ahmad_backintheday_org

先日、当店のスタッフが店先でネット販売用のレコードジャケットの写真撮影に勤しんでいたトコロ、目の前の階段付近に15〜6人の集団がドヤドヤと流れ込んで来ました。
「ナンだ・・・?ナニかあったのか?」って見ていると・・・
「ココは、シスコ坂と言いまして、今から10年以上前にシスコ・レコードという有名なレコード店がこの場所にありまして・・・ウンヌンカンヌン・・・」って、ガイドらしき人が、当店の前の坂道の説明をしていました。
ひとしきりシスコ坂の解説が終わるとまた「では、次に行きましょう!」ってカンジでよそへ移動していきました。
説明を聞いている人達は、複数の20代の若い男女カップルでタブン、地方から東京へ観光に訪れて渋谷の名所的な場所をガイドさんと一緒に巡っているってカンジでした。
オイラもその状況を眺めていたのですが、「シスコ坂って渋谷の観光名所になっていたのか・・・」ってちょっと驚きました(笑)

オイラが営んでいるネクストレコードは、シスコ坂のど真ん中に店を構えているのですが、まさか目の前の坂道が渋谷の観光スポットになっているとは、ちょっと思いもよりませんでした。
シスコ坂ってホント、あの90年代から2000年代の前半にレコードを渋谷で買いまくっていた人だけが共有できるワードだと思っていたのですが、ガイドさんが引き連れて訪れたカップル達は見た目からしてもう全くアナログレコードとは、縁もゆかりもない人たちに見えました。
一応、ガイドさんは、カンタンではありますが、シスコというレコード店があったコトやこの場所がアナログレコードの聖地的な存在であったコトなどを説明していました。
ちなみにシスコ坂の由来となったこの場所にあったレコード店「シスコ / cisco」は、2007年末に複数あった実店舗をすべて閉店しています。
もうそんなコトを知る由もない世代の人も多いのは、事実なので一応、書いておきます(笑)
って、もう15年も前のコトなんですね・・・シスコの閉店って。
この渋谷レコード店日記でもシスコの閉店に関するコトは、記事に書きました。
レコードショップの閉店について

というか、「シスコ 閉店」ってググってみるとオイラの書いた記事が結構上の方に表示されていますね・・・。
シスコは、2007年末に実店舗を閉店してオンラインでの販売に特化するというコトで再建を目指したのですが、叶わずに翌年の2008年に事業を停止そして自己破産となりました。
その時の記事は、コチラ「シスコ倒産」

ま〜確かにシスコは、この渋谷 宇田川町界隈では知る人ぞ知る、伝説のレコード店だったというコトは、間違いのナイ事実なのですが、でもやはりコレって、そのコミュニティに所属している人だけの認識だよね・・・ってオイラは、思うのですが、実際はガイドさんが観光客を引き連れて訪れる渋谷のちょっとした名所になっているとは、思いもよりませんでした。
以前にも書いたのですが、この渋谷レコード店日記では、以前渋谷にあったレコード店が今どうなっているのか・・・ってコトをレポートした記事が結構読まれているんですよね。
「レコード屋があった場所の現在・・・。」

この記事が読まれているのって、やはり先に書いたようなアノ時代のアノ、コミュニティに属していて、今はもうレコードは聴いていないケド、あの思い出の場所はどうなったのかな〜ナンて、ちょっと青春時代の1ページをノスタルジックな感傷に浸る気持ちで「シスコ 閉店」ってググって見られているようなカンジだと思うのですよね。
まぁ〜年齢的に今、30代半ばくらいから50代くらいの人たちでしょうね。
その人達独特の思い出の場所的な存在である「シスコ坂」が今や渋谷のちょっとした観光スポット・・・
しかもレコードにまったくカンケーの無い世代や趣向の人たちが訪れる・・・ん〜隔世の感が・・・。

上記で紹介したオイラが書いたブログ記事って2013年なんですよね・・・ってもう既に9年前の記事ですよ、ソートー昔のコトですよね〜それって(笑)
で、ちょっと今の「シスコ坂」がどんなカンジなのか写真を撮ってきたので紹介したいと思います。
IMG_1627

IMG_1616
コレがシスコ坂の入り口ですね。
っていうか具体的な入り口なんてナイですケドね。
IMG_1617
で、坂を少し上がった途中です。
左手に見えるのカフェFLAMINGOが入っているビルは、2000年の中頃まで1本向こう側のビルの裏側でこの場所は、放置自転車だらけだったんですよね。
IMG_1626

IMG_1618

名所にもなっている(笑)階段が見えてきました。
上記の画像に右手に下記のモニュメント的なモノがあります。
IMG_1631
コレですね。
IMG_1630

アップしたモノがコレで、コレがナニかと説明すると、「柳光ビル&シスコ坂のモニュメント」というモノでシスコがテナントとして入っていたビルオーナーとシスコの母体であるシスコ・インターナショナルのコトが書かれたモニュメントなんですよね。
もう亡くなってしまいましたが、コチラのビルオーナーさんは、「私が、この場所を創ったんだよ」とお会いするたびに自慢げにハナシしていました。
ナンでそんなコトを知っているかというと、ネクストレコードがテナントとして入っているビルと当時シスコが入っていたビルオーナーが一緒だったんですよね。
下記はm,現在のビルオーナー(前ビルオーナーの奥さん)のインタビュー記事

IMG_1619

坂の途中です。この階段、今でも結構な頻度でモデルの撮影やPVなんかの動画撮影が行われています。
IMG_1620

階段の右側にはオイラの営んでいるネクストレコードがあります。
おとなりは、伝説のDJ機材店「ディスクジャム」が入っていた場所で現在は、バーとなっています。
IMG_1623

階段の左側は、Face Recordsさんとカフェですね。
IMG_1621

階段を見下ろしたトコロ
IMG_1624

階段を上がりきったトコロです。コレでシスコ坂を上った・・・ってカンジですね。
ん〜坂って言うホドのモノではないのですが・・・。
左のテナントは、元cisco ハウス店で今は、カフェバーです。
で、2階が、元cisco HIPHOP店でコチラも今は、カフェバーです。
IMG_1629

シスコ坂の入り口の左側には、コチラも伝説のレコード店 Manhattan Recordが今でも健在っ!
しかし、当時とは経営者も変わってしまいました。
Manhattan Record の隣は、現在はピザレストランですが、以前は吉野家でした。
タブン、この吉野家で牛丼を喰った人も多いハズ(笑)

まぁ〜坂に入り口も出口もホントは、ナイと思いますが、ナゼか坂は上りが入り口ってぽいイメージがありますよね。

AHMAD / BACK IN THE DAY
AHMAD / BACK IN THE DAY の試聴
next recordsのサイトでAHMADのレコードを探してみる

・・・とまぁ、2022年現在のシスコ坂は、こんなカンジなのですが、この場所をホボ毎日通っているオイラにとっては、ナンにもカンジない場所なのですが、あの時代にこの場所へ通い詰めていた人からすると「うわぁ〜メチャ懐かしいっ!」って思うのかもしれませんね。
ん〜だけど思うのですが、このシスコ坂・・・あの時代のレコード文化に触れた人だけの「懐かしい思い入れのある場所」だと思うのですが、ホントに今でもレコードに全く関係のない人たちからイロイロなシーンとして現在でも頻繁に撮影が行われているんですよね。
コレ、一体どういった理由なんだろう・・・って思うんです。
もうホント、フツーに坂があって途中に階段があって・・・しかも道幅も狭いし決してキレイでもナイ、むしろ小汚い・・・。
この坂から時代をカンジさせるとか特殊な雰囲気とかそういったモノって特にカンジないんですよね・・・だけど、ナゼか頻繁に撮影されている状況はホント、不思議に思います。
先日、漫画「闇金ウシジマくん」を読んでいたらこの場所をトレースされた絵柄が背景に書かれていて瞬間的に「うわっ!コレ、店の前じゃんっ!」って思いましたよ。
有名なPVとかでも度々ココがロケ地になっていますね。
乃木坂46「世界で一番 孤独なLover」

上記のPVの撮影が2013年なのでコレもいまから9年前・・・歌っている生駒里奈って今、26歳なので当時17歳か・・・。
まぁ〜ナンか雰囲気的なモノあるんでしょうね・・・このシスコ坂には・・・。
もうホント、オイラにとっては、カンゼンに日常生活の一部でしかナイのでまったくソレがナニなのか解りませんが(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。