イメージ 1

内容は、前回のエントリー
「レコードショップの閉店について 」
のつづきです。

実店舗のレコードショップの閉店が相次いでいますが、お店を閉店してもオンラインでの販売を続けているところをみると実店舗での営業コストがネックになって実店舗を閉店している様に思います。

渋谷 宇田川町のレコード屋街でのテナントビルの路面店(テナントビル1階のお店のコト)の家賃は、想像を絶するほど高いです。
その上に、仕入れの費用やスタッフの給料などの必要経費などが乗っかってくると1日に1000枚のレコードを売っても運営は楽ではありません。
実店舗ではたくさんの枚数のレコードを売り続けることでしか成り立たないビジネスなのかもしれません。
特に利幅が高くない新譜のレコードや再発のレコードを扱っているところは大変だと思います。
それでも今まで営業できたのは、それだけお客さんがお店に来てレコードを買ってくれていたからだと思います。
レコードを買っているお客さんの数が年々増えるわけがないので(むしろ減少傾向)リアルのお店で今までレコードを買っていたお客さんの何パーセントかはオンラインで購入する方に移行すれば確実に来店してくれるお客さんの数は減るワケです。

オンラインでの販売は、実店舗に比べるとコストに対する利益率が高いからお店は閉店してもオンライン販売は残すのでしょう。
よく言われている様に「レコードが売れていない」のならオンラインでの販売も辞めて撤退するんじゃないでしょうか。
じゃ、「レコードは売れているのか」と言われると以前ほど売れていないとしか言えないのですが・・・

実店舗でのレコードの販売は、オンラインでの販売では実現出来ない
「対面販売ならではのメリット」がないと運営していくのは難しいのかも知れません。
実店舗で対面販売ならではのメリットが、具体的になにかということが、明確でないからコストのかかる実店舗を閉店する方向に向かっていく様に思います。

一方オンライン販売ならではのサービスの可能性のコトを考えれば、アイデア次第でまだまだアナログレコードが売れるんじゃないかなぁと個人的には思っていたりします。

ここからはnext recordsがメインに扱う中古アナログレコードの話になるのですが・・・
(そもそも新譜のレコードと中古のレコードを同一のように語ること自体かなりムリがあるのですが・・・)
最近よく言われているような音楽業界の不振というのは中古レコード(アナログに限ってですよ)に関して言えば個人的にはそんなに大きく関係がないように思っています。
違法コピーやダウンロード販売で音楽業界では利益が出しづらいというのは音源だけに限ったハナシで、
アナログレコードが好きな人には無縁のことなんじゃないでしょうか。
アナログレコードというコンテナーに愛着を感じている為にMP3やCDは代替えにならないのです。

確かに、コレから先、今までのメインのアナログユーザーであったDJの人達のニーズは低くなるのですが、好きな曲のアナログレコードを収集するというコレクション目的のニーズが最近では際だって多くなった様な気がしています。
また、オンラインでの販売を続けてきて感じたことなんですが、お店に来てくれるお客さんが買わないようなレコードがオンライン販売では思っている以上に売れたりなんかします。
これまでは「DJ●●がPLAYしている」や「DJ▲▲のMIX CDに収録」といった第三者からの情報で売れ行きが結構左右していたのですが、個人の価値観で自分が聴いて選んだレコードを購入するというケースが多くなってきている様に感じたりします。
「なにか欲しいモノや判らないことがあればすぐに検索する」
というのが実生活において当たり前になってきています。こういったお客さんて、多分、検索してnextにたどり着いてレコードを買ってくれたんだと思うワケです。
マイナーなレコードほど競争相手がいないので購入に結びつきやすかったりします。
それに来店してくれるお客さんの中でもnext recordsでは「1本釣り」のお客さんがすごく多かったりします。
(「1本釣り」・・・レコード棚を隅々までCHECKしないで、お目当てのレコードだけを購入する買い方。)
これは、あらかじめサイトで在庫を確認してから来店して購入するという買い方です。
こういったケースは、オンライン販売とリアル店舗を営業しているならではの購入パターンだと思います。

オンライン販売ならではのメリットを生かせばアナログレコードもまだまだ売れると思うワケです。
(かなり希望も込められていますが・・・w)

アナログレコードが売れていないといわれているなかで、国内だけでなく海外でもオークションでは一部のレアなレコードが高額で落札されていますし、海外でのアナログレコードの相場は数年前に比べてかなり上がっていると実感しています。 
$1コーナーから販売価格が4~5000円クラスのレコードが出てくる事なんて全くないとは言いませんが、ホボ皆無です。
世界的にアナログレコードが売れていなければ、ニーズそのものがなくなるわけですから本来ならば価格が安くなるはずだと思うのですが海外では、高くなっているところをみると単純な事情ではないような気がします。

そういった事から、アナログレコードが売れる可能性が全くゼロだとはオイラは思ってないんですよ。
アイデアと努力次第では、ちゃんとそのレコードを欲しいと思っているお客さんに希望するレコードを届ける事が出来ると現状では思います。(5年後は解りませんケドね w)
レコード屋の営業はキビシーものがないっていうワケではないのですけどね~。
それよりも気になっているのは、新しくレコードの事を好きになってくれる世代が出来にくい状況である事の方が心配です。

PINK FLOYD / RUN LIKE HELL
PINK FLOYD / RUN LIKE HELL の試聴

2008年初のエントリーですが、ちょっとおカタイ内容になってしまいました・・・

今回紹介しているPINK FLOYD / RUN LIKE HELLは、今年のnext recordsの心意気をまさに象徴しているタイトル RUN LIKE HELL からピックアップしてみました。


今年もnext recordsをどうぞよろしくお願いします。