて判ったのですが、コロナ前の2019年の同月を超える売上だったんですよね。
世間のニュースでは、コロナ前への経済復活のコトを言われていますが、当店に関してはとりあえずその部分は、クリア出来た模様です。
まぁ〜考えられるのは、日本でのレコードへの再評価の高まりが一部のマニアから一般層にまで拡がったコト、そして日本への入国の規制緩和で外国人が増えたコト & レコード針(カートリッジ)の販売が好調なコトが挙げられます。

レコード針(カートリッジ)の店頭販売は、2020年から始めたのですが、コレが特に凄まじい売上をあげているんですよ。
というか、そもそもカートリッジ1本の単価が1万円以上なので売上もそりゃ増えますよ。
レコード針(カートリッジ)に関しては、すでに所有している人からの交換針のニーズもあるのですが、ソレ以上に多いのは、新規でカートリッジを購入していただけるお客さんがとにかく多いんです。
そういった新規でカートリッジを購入していただけるお客さんの接客をしていてカンジるのは、最近レコードで音楽を聴きはじめたと思われる所謂「レコードビキナーさん」の割合がメチャ増えているような印象です。
新規でレコード針(カートリッジ)を購入していただいたお客さんには、「カートリッジのセッティングって解りますか?」ってお訊きするのですが、既にレコードで音楽を嗜んでいる人は「あ〜大丈夫ですっ!」ってなるのですが、レコードビキナーさんは、「ちょっとよく分からないです・・・」ってなるので店頭で針圧調整とかの実演をしているのですがタブン、今年1年だけ100回以上解説したんじゃないかなぁ。
レコードの売上 + レコード針(カートリッジ)売上が、今年の後半くらいから一気にハネたってカンジですね。

一方、ちょっと今後、懸念される事項もあったりします。
ソレは、仕入れに関するコトなのです。
レコードが人気になってお客さんに購入していただける、そしてさらに商品、つまりレコードを仕入れて店頭に追加するというサイクルでレコード店は、運営しているのですが、今年1年だけで明らかに店頭の在庫数が減少しています。
コレまでは、レコードの在庫が増えてきた・・・ヤバい、どうしようってコトを記事にしたコトが何度かあります。
更に店頭在庫のレコードが増殖してきたコトからの考察
あ〜上記の記事は、コロナ前の2019年9月に書いていますね・・・。
「もうレコードが増えまくってどないしましょう〜?エラいコッチャ・・・」って書いていますね。
で、上記から3年が経過して今度は「アカンっ!レコード棚がスカスカやっ!レコード足れへんがな・・・どないすんねんっ!」ってなっています。
コレまで当店は、レコードの在庫に関して如何にしてレコードを捌いて在庫を減らすかってコトに苦心してきたのですが、まさかエサ箱に空きスペースが出来るホドになるとは・・・思いもよりませんでした。
要するにこの状況は、売れ行きと仕入れのバランスが不釣り合いなトコロから発生していると思われます。
で、ココに来て円安ですよ・・・さらに世界的なレコード価格の高騰・・・というダブル、パンチを喰らっています。
先日、気になるレア盤がeBayに出品されていたので、「よ〜し目玉として落札してやれっ!」ってウォッチしていたのですが・・・オークション終了の前日でオイラが落札を希望していた金額の3倍の入札額になってあえなく撃沈しました。
というか、人気盤は当店の販売価格よりも高くなっている事態になっています。
その他、20枚ホドに入札をしたのですが、オークション終了の5秒前にアウトビッドされて1枚も落札出来ませんでしたぁーーーーっ!
朝の4時から起きてガンバっていたのですが、カンゼンに骨折り損のくたびれ儲けでした。
恐るベシっ!世界のレコード・マニアの熱量っ!ってコトをまざまざと見せつけられたってカンジですね。
そりゃ〜eBayですらそんな状況ですから海外から訪れるレコード好きな外国人にしてみたら基本物価が安くて、しかも円安の日本でレコードを買うとなると「うひょーーーーっ!」ってカンジで大フィーバーしちゃいますよね〜。
先日、当店の直ぐ側にあるManhattan Recordsさんの店頭で100円レコードセールを開催していたのですが、外国人のお客さんが100枚以上のレコードをピックしていましたからね・・・いったいそんなに大量のレコードどうやって持って帰るんだろう・・・ってちょっと心配になりましたが(笑)
仕入れに関しては、今後どうなっていくのか・・・仕入れ値の高騰に併せて販売価格もジワジワと上がってくるのは、明らかですからね。
ん〜このコトについては、お店的にはちょっとイロイロと考えなきゃイケないでしょうね・・・。
とは、ちょっとした不安な気持ちもある中でも昨日、1000枚オーバーの買い取りが決まったばかりなので、まぁ〜ナンとかシノいでイケるかも・・・(笑)

次に来年へ向けてのハナシなのですが、2023年は、next. recordsのオンライショップのHPのリニューアルを検討しています。
というか、既にその方向へ向けて舵は切りつつあるのですが、その判断は、2023年の1月末頃に決まりそうです。
今のHPも決してダメではナイのですが、昨今の世間で求められるセキュリティ面でのニーズの高まりに対応しようとすると現状のHPでは、あと数年で対応が難しくなる状況になりそうなので事前に対策をしておこう・・・ってカンジです。
今以上により買い物がしやすくなるようにしたいと思っているのですが、果たして出来るのか・・・ってカンジですね〜まぁ〜ガンバらせてもらいますケドっ!キリッ(`・ω・´)

MODERN TALKING / CHERI, CHERI LADY
MODERN TALKING / CHERI, CHERI LADY の試聴
next recordsのサイトでMODERN TALKINGのレコードを探してみる

とりあえず、2022年も大きなトラブルもなく渋谷の片すみで中古レコード店を営むコトが出来ました。
世間ではアナログレコードの置かれる状況に関しては、近年稀に見るビッグウェーブが、起こっているのカンジが当店のような零細レコード店にも及んできました。
前回の記事で紹介した年商10億円のレコード店さんには、遠く及びませんが、当店もせめて年商1億円を目指したいと思います(笑)
イヤ・・・冗談ですからね〜真に受けないでくださいよっ!

というワケで、今年1年、渋谷 next recordsをご利用いただき本当にありがとうございました。
2023年も「ナンだ!?このレコード・・・見たコトないぞっ!」って思ってもらえるような素晴らしいレコードをご紹介できるように誠心誠意、努力する所存でございますっ!
今後共、ご贔屓にしていただきますようヨロシクお願いいたします。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

cassioware_fantasy

さ〜って今回は、レコードのコトについてどんな記事を書こうかな・・・ってアナログレコードに関する内容が書かれたニュースサイトをネタ探しでイロイロ見て廻ったのですが、もうホント、「アナログレコード人気」について書かれたニュースが連日投稿されていますね。
一応、オイラはこの「渋谷レコード店日記」の記事を書くにアタリ、記事のネタになるようなレコード関連のニュースを常にウオッチしているのですが、ホボ毎日、Goolge様から「レコードの関するこんな記事が書かれているよ」ってカンジでアラートが届きます。
まぁ〜どの記事を読んでも内容的には、「レコードの販売売上が前年度の●倍になった」とか「●●が、アナログレコードで再発される」とか、「レコードプレーヤーの新製品が発売!」とか、ほとんどコレまでに既にあった記事を少しアップデートしたような内容でドレも似たり寄ったりなカンジですね。
ん〜レコードの人気ね・・・オイラは、世間一般的に言われている「アナログレコード人気」についてちょっと懐疑的な見方をしているトコロがコレまであったのですが、つい先日とあるレコード店オーナーさんがYouTubeで配信されたインタビュー動画で今年度の売上について語るシーンを見てカラダに稲妻が疾走るホドの衝撃をうけました・・・。

動画のサムネに「年商10億!」に書いていますがっ!
年商10億円・・・スゴいっ!
ビジネスモデルとしては、当店と同じ様にレコードを買い取りして販売してというカンゼンに一致している所謂、「中古レコード販売の基本モデル」なのですが、かたや年商10億円・・・いっぽう当店はというと・・・ソコソコ・・・。
ん〜イヤ〜でもこの動画を見て思ったのですが、中古レコードの販売もなかなかまだまだ夢があるな〜ってカンジましたね〜。
というか、多くの零細中古レコード店主は、この動画を見てかなり勇気づけられたんじゃないでしょうかね〜(笑)
ちなみに上記の動画のFTFさんというのは、当店と目と鼻の先にあるレコード店、Face Recordsさんを運営している会社さんです。
年商10億円というのは、単純にその1年間に販売で得た売上であるので経費を差し引いた利益がどれくらいなのか、全然わからないのですが、中古レコードの販売だけで年商10億円というその巨額な数字だけでも「うぉっ!スゲーーーっ!」って思っちゃいました。
ま〜FTFさんは、販売のスケールというか規模が、まったく当店とは比べ物にならないくらいのビッグビジネスですからね。
5つの中古レコード店の運営 & eBay等のネット通販の運営がウマく出来れば、10億円の年商を達成できるっ!ってコトですからね。
ホント、スゴいっ!・・・当店も年商10億円を目指しますっ!(笑)
トコロで、日本の中古レコード業界の巨人、ディスクユニオンさんは、Wikipediaによると売上高    100億円オーバーだそうです。

一方、今年は、渋谷でも老舗のレコード店が破産によって営業停止したりというコトもありました。
レコード回帰の動きの中で・・・
明らかに対極的ですよね・・・かたや年商10億円でもう一方は、破産によって営業停止という・・・こういったレコード店の命運をわけるのはやはり店主のビジネススキルによるものなのでしょうかね・・・。
そして、渋谷でもまた新しい動きがありました。
渋谷に 中古レコード・CDショップ レコファンが復活!?
コロナ禍の真っ只中の2022年夏に26年間も長きに渡って営業していた渋谷レコファン BEAM店が惜しまれながら閉店しました。
その時の記事は下記になります。
コロナの影響で渋谷のレコード店が閉店
あのコロナ禍、真っ只中から2年余りが経過したのですが、2022年12月にレコファンが渋谷に新店舗での営業を再開したというニュースです。
しかも場所は、渋谷駅の真ん前っ! MAGNET by SHIBUYA109 という立地の良さです。
現在は、プレオープン中というカンジでお店の営業をしながら2〜3ヶ月かけて在庫を増やして完全オープンを目指すというカンジのようです。

ん〜こういった状況を考えると・・・明らかに、レコード人気が昨年よりも高まって来ていると言わざるを得ませんね・・・。
具体的な数字は、FTFさんの年商10億円だけですが・・・ま〜雰囲気というのも大切ですからね。

今回の記事のタイトルを
「レコードってホントに人気なのか? 2022年版」ってしたのですが、実はこの「レコードってホントに人気なのか?」は、定点観測記事的な内容として過去にも言及したコトがあるテーマなんですよ。
前回のは5年前に書いています。
レコードってホントに人気なのか? 2017年版

でその前は、8年前に書いていますね。
レコードってホントに人気なのか? 2014年版

で、さらに10年前の2012年にも同様にレコード人気について書いています。
レコードってホントに人気なのか?

イヤ〜我ながらスゴいなぁ〜って・・・長年ブログを書き続けているとその当時に思ったコト、カンジたコトが想い返すコトが出来る的な・・・(笑)
で、上記で「レコード人気」について10年にも渡り書き続けているワケですが、2022年の今の状況はというと・・・当店にもそのレコード人気の影響が多少、波及してきたようなカンジがします。
ホント、まだまださざ波程度ですケドね。
というのも、ココ最近、DJプレイでのアナログレコードのニーズがジワジワと高まってきているような様子がうかがえるようになったんですよ。
この「渋谷レコード店日記」ブログの影響も多少あるのかもしれませんが、新たにご来店いただいたお客さんから
「DJプレイに興味があるんですが・・・」とか「どんな機材が必要ですか?」ナンて質問をよくされるようになりました。
また時々「12インチシングルってLPとどう違うのですが?」なんて12インチシングルに興味があるような内容の質問もあります。
コロナも影響も多少、収まってきて尚且、海外からのお客さんも結構、増えてきて・・・ちょっと、波が来てるかも・・・?ってカンジるようになりました。
まだまださざ波ですケドね・・・(笑)

CASSIOWARE feat. SAJAEDA / FANTASY
CASSIOWARE feat. SAJAEDA / FANTASY の試聴
next recordsのサイトでCASSIOWAREのレコードを探してみる

2014年に書いた「レコードってホントに人気なのか?」で
アナログレコード 流行
ってキーワードで検索したらどんな結果だったのかって記事にしているのですが、2022年ではどうなっているのだろうって8年ぶりに同じキーワードでググって見ました。
google-reserd

ん〜やはり、今年や昨年にレコード人気について言及された記事がドカドカ出てきますね。
で、ちょっと面白いのがGoogle検索の下の方に表示される関連キーワードに
「レコードブーム 終わり」
「レコードブーム 嘘」ってキーワードが表示されているという(笑)
まぁ〜ブームと言うものは、必ずいつか終わりを迎えるものなのですが、オイラがこの「レコードってホントに人気なのか?」を10年前に書いてから今だ「レコードブーム」は、継続中であるコトを考えるといったい、いつまで続くんだろう・・・ってちょっと思いますね。
もしかしたら、このままあと10年つまり2032年も「アナログレコードが人気ですっ!」ってヤってるのかな・・・知らんケド(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

↑このページのトップヘ