イメージ 1

最近、大手の新譜レコード店でのMIX CDの取り扱いタイトルが
スゴい多くなってような気がしませんか。

あるお店のスタッフに聞いたら、日によってはレコードの売り上げより
MIX CDの売り上げの方が多かったりする時があるそうです。
MIX CDって結構売れてる様なんだけど、以前に比べてレコードへの影響って
全然感じられないんですよね。

またまた昔話なんですが、以前まで人気のMIX TAPE
(その頃はCDではなくほとんどがテープだった。)
がレコードに及ぼす影響って絶大だったんですけどね。

例えばこんなカンジです。

今みたいにネットとかは、まだまだ浸透してなかったので
電話で在確(在庫確認のこと) がかかってくるんですよ。
(お客さん)探しているレコードがあるんですけど。在確いいですか?

(レコード店員)はい、どうぞ。

(お客さん)何枚かあるんですけど。構いませんか?

(レコード店員)いいですよ。言ってください。

(お客さん)えーとですね●●●●の●●●●。

ってカンジで、MIX TAPE に入ってる曲のA面のタイトルをその順番通り
言ってくるんですよ。A面の後にはモチロンB面の曲も言ってきます。

これってちょっと極端なカンジですが、当時はホントに
こういうレコードの買い方している人多かったですょ。

あと、そのMIX TAPEに入っているまんま同じMIXしか認めないぞ! 
みたいな買い方とかね。 もうちょっとでも違ったら絶対ヤダって感じですね。

収録のMIXとかで一瞬だけ違う曲のブレイクとかいれる時あるじゃないですか。
「あのブレイクの部分のレコードも探しているですよね~」ってサラリとお客さんが
言ったりすると苦笑しちゃいます。
「DJやるときあのブレイクが必要なんですよねー。」
って、マジメに言われたりしましたよー。
もう、それじゃそのテープをDJする時にかければいいじゃんって思いますけどW

でも、ホントにその頃はMIX TAPEの後追いでレコードを買っていく人が多かったです。
レコード店のスタッフが、「これも良い曲ですよ~^^」 って頑張ってオススメしても
なかなか購入までは険しいのですが、MIX TAPEに収録されたら即売れですからね。

もう、当時は日本中のレコード屋がそんな感じの売れ方してたんじゃないかな。
レコードを買い付けるバイヤーもそういったMIX TAPEに収録されたタイトルの
レコードばかりガン売れするもんだから重点的にそれを探したりね。
当然、今まで掃いて捨てるホド大量にあったそういったタイトルも
バイヤーが全買いするんで一気に海外でもなくなってくるようになるんですよね。
海外のレコード屋のオヤジも来る日本人がみんな同じレコードばかり買っていくので
「あー日本で人気あるんだな~」 って気づいて値段が上がっていくんですよ。
もう絶対、こんな盤、日本人以外買わないと思えるレコードが、
前回来たときは 5$だったのが次来たときは20$とかね。

でも、最近のMIX TAPEではある曲が収録されてもそんなに多くの人が
探し出したりとか実感としてオイラは無いんですよね。

大手レコード店に勤めている友人の話では、
以前はレコードを買っているDJやDJ予備軍のお客さんがそういったMIX TAPEを
買ってたのが最近はクラブとかにフツーに遊びに行くけど自分では全然DJをしたいって
思ったりしない一般のミュージックリスナーが多いって言うんですよ。
まぁ、確かにクラブ系の音楽ってMIXされている方がノリがいいし、
たくさんのアーティストやタイトルがMIX CDに入ってお得感があるんですよね。
でも、そういったMIX CDとかは著作権とかの許可なんて当然クリアーになってない
イリーガルなモノだからタワレコやHMVになんて売ってないしね。
DJや予備軍の数とクラブにフツーに遊びにいく一般リスナーの数だと
100倍くらい一般リスナーの方が多いと思うんですよ。
だから、CDは売れて良い曲が入っててもレコードを買ってみようって
当然、思わないんですよね。
CD買って聴いて「あー良いなこの曲・・・」で終わりみたいです。

まぁ、一部ではブート盤を作る予定の曲をあらかじめ自分達で作る
MIX CDに入れておいてMIX CDを売り出して、ある程度浸透した頃に、
ここぞとばかし自分達で作ったブート盤を売り出すみたいな自作自演の
販売の方法っていうのをやってるようですけどね。

近頃リリースされているMIX CDの傾向を見てみると
●後に名MIX TAPEと言われたりしたテープの復刻版CD
●毎月リリースされる新譜のレコードを紹介するマンスリー系
●あるテーマに沿った曲やMIXで作られる企画モノ系
ってカンジでMIX CDが売り出されてますね。

オイラが思うのは、今は販売して利益を得るというビジネスが成り立ってる
と思うけどある時期が来たら、もしかしたらプライスがつかなくなって
来るんじゃないかなって思うんですよね。
理由はコピーの氾濫ということと、著作権ということですね。
あんまりCDが売れすぎるとそれをコピーして売ったりなんかする人が横行したり。
売らなくても 友達に気軽にコピーしてあげたりなんかしてね。

そこに権利の問題が絡んで来たりしてなんかすると
MIX CDを作る業者がJASRACにつるし上げられたりして、スゴい金額の賠償金を
請求されたら業者はビビりますからね。

あと、結構「俺のMIX聴いてくれ」系なダウンロードサイトも多いし。
今現在、お店で売られているMIX CDの全てのモノが本当に売るに値する内容で
価値があるモノなのかっていう事も思うのですけど・・・
5-6年前のMIX TAPEは今よりもっとアイデアがあって1000円払っても良いって
思えるモノだった様な気がするんですけどね。


今回は
TATYANA ALI / DAYDREAMIN'

1998年にリリースされたカワイ子ちゃん系R&Bナンバーです。
個人的にはもうちょっと評価されても良い曲だと思っているんですけど
なかなかR&B好きな人達には無視されている感じですね~この曲は。

人気がある要素ってのはこの盤には結構入っていると思うんですけどね。
たとえは、TRACKはLORD TARIQ & PETER GUNZ / DEJA VU まんま使いだし
歌はいわゆる胸キュンタイプのキャッチーナンバーで、サビもいい感じに
耳に残る曲なんですけどね~。

プレスの数が多いからかなっと思ったんですが1998年って今からだと8年前だしね。
もう、かなりの数のレコードは消滅していると思うのですが。
もしかして、TV CMとかで使われたら人気でるのかな。

ま~もっとMIX CDとかの内容に左右されず自分で聴いて「この曲良い!」って
思ってくれる人が沢山増えるといいな~と感じるのでした。

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/rb/t/tatyanaali_daydreamin.ram

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com