clash_londoncalling_uk

当店には、日々海外のディラーから仕入れたレコードが届くのですが先日イギリスより届いたレコードの1枚のジャケットの中にこんなのが入っていました。
それがコレ・・・。
IMG-8775

まぁ〜パッと見では、ナニか解りませんが、実はコレ、インナースリーブつまりレコードの内袋ですね。
最近は、幅広い層にこのブログが読まれているようなので出来るだけわかり易いコトバで書こうと思います・・・ハイ。

本来であれば、新品購入時には無地の紙製インナースリーブがついていたり、ポリエチレン製のモノがついていたり・・・UK盤ならアウタージャケットにそのままハダカのレコードが、入っていたりするワケですが、このインナースリーブは、販売された中古レコード店のロゴマークがプリントされたオリジナルのモノになります。
オイラは、このインナースリーブを見た瞬間
「うわぁ〜懐かしい・・・」って思わず声を出しちゃいました。
ご存知な人もいるとは思いますが、コレ、イギリス ロンドンで多店舗展開していた大手中古レコード店「MUSIC & VIDEO EXCHANGE」のインナースリーブなのです。
イメージとしては、ロンドンのディスク・ユニオンみたいな存在の中古レコード店です。
オイラもnext recordsを創業当時(2000〜2005年頃)のロンドンへの買い付け時は、相当このMUSIC & VIDEO EXCHANGEへ通い、レコードを仕入れしまくっていました。
日本からUKを訪れる買い付け人は、ゼッタイに通う中古レコード店であります。
もう15年くらい前を最後にロンドンヘは、買い付けに訪れなくなりましたが、その当時はロンドン市内だけでも7〜8店舗の支店があって精力的に営業していました。

オイラのいつものパターンでは、成田からロンドン・ヒースロー空港に到着したら電車に乗ってそのままロンドン市内のMUSIC & VIDEO EXCHANGEへ直行ってカンジでした。
特に、お気に入りはNOTTING HILL GATEのMUSIC & VIDEO EXCHANGEで、駅から少し歩いたストリートに3〜4件の支店が集まっていて効率よくレコード店を回りたいオイラには、かなりお気に入りのエリアでした。
だけど、1店舗に相当な枚数の在庫があるのでレコードを見るだけでメチャ時間がかかるんですよね。
どの支店も同じ様な構成で1階にはレギュラー品や新入荷したタイトルが揃っていて、地階には、バーゲン品が在庫しているっていうスタイルです。
1階の新着コーナーのレコードは、万引き防止のためかレコード・ジャケットだけがエサ箱に入って中身のレコードは、カウンターの中に別保管されていて購入希望のジャケットをカウンターへ持っていくと店員さんが中身のレコードを出してくれる・・・というちょっと面倒くさい手続きが必要となります。
だって、コッチは仕入れに来ているんだから、メチャ買うワケです、なので、それこそ50枚以上のジャケットをカウンターに持っていくとその同じレコードの枚数を揃えるというコトになります。
このインナースリーブの右上に番号がスタンプされていいるでしょ?この番号と同じ数字がジャケットに貼られているプライスシールにも書かれているワケです。
IMG-8776

で、ジャケットと中身のレコードが揃ったら購入希望のレコードすべてのコンディションチェックをオイラがする・・・当然、時間がかかるんですよ。
ジャケットと中身がはじめから揃っていたらこんな工程すっ飛ばして、仕入れ希望のレコードをエサ箱から抜くと同時にコンディションチェックしてOK or NO の判断が出来るんですけどね〜。
で、購入希望のレコードを選別して、バーゲン品を見たい旨を伝えて、地下へ潜入です。
ココが、マジでヤバイんです・・・MUSIC & VIDEO EXCHANGの真髄は、このベースメントのバーゲン品にあると言ってもイイくらいなのです。
とにかく何千枚という大量のレコードが、エサ箱に収まっていて全部見ようとするとマジで、半日かかるレベルなのです。
だけど、買い付けに出向いているオイラにはとにかく時間がありません・・・しかし、出来るだけ見たいっ!
この地下のバーゲン品は、イギリスの中古レコード基準でいうトコロのゴミレコードが寄せ集められたモノなのですがイギリスと日本との人気のタイトルの違いもあって、日本では、数千円〜ン万円でソッコー売れちゃうような人気のタイトルが、イギリスではゴミレコ扱いになっているワケです。
しかもっ!バーゲン品っ!だいたい価格は、50ペンス、日本円だと70円とか80円です。
今までにもこの地下のバーゲン品コーナーから多数のレア・タイトルをピックアップしたイイ経験があるのでココは、買い付け人として気合いの見せドコロ・・・となるワケです。
この、MUSIC & VIDEO EXCHANGEのプライスの付け方っていうのが、ちょっと特徴があってプライス・シールに何個も価格を手書きで記入する枠が書いてあって、入荷してから日にちが経つに連れて価格がドンドン安くなるという値付けになっています。
EXCHANG-PRICE
ん〜Depche ModeのStrange Loveが14ポンドですか・・・結構、しますね。
で、それでも売れなかったら、「見切り品」扱いとなって地下のバーゲン品コーナーに放り込まれるというカンジですね。
ま〜在庫管理も大雑把なようで、1階の新入荷コーナーで5ポンドで売られているタイトルと同じモノが、地下だと50ペンスという場合もよくあります。
結局、両方共仕入れるんですケドね〜(笑)

複数のレコード店が存在していたNOTTING HILL GATEエリアのレコード店を廻るだけでも2日間くらい予定を取っていました。
で、他の日は、CAMDENエリアを回ったり、SOHOエリアを回ったり・・・もう〜とにかくロンドン中のMUSIC & VIDEO EXCHANGEへ訪れていましたね。
そして一通りのロンドン市内のレコード店を巡り終えると、レンタカーに乗って地方のレコード屋へ移動して買い付けを行います。
だいたい10日間くらい各地方のレコード店を廻って帰国日も迫っているので再び、ロンドンへ戻ってきます。
そして、2周目のMUSIC & VIDEO EXCHANGE巡りをするワケです。
10日前に訪れたのに再び巡るのにもワケがあってオイラが地方でレコードを漁っている間にも結構、入荷の動きがアルんですよね。
2度目にも変わらず結構、買えちゃったり出来るワケです。

まぁ〜このたまたま今回仕入れた時に入っていたMUSIC & VIDEO EXCHANGEのインナースリーブだけで、これだけのコトが思い出されるとは・・・相当思い入れがあったのかもしれませんね〜。
画像のインナースリーブには、ロンドンの支店がズラ〜っと記載されているのですが、「2021年現在どうなっているのかな?」て思い調べてみました。
とりあえず、MUSIC & VIDEO EXCHANGE は、まだ営業中のようですが・・・オイラのお気に入りのNOTTING HILL GATEエリアのお店は、1店舗だけの営業になっています。
他には、GREENWICHに1店舗とロンドン市内では2店舗のみの営業となっているようですね。
ロンドン市内だけでも最大勢力を誇ってアレだけ多くの支店を構えていたMUSIC & VIDEO EXCHANGEだったのですが、今じゃ2店舗だけってちょっと時代をカンジますね〜。
現在のMUSIC & VIDEO EXCHANGE はこんなカンジ・・・。
カンバンが相当、ボロくなっていますね。
mthumb.php
NOTTING HILL GATE店
musicandvideoexchange-61-(600px)
GREENWICH店

CLASH / LONDON CALLING
CLASH / LONDON CALLING の試聴
next recordsのサイトでCLASHのレコードを探してみる

「世界中でアナログレコードの人気が復活しているっ!」というニュースをよく見聞きしますが、ヨーロッパでは最大規模の音楽市場であるロンドンの中古レコード店、MUSIC & VIDEO EXCHANGEの店舗数が激減している・・・というのは、ちょっと話題のニュースとナンか辻褄があいませんね。
ロンドンでは、Reckless Records にもよく訪れていました。
RECKLESS

オイラが頻繁にUKへ買い付けに訪れていた時には、Reckless Recordsも2〜3店舗支店があったのですが、とりあえずSOHOのお店だけで現在も営業中ですね。
ん〜コチラも規模縮小ですね〜。
まぁ〜オイラのお膝元である渋谷も2000年代初期に比べると営業しているレコード店は数えるホドですからね。
海外の人から見ると「あんなにたくさんのレコード店があって賑わっていたSHIBUYAだったのにサビれたなぁ・・・」って思われるかもしれませんね〜(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。