イメージ 1

ヤっちゃいました・・・。
いつも通り店の営業を終えて、帰宅途中にバイクで転倒してしまいました。
まぁ~幸いにも完全な自損事故で被害者がいなかったので良かったです。

状況としては、交差点で左折の時に路面に敷き詰められたマンホールをウッカリ踏んでしまい「ツルっ!!」と滑って「ガッチャーーーン!!」ってカンジでした。
いつも、バイクの足元にレコードを入れたバックを置いたりしているのですが、この時はレコードは、一切持っていなかったので、道路にレコードをブチ撒けるコトもなかったので良かったんですが、カラダの方がヤバかったです・・・(笑)
バイクでコケる時って「あ~もしかしてコケるかも・・・?」って予測してコケちゃう場合が多いのですが、この時はホント、予測もナニもイキナリ「ツルっ!!」っと後輪が横に流れて足を付く間もなく転倒したのでコケた時は、一体ナニが起きたのかワカラナイくらい一瞬の出来事でした。
コケた時に、後続のクルマに轢かれるおそれがあるのでスグに立ち上がろうと思ったのですが、カラダを地面に強く打ち付けた影響で呼吸が出来なかったんですよね~。
しかも左足がバイクの底部に挟まってその部分も「ズッキーン!!!」っと痛みがあったりして。
ソレに胸から背中にかけて尋常じゃない痛みもあって、マジで苦しかった・・・。
ナンとか立ち上がったんですが、呼吸が出来なかった影響でその場で、しばらくうずくまってしまいました。
とりあえず、2~3分で浅く小刻みであれば呼吸が出来るようになったので、自宅も近くだったのでナンとか自力で自走して帰るコトが出来たんですけどね。

自宅に帰ると地面とバイクに挟まっていた左足は、ズルズルにスリムケて出血 & モノスゴい腫れ。
ま~足の方も痛かったのですが、とにかく背中と胸が「ズキっ!ズキっ!」って痛むので、もしかして肋骨が折れて皮膚を突き破って飛び出てきてるんじゃないかって思ってシャツを脱いで裸になってチェックをしたりしました。
ホントに、ソレくらい痛みがあったんですよね~。
とりあえず、胸と背中には外傷はなかったんですが、まともに呼吸が出来ないし、痛みはヒドイので家族の運転するクルマで近くの救急病院へ行くコトにしました。
レントゲンやらCTスキャン等チェックすると「肋骨多重骨折」という診断でした。
また、胸の中にも出血があるとのコトなので、急遽入院するコトになりました。

入院・・・と聞いて真っ先に、「お店どうしよう・・・」ってコトがアタマをよぎりました。
ん~ヤッパリ、小さなショップなんでそのコトが真っ先に気になりました。
オイラがいなくちゃナンにも前に進まないナンてたいそれたコトは思ってはいませんが、他のスタッフに負担もかかるしナンらかの影響は確実にありますからね。
「しばらく入院するコトになった」というコトをお店にスタッフに連絡すると「お店は大丈夫だから治療に専念するように!」という頼もしい返事があってホント、助かりました。
幸いにも、胸の中の出血も止まっていたので2日間だけの入院で済みましたが、骨折の方はスグには直らないのでしばらく自宅治療となっています。

しかし、お店をはじめて15年あまり・・・。はじめてですよ。治療とはいえ、こんなに休んだのって・・・。
今は、自宅に居てても海外とのやり取りもメールで出来るし、仕入れの代金の支払いもオンラインで出来るし、お店の売れ行きなんかもネットで逐一チェック出来るので、店に居ないとナンにも出来ないって言うワケでは、ナイんで大きな支障にはならないんですよね。
また、オイラが自宅療養している最中も、店のスタッフがキチンと金曜日更新分のデータ制作も進行してくれているし、通常のお店の営業もやってくれるしホントに信頼できる仲間がいるというのはありがたいコトです。
というか、オイラが戦線離脱してもナンにも支障ナイんならもしかして、オイラが居なくても全然店的にはOKなのかって・・・ん~そう考えるとちょっと危機感が・・・(笑)

レコード店の店主が、ケガして入院すると、どうなるのか・・・?
店主独りで営業しているショップなら確実に、即「休業」になって療養期間中は、店頭の売上もナイし、オンライン販売で購入されても発送が出来ないし、ソレによってお客さんからの信用は無くなっちゃうし大ダメージになりますよね。
ケガや病気による入院や治療が何ヶ月も続くようなら、ヘタすりゃ最悪「閉店」まで考えなきゃイケなくなったりと、かなり深刻な状況になるかも知れないしね。
そう考えれば、ホントに信頼できるスタッフがオイラが居なくてもちゃんとお店を営業してくれているってスゴく助かりました・・・。
オイラが入院してもナンの影響もなくnext. recordsの営業が継続出来ているっていうのは、マジで心強いです。


しかし、バイクで派手に転倒しちゃうなんて30年ブリくらいです。
よくテレビのニュースで、中高年ライダーが「ムカシとった杵づか」でバイクに再び乗り出して若い時の感覚で乗るものだから事故が増えてるって紹介していたんだけど、オイラもソレなのかも知れない・・・(笑)
10代~20代の初めの頃って、バイクのレースに出走したりしていたので、「腕に自信はナイか・・・?」って聞かれたら「タブン、自信ある」って思ってますしね~。
あ~ヤバイね、ホントに気をつけないとネ・・・。
だけど、まさか自分の入院をこの「渋谷レコード店日記」に書くコトになるとは、思いませんでした(笑)
ま~でも、ケガをして入院してお店と自分の健康管理ナンカについてマジメに考えるコトが出来たりしたのでいい経験だったのかも知れません。
「ホント、健康第一だなぁ~っ」てつくづくカンジた次第であります。