イメージ 1

これを読んでる皆さんはレコードを買いに行く時、

1人でレコード屋に行きますか?
それとも同じ趣味のレコード仲間とか彼女とかと一緒ですか?

オイラはダンゼン1人でレコードを買いに行く派です。

たしかに同じ趣味の友達とつるんでレコード屋巡りするのは楽しいです。
ひと仕事終わった後で茶店で「今日の成果の品評会」とかはじめたりして
盛り上がったりなんかしますよね。

だけど、ホントに欲しいレコードが出てしかもそれがマジでレア盤で、
売られてる値段が考えられないくらい破格の安さだったら・・・
もし、オイラがそのレコードを引いた時だったらですね~
モチロン、いただきますよ。その相方も欲しがってるの知ってるけど
「悪いね~」 なんてフォローを入れつつ
(実は全然悪いなんて思ってない)ラッキーってカンジですよ。
気分もモチロン、アガりますよ。

レコ掘り後の品評会でも上機嫌ですね。相方をよそに。

一方、その逆で相方にレア盤を目の前で抜かれた立場だったら・・・
イヤ~オチますよ。マジで。
その日イチニチもう気分はサゲサゲですね。
表面上はですね、大人な態度を一応は取ってますがハラの中では
煮えくり返ってますね。

「コイツさえいなかったらそのレコードは、俺のモノだったハズなのに。」

しかも、レコード屋巡りに行こうよって自分から誘っていたりしたら・・・
「俺のおかげでそのレコードが買えたんダロ!感謝しろ!」てなりますね。

なんかこんな事を書くとオイラって超ヤなヤツみたいなカンジですが、
こういう風にならないよう事前に防ぐ意味でもレコード掘りは基本的に1人って決めてマス。

レコードに全然興味がない友達とレコ屋巡りもダメですね。気を使って。
やっぱりじっくり見たいじゃないですか。
例えばレコード屋に入って気になるエサ箱は全てチェックしたいし。
つまらないと思いますよ。友達も。黙ってるけど・・・
だってレコードを見る時ってどうしても時間かかるでしょ。
しかも真剣なんで無口になったりして。
こっちも気を使っちゃってレコードどころじゃなくなるしね。
彼女とレコード屋に来てケンカなってるのを何回も見た事ありますよ。

「え~さっきもレコード見たのにまた見るの?」って。
お店でそういう光景見ると、(彼女と一緒に来なけりゃケンカにもならないのに・・・)
って思いますね。
こういうことを考えると友達とレコード屋を廻るメリットって、
あまり無いような気がするんだけど。

nextでは買い付けの時は基本的に1人で行くのだけど、
それが2人で行くとメリットアリアリでスゴい事になるんです。

まず、レコードを見るスピードが倍になるでしょ。
ということは1日で買いに回れるレコード屋の数が増えるのですよ。
さらにイケるレコード(売れるレコードということね)に対する2人の知識が
倍とは言わないまでも1.5倍位にはなるので、相乗効果として
スゴいレコードの枚数が買えたりなんかします。
レコードコンベンションとかで、他の日本人ディーラーとバッティングなんかしたら
もう両側からハサミ討ちですよ。

もう良いレコードに対しては取り合いですからね。ある意味戦争ですよ。
表面上は「コンニチワ~^^良いレコードなかなかないですね~」
ってニコニコしてますけどね。
こういう時はホントパワフルですね。二人でいると。
でも良いことばかりの様に思えるけど経費もエラい必要になるのでやはり一長一短ですね。

まぁ~今はレコード業界はそんなにアツい訳ではないので
大抵の買い付けに行くレコード屋さんは、ソロで仕入れに行ってますね。

買い付けって業務に関しては場合によってはペアも考えられるけど、
まぁ、個人的なレコード屋巡りは1人の方が納得出来るレコード掘りが出来るんじゃないですかね。
誰にも気兼ねなく自分のペースで黙々と好きなだけレコード屋が廻れるって
ある意味「至福の時間」ですからね^^


今回紹介するのは

COMMON SENSE / TAKE IT EZ

ま~いわゆるHIPHOPで名曲と言われるレコードです。
この曲はメインのRAPより JAZZ INST の為にみんなが欲しいって
思うレコードなんですよね。
たま~にHIPHOPのレコードでは、こういうRAPのレコードなのに
インストが人気で評価されている盤がありますね。
COMMON本人にしてみれば
「俺の声は必要ないのかYO!」ってカンジですけどw

この盤はジャケ付きでブートが出てるのですが、近くのレコード屋で
エサ箱にこのレコードが入っていて今までに何回も
「ハッ!!」っとしましたよ。
ジャケを手で触ればブートは一発で解るのですが、ヴィニールに入っていると
盲レコ(今、勝手に作ったことばで麻雀の盲パイからキテる造語)出来ないんですよw

今回のテーマのエピソードみたいにオリジナルがブート価格で
お店で売られていて偶然見つけたら、かなりアガりますね~^^
現実にはかなりあり得ないですけど・・・

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/hiphop/c/common_takeiteasy.ram


このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com