nickjones_wakeuppeople
もう数年も前から「リアル店舗」の在り方を常に考えていたりしています。
このブログでは何度も、書いていますが当店は、渋谷の実店舗の売上よりもネット通販の売上の方が、上だったりします。
別に、実店舗の方をテキトーに手抜きして、ネット通販の方に注力しているっていうワケではなくって、自分なりにいま現状できるベストなコトをやっているのですが、どうしても買い物の仕方や利便性では、実店舗がネット通販を上回るコトが出来ないコトにモノスゴくジレンマをカンジているんですよね。

お店をはじめた20年前の当初は、今とは真逆で通販の売上よりも実店舗の売上の方が、数倍高かったんですケドね。
ま〜当時は、DJブームの真っ只中でネット通販ナンてまだ存在していなく、レコード店の通販といえば、紙のカタログ通販という状況でした。
元々、オイラがレコード販売の取っ掛かりが、紙のカタログ通販からのスタートだったので、地理的環境に制限がある実店舗を基本とした店舗営業もやりつつ、全国に存在する実店舗に来るコトが出来ないお客さんへは、カタログ通販という2本柱でレコード店経営が出来ればイイな〜って思っていたのです。
そういった環境で運営を続けていたのですが2005-6年ころからインターネットを利用した通販に次第に変化してきたワケです。
だけど、まだ店頭の売上のほうが高かった状況だったのですが、ネット通販の可能性っていうのにチャンスをカンジていて、「実店舗での営業を維持しつつネット通販を今より発展させようっ!」って思い、まだまだ未発展だったネット通販に注力していったワケなのですが・・・いつの間にか、そのバランスが逆転してしまったというワケです。

先日、このブログを読んでいただいたお客さんから
「お店、やめないでくださいよ〜(笑)」
って言われて、コトバでは「いえいえ、やめないですよ〜(笑)」って言ってはいたのですが、実は内心はフクザツな気持ちでした。
コロナウィルス問題で緊急事態宣言最中にこんな記事を書きました。
レコード店の在り方を考える月間

上記の記事を書いてから半年以上経ったんですね・・・。
この時は、心象的にはやっぱり今後の見通しの立たない不安な状況なんかもあったりで、かなりナーバスになっていたのですが、休業中も幸いなコトに「巣ごもり需要」にアナログレコードを自宅で楽しむというニーズがマッチしたおかげで、店頭売上0円の中でもネット通販が売れてくれたおかげでナンとか存続するコトができました。
そして、緊急事態宣言が解除のあと、次第にコロナの波が鳴りを潜めたのを気にポツポツとご来店のお客さまが幸いにも増えてきました。
2ヶ月お店の営業をしていなかったので改めてリアルレコード店での営業を見直してより積極的にリアル店舗での販売を行っていこう〜って気持ちにスイッチをいれてやっていました。
が・・・しかし、再びコロナの波が来たワケです。
実店舗に来ていただけるお客さんは、とても大切です・・・だけど、状況によっては「ゼヒ、実店舗に来てくださいっ!」って公に声を大にしていうってコトが、はばかれたりする状況になると、お店を運営している側としては、どうしたらイイんだっ!って思っちゃうワケです。

ナンか、やっぱりコロナが人の行動を大きく変化させてしまったなぁ〜って思うんですよね。
ソレは、レコードの買い方も影響を受けているような気がします。
店のスタップとも今後のリアル店舗の行く先なんかをハナシしていて思うんですが、「レコードの購入ってネット通販と極めて相性がイイよなぁ〜」って感じるワケです。
お客さんからも「nextのサイトは、レコードが見やすくて便利ですね〜」って評していただけるので、まぁ〜そういった部分も鑑みるとさらにレコードを選んで購入するという行為が容易になっているかも・・・って手前ミソですが、思ったりしています。
一方、リアル店・・・コッチはどうなのか・・・ネット通販は利便性を高めて日々進化し続けているケド、リアルのレコード店は、進化出来ているんだろうか・・・ナンてコトを思うワケです。

先日、ネット通販をよく利用していただいている地方にお住まいのお客さんが、仕事の都合で都内に来たので、ついでに渋谷の実店舗へ訪れてくれました。
ありがたいことにオススメしたレコードを20枚ほど試聴してそのウチ数枚ご購入していただいたのですが、その翌日にさらに、ネット通販で10枚以上のレコードを購入してくれました。
リアル店舗でも購入して頂いて、ネット通販でも購入して頂いて、ホント、ありがとうございます。
でも、その時、ちょっと複雑な気持ちになりました・・・。
どういったコトかと言うと、レコード店スタッフがマンパワーで目の前のお客さんのニーズにマッチするだろうって選んだオススメレコードよりも、ネット通販での購入のほうが、買い物はし易いのかも・・・って思ったワケです。
将棋や囲碁なんかでプロ棋士 vs AI みたいな対決あるじゃないですか・・・まさにそんなカンジがしたワケです。
まぁ〜nextの通販サイトにはAIなんて導入されていませんケド・・・(笑)

NICK JONES EXPERIENCE with KALEEM SHABAZZ / WAKE UP PEOPLE
NICK JONES EXPERIENCE with KALEEM SHABAZZ / WAKE UP PEOPLE の試聴
next recordsのサイトでNICK JONESのレコードを探してみる

最近の消費傾向には、モノ消費 とか コト消費 というのがあるそうです。
解りやすくレコードに例えると、今だとタダで音楽を聴ける環境があるにも関わらず、あえてお金を払ってアナログレコードを購入するっていう行為は、モノ消費になります。
しかし、レコードを自宅でプレイしたいっという体験行動という見方にすれば、コト消費になります。
そういった意味では、レコードを購入して聴くという行為は、2つの消費を兼ね備えたイイ買い物になるのかもしれません。
また別の見方をすれば、ネット通販でカンタンに買い物が出来る時代なのに、あえてリアルのレコード店へ足をはこんでレコードの入ったエサ箱を掘ったり、レコード店スタッフとレコード談義しながら買い物したりっていうのは、体験型の消費、つまりコト消費なのかもしれませんね。
だけど、やっぱりコロナ問題の最中、お客さんのご来店数は少なくなるんですよね・・・もっとお店に来て欲しいケド、ソレを声高々にいうのもちょっとはばかれる・・・みたいな。
ナンか、記事を書いていてカンジたんですが、コロナのアリ、ナシがリアルレコード店の行方をさらにフクザツな問題にしているような・・・そしてオイラの判断や思考を混乱させているような・・・気がします。
ワクチンが開発されてこの問題は、カンゼンにコロナ前の状況に戻るのかって総楽観的には思えませんしね。
まぁ〜だけど、今後のリアルレコード店の行く先はどうなるんだろう・・・ってホント、思います。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next records が、運営しています。