barbrastreisand_tilliloved_hol

昨年の年末に当店のWEBサイトの一部の機能をリニューアルしました。
その時のコトを書いたのがコレ。
ほしい物リストをリニューアルっ!

上記の機能を手直しした時に、改めてもっと便利にならないかなぁ〜って思ったんですよね。
まぁ〜この「こんなWEBサイトにしたいっ!」って気持ちになるのは、度々ムクムクと沸き起こるのですが・・・。
ネットで欲しいモノを買うっていう行為自体は、もう日常生活で当たり前になっている昨今ですが、買い物がしやすさとか、欲しいものを見つけやすいっていう部分をもっとナンとか充実出来ないものだろうか・・・って思っているんですよね。
先に書いたほしい物リストのリニューアルっていうのも、今は買わないケド、あとで買おう・・・っていう気持ちのちょっと横において置くという「欲求の保留」というカンジで利用していただけるお客さんには、便利な機能だと思います。
しかし、まさか数百枚ものレコードを「ほしい物リスト」へ追加するというオイラの想定以上の欲求が、あったとは・・・ちょっと想定外でした。
お客さんのレコードへの渇望は、ハンパないというコトがよく解りましたケドね(笑)
上記の「ほしい物リストをリニューアルっ!」記事にもちょっと書きましたが、欲しい度ゲージ機能やメモ機能も追加できれば、イイな〜とは思っているのですが、今イチバン、思うトコロは、ズバリっ、コレっ!
「インスタグラムとの連携」
なのであります。

このブログでも文末に・・・
「インスタグラムやってまーす」と記載しているワケですが、ありがたいコトに最近は、Instagramで紹介したレコードを結構な割合でご購入していただけるようになりました。
例えば、こんなカンジでレコードの紹介をしてるのですが・・・。

で、インスタで偶然、オイラのレコード紹介記事を読んで
「お〜メチャ、カッコいいな〜コレ。ちょっと欲しいな・・・」って思った人がいます。
だけど、ザンネンながらこの画面からポチッとボタンを押して買うコトが出来ないんですよ・・・。
じゃあ、「このレコードが、欲しいな・・・」って思ったお客さんはどうやったらこのレコードを購入するコトが出来るのかっていうと・・・
■インスタのオイラのプロフィール画面に記載されているnext recordsのURLをタップして
■当店のHPの画面で検索窓に「アーティスト名 と 曲名」を入力して検索して
■表示されたレコードの詳細画面からカートにレコードを追加して
■商品の送り先を入力して
■決済をする・・・
という、超メンドーなステップを踏まなきゃ購入出来ナイという・・・こんなんじゃ、「レコード欲しいーーーっ!」って気持ちも萎えちゃいますよね・・・フツーは。
すいません・・・本当に・・・お手数をおかけして。
また苦肉の策として上記のインスタの記事の文末にも書いていますが
「お気軽にDMをど〜ぞ」と書いていますが、会ったコトもなければ、ハナシたコトもナイ、レコード屋のオヤジにDMを送るなんてコトって、フツーはちょっと気が引けますよね・・・。
だけど、紹介したレコードをWEBサイトから購入してもらえたり、時々DMから「買いたいですっ!」ってメッセージをいただけるという、実際に購入に至るまで何重にも難易度の上がった状態にも関わらず、買っていただいているワケです。
単純にインスタの記事の中でURLが記載されていたらその部分がリンクになってくれれば、カンタンに買い物が出来るんですよね・・・だけど、タブンInstagramの方では、ユーザーの囲い込みをしたいので絶対に、アプリ外へユーザーを出したくないという大企業の思惑もカラんでいると思います。

しかし、知っている人もいるとは思うのですが、実はコレ、Instagramの機能としては、ポチッとボタンをタップして購入できる機能が既に備わっているんですよね。
Instagramショッピング機能(Shop Now) ってヤツですね。
じゃあ、その機能を使ってInstagramからダイレクトでレコードが購入できるようにすればイイじゃん・・・って思うのですが、コレまたソレはソレで今度は、オイラ側の方に相当な負担がかかってくるんですよ・・・。
「ナンじゃソレーーーって!結局、レコード屋のオヤジの都合かいっ!」って思われそうですが・・・すいません・・・その通りです。
コレは、1点モノという中古レコードならではの特性という事情もあったりします。
新譜のレコードのように同じレコードが何枚もあれば、このショッピング機能は絶大な効果があると思うのですが、1点モノのアイテムで利用するためだけに、商品の購入ページを毎回作り込まなければイケないんですよね。
サスガにちょっとソレは・・・ってカンジで出来なくもナイのですが、やはりちょっと躊躇しているワケです。
でも、他のショッピングカート・サービスを見てみると、カート機能のヒトツとして自動で出来たりしています。
ソレを見てオイラは・・・
「コレだーーーーーっ!」って思ったワケです。

で、もしこのnext recordsのWEBサイトでInstagramショッピング機能と連携が自動で出来ればっ!って思ったんですよね。
ん〜コレは、結構大掛かりなリニューアル案件になりそうなカンジがします。
2020年からはじめた毎日1枚ずつ追加しているInstagramでのレコードの紹介ですが、現在900以上の投稿数となっています。
小さなお店的には、結構なボリュームなっています。
ナニよりコツコツとして日々の積み重ねでコレはコレで結構な資産になっています。
せっかく、毎日投稿しているんだからもっと役立てたいな〜って思うワケです。

BARBRA STREISAND AND BARRY GIBB / GUILTY
BARBRA STREISAND AND BARRY GIBB / GUILTY の試聴
next recordsのサイトでBARBRA STREISANDのレコードを探してみる

実は、年末年始の休み期間中にInstagramショッピング機能(Shop Now) を利用できるように設定をイロイロとイジっていたんですよ。
しかしっ!ナゼかウマく機能しません・・・(泣)
自分なりに「コレで間違いない!絶対にイケるハズだっ!」って確信をもってヤったのですが、何度ヤってもダメ・・・。
しまいには、「ナンでダメなんだ・・・」ってココロが折れそうになりました。
イロイロな解説サイトを見て勉強したのですが、とにかくウマく機能しない・・・。
既にこのコトだけにかけた時間は10時間以上です・・・泣きそうです。
どうしよう・・・いっそのコト、自動で出来るようにサイトのリニューアルをヤルべきか・・・?

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。