arlana_youcantkeep_rmx

週イチでアナログレコードに関する話題をネタに取り上げているこの「渋谷レコード店日記」です。
前回の記事では、「渋谷に大型アナログレコード店がオープンっ!」というタイトルで、渋谷にあるTOWER RECORDSの旗艦店でアナログレコード専門の売り場「TOWER VINYL」がオープンするYO!というコトを伝えました。
オープンというか、新宿からの移転・・・ってカンジですね。
オイラのお店も同じ渋谷で営んでいるので、新しく出来た「TOWER VINYL」がどんなカンジなのか、オープン初日にはゼヒ、訪れてみてみたいなっ!って思っていたのですがっ!
ザンネンながら、行くコトが出来ませんでした・・・orz

ホントーなら、今回は、「新しく出来た渋谷 TOWER VINYLへ行ってきたよ!」ってレポート記事を投稿する予定だったのですケドね〜。
お店の様子はこんなカンジのようです
どんなカンジのお店になっているのか、品揃えはどうなのか、多くのお客さんは、訪れているのか・・・などなどメチャ気になっていたんですよね。
まぁ〜予想通りの売れ線狙いの品揃え・・・ってカンジですね。
上記のインスタ画像の2枚目のDisco International のカンパニースリーヴは、LTG. EXCHANGEかな?ちょっと気になる・・・あとその下のWARNER BROHERSのジャケット・・・。
TOWER VINYLオープン当日の2021年9月23日には、オイラのnext recordsにお越しいただいた何人かのお客さんに「渋谷のタワーレコードにアナログレコード専門の売り場が出来て今日オープンですよ〜」ってハナシの話題にしたのですが、全員が、「へ〜そんなんですか〜」って意外にも全く興味を持ってもらえませんでした・・・。
ん〜アナログレコード界隈では、結構大きな出来ゴトだとオイラは、思っていたんですケドね〜、当店を利用してくれるお客さん的には、全然刺さらなかったようです。
タブン、お客さんのターゲット層が全然違うんでしょうね。
レコード店という大きな括りで捉えると、注目される話題のように思えるのですが、実際は、お客さんの好み毎により細かな細分化されたジャンル分けがあるってコトだと思います。
当店の近くには、HMV のアナログレコード専門店もあるのですが、当店を利用していただいているお客さんは、結構、素通り状態なんですよね。
ナン人かの常連のお客さんに、「HMVとか行かないんですか?」って訊いてみると「何回か行ったコトありますケド、あんまりイイのないんですよね〜」って。
中古レコード店なので商品は買取とか仕入れの時期によって流動的にイイ時もあったり、そうでない時もあったりするので常にイイものはナイっていうコトは、ないって思うんですケドね。
タブン、訪れるお店に対する期待値がカンケーしているんじゃないかな・・・って思ったりします。
イエイエ、決してオイラの店と他のレコード店とドッチが上とか下とか、イイとかワルイとかのハナシではありませんよ。
レコード店を訪れるお客さんのニーズにそのレコード店が応えられているか、マッチングが出来ているか・・・ってコトだと思うんです。

ウチのお向かいにはFace Recordsさんがあるのですが、週末の土日とか営業時間開始前の13時前には数人のお客さんが店頭に並んでいたりするのをよく見かけるんですよね。
「レコード店の開店前にお客さんが並ぶなんてスゴイな・・・」ってオイラは、思うのですがFace Recordsさんから歩いて10秒くらいの超近くに位置するウチのお店には、まったくお客さんは並びません・・・。
さらに、Face Recordsさんでお買い物を終えたお客さんが当店へついでに寄ってもらうってコトもホトンドありません。
歩いて10秒の距離にレコード店があっても訪れてもらえないってコトです。
コレは、もうターゲットとなるお客さんが全然違うってコトなのでしょうね。
逆に当店には、必ず訪れるケド、Face Recordsさんには、全然訪れないってお客さんもいるのでホント、お客さんのニーズやターゲットの絞り込み、マッチングがなされているのかってコトが重要なんでしょうね。
ま〜当店は、オリジナル盤12インチシングル専門というレコードという大枠の括りの中でも極めて特異なカテゴリーに絞り込んだレコード店なので、当店のお客さんになりえる人が少ないっていうコトもカンケーしていると思います。
今、巷で人気のシティ・ポップを探しているお客さん、アルバムがメインのJAZZやROCKの名盤を探しているお客さん、レア物の7インチシングルを探しているお客さんが当店を訪れたらご来店、1秒で「ハイ、さようなら」状態ですしね。
しかし、大好きな曲の12インチシングルが欲しいっ!って思っている客さんにしてみたら当店は、ダイソン並のモノ凄い吸引力を発揮できるかもしれません。
だけど逆に12インチシングルにガッツリ魅せられたお客さんが他のレコード店を訪れてみたら・・・「モノ足らない・・・」ってカンジるかもしれませんしね。

Googleのニュース検索で「アナログレコード」というキーワードで気になるニュースを良く読むのですが、2021年9月23日は、トップの5つの中、4つが新しく出来たTOWER VINYL 渋谷の話題でした。
google_news

トップ記事が、日本で一番アクセスが多い、Yahoo!ニュースに取り上げられていますね〜ん〜スゴいな・・・。
記事を読んでみると、渋谷にあるレコード店、TOWER VINYL、disk union、HMV record shop、Face Records 4店舗が「レコードはシブヤでディグる」というイベントを企画していたようです。
当日は、他のお店はどうだったんでしょうね・・・。
ネットでのアナログレコードな話題はどんなカンジだったのかちょっと調べてみると・・・どうやら、テレビ東京のニュース番組、ワールドビジネスサテライト(WBS)でアナログレコードのコトが取りげられたようですね。
ザンネンながら見逃していましました・・・(泣)
しかし、番組の内容がテキストで書き起こされていました。
[WBS]アナログレコード人気再燃!なぜ?若者が夢中に

内容的には、TOWER VINYL 渋谷のオープンに合わせて、ココ数年にあったアナログレコードの話題をギュッと詰め込んだ内容だったようです。

まぁ〜全部、すでに知ってる内容ですね。
ブックオフが中古レコードの販売をはじめたってコトは、この「渋谷レコード店日記」でも話題にしました。
2021年8月現在だとブックオフは、「アナログレコードへの追い風を受けて今後も販売を拡大していく計画」だそうです。
「2年後に今の倍の300店舗を目指している。」とのコトなのであなたの自宅近くのブックオフでもレコード売ってるかも・・・?(笑)
ちなみにオイラの自宅近くのブックオフでは、中古レコードの販売していました・・・12インチシングルは、ホトンドないですけどね。

ARLANA / YOU CAN'T KEEP BREAKING MY HEART
ARLANA / YOU CAN'T KEEP BREAKING MY HEART の試聴
next recordsのサイトでARLANAのレコードを探してみる

ワールドビジネスサテライト(WBS)でのレコードの話題になった後半のアメリカ在住のebayバイヤーのくだり・・・スゴイね〜15万枚の在庫レコードに年間5,000万円の売上って・・・。
番組見ていないので、どんな様子なのか判りませんが、年間に5,000万円の売上を叩き出すのって、1人で出来る仕事量ではナイですよ・・・。
というか、もともと趣味でレコードを集めていた15万枚のレコード・・・購入資金は、イッタイいくらなんだ?

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。