渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

イメージ 1


お店に来てくれるお客さんが
「XXXX(レコード店名)で******(レコード名) のオリジナル盤500円でGETしました^^」
って喜んでいたところ、盤を見せてもらったらブート盤でした。
「これブート盤だよ」って伝えると
「なんでわかるんですか? 見分け方教えてくださいよ~」ってたまに訊かれたりします。

今回はブート盤の見分け方について書きます。
それぞれの盤に特徴があるので、ひとつひとつ挙げていくのは不可能なので、オイラが見た感じでわかるブート盤全体に共通する事を挙げていきます。

写真ジャケット付の場合はオリジナルに比べて色が、濃かったり、アカ味がかかったりしているモノが多いですね。

それに、写真がボケていたり、写真のエッジがアマかったりします。

比較的わかりやすいのが、ジャケの裏にバーコードが付いているモノです。
バーコードがちゃんとしたシャープな線じゃなくてジャギジャギに乱れていたりします。

よくジャケットの裏の下の方に小さな文字でクレジットが書いてありますよね。
オリジナルの盤だと小さな文字でもちゃんと鮮明に印刷されているのですがブート盤はこの小さな文字が潰れて読みにくくなっています.

おなじくレーベルにも丸く沿って小さな文字が書いているところがブート盤は文字が鮮明でなく潰れていたりします。

ブート盤のジャケットやレーベルってオリジナルの物を写真で撮ってそれを印刷しているのでどうしても小さい文字とかは再現できないので潰れているんですよ。

でも、オリジナルの盤のことをちゃんと観察していないとなかなか気が付かないですね。

しかし今、世の中に大量にブート盤が氾濫しているじゃないですか。
逆にオリジナルのが、はるかに少ないので手にした盤は全て「ブートか?」って疑ってもいいかもしれないくらいですね。

お店の人に「オリジナル盤ですか?」聞いても自信がないもんだからあやふやな答えが返ってくる時も多いみたいですし。

ましてやネットオークションなんて明らかに「ダマシ」が多いので本当に気を付けないとハメられますよ。

オイラの経験で言うとブート盤って手に持った瞬間に「あれっ?」っ感じで「なんか怪しい・・・」って感じるんですよ。
これはやはり四六時中、レコードを触ってるからなんかもしれないですけど。
ブート盤を持つと、なんか「おかしい・・・」て思います。

「ブート盤でも再発でも全然気にしない~」って人は関係ないことですけど「オリジナル盤が好きだ!」って人はみなさん注意してレコード掘ってください~^^

今日紹介するのは
MFSB / LOVE IS THE MESSAGE

N.Y. にあったPARADISE GARAGEのテーマ曲としても有名なメチャ気持のいい
良い曲です。曲の中で色々とストーリーがあるみたいに展開していくところが
たまらんです・・・・後半部分をRE-EDITした12"も有名ですね~。
間違いなくDANCE CLASSICSのレコードの中でもTOPクラスの出来映えじゃないでしょうか。
B面に収録の"TSOP"はSOUL TRAINのテーマ曲です。こちらも完璧! 是非、聞いてみてください。



next records @ Shibuya Tokyo

イメージ 1

普段CDを買って聴いてる人には?(ハテナ)な事なんですけど
レコードにはオリジナル、再発、ブートっていう発売形態の違う盤が存在します。
人それぞれ色々な判断の仕方があると思うけど、オイラ個人としては下記の様に区別してます。

オリジナル
>>>レーベルに記載されている年代その当時リリース(発売)された物やプロモーションされた盤のこと。

再発
>>>その盤の音源を持っているレーベル(レコード会社)が発売された年代から数年経過した後、
再リリースした盤のこと。具体的な例としてJIVEが出してるATCQや
COLUMBIAが出してるMIXMASTERシリーズなどの12"がこれに該当します。 
その他にもRAM'S HORNや12 GOLDなどオリジナルレーベルから、ちゃんと承認を得た盤もこれに該当します。

ブート
>>>ま~別の言い方をすれば海賊盤ってヤツです。レコード会社やアーティストの許可を得ず、勝手に業者が作った盤。
業者はとにかく枚数を売りたいのでコストをかけず、見た目に解らない音質とかには手を抜いているので
プレスの状態が悪く「音が超悪い」盤が多いです。

このブート(海賊盤)ってのがクセモノでして、オイラがレコードを買い始めた頃は、
お店の中でも「ひっそり」といかにも後ろめたさを負わせるように売られていたのですが、
今じゃレコード店では堂々としかも面チン(ジャケ正面を向けて陳列)で売られています。

遙か昔は見た目には、「いかにも怪しい」レーベルの盤であり得ない曲とのカップリングとかで売ってたけど
最近のブートはジャケまで付いて、オマケにステッカーまで貼ってるモノが出てますね。
ブート業者の技術も年々向上している様ですね~。

オイラは思うんですブートなら別にオリジナルとそっくりに作る必要ないと思うんですよ。
だって、ブートって要は収録されてる曲が必要なんでしょ。
だったらレーベルとかジャケとかオリジナルと同じじゃなくてもいいはずです。 
それなのに「なぜオリジナルそっくりに作るのか?」って考えたら、
その盤を買う人をオリジナルと見分けが付かないようにして、
言い方を変えれば「騙して」売ろうとしているんじゃないかなって思うんですよ。

また、そういう盤を買うお客さんって、何人の方が「これはブートだ(オリジナルではない)」って
気が付いてるんだろうって思います。多分、大多数の人が解らず買ってるような気がします。

ブートを売っているお店もイメージダウンにつながるを意識しているのか「ブート(海賊盤)」って言うことを
ちゃんと商品に表記していないですよね。ま~営業方針や利益などの事を考えれば致し方無いってのは、
同業者であれば理解できるのですけどね。
そのお店でブート盤と知らずに買ったお客さんは、後で「これブートだったんだ」って判ったら
騙されたって感じで結構落ちるんじゃないかな~って思っちゃいます。
=(イコール) そのお店の評価になるんじゃないかなと。

このテーマについては、また続きを書いてみたいと思います^^

今日紹介するのは
S.O.S. BAND / TAKE YOUR TIME

個人的にはめちゃ好きなDISCOナンバーです。チープなメロディに解りやすいサビがいいんですよお~。
最近めっきりCLUBとかは行ってないですが、こういう80年代の王道のDISCO HITSが連発でPLAYされるDISCOになら
行ってみたいな~って思います。
近頃はHIP HOPのネタに使われたりとかでこういうDISCOな曲の盤を買っていく20歳前半のお客さんが
増えて来たような気がしますね~。 若い人たちにもどんどんDISCOナンバーを聴いてもらいたいと思う今日この頃です^ ^

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/s/sosband_takeyourtime.ram

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1

前回に書いた「あくまでもプロモーションの為のレコード」が、なぜ売られるのかには
色々なパターンがあります。

例えば、
プールからデリバリーされたPROMOをDJが「オレはこんなの使わない~」とかの
理由で町のレコード屋に売ったりします。

また、
レコードレーベルのプロモーターが宣伝のため?話題作りのため?お金が欲しいため?かは
解りませんが大手ディストリビューター(レコードの問屋さん)にまとまった数のPROMOを
売ったりします。
大体、このパターンで日本にPROMOが送られています。

また、
レコードプールには、週に何回も新しいPROMOがドッカンドッカン届きます。
でも、そのプールのメンバー以上の枚数が届くと余った盤は倉庫のコヤシになってしまいます。
数もハンパじゃない位モノが溜まるので、町のレコード屋とかに処分する訳です。

以上の様な理由でPROMO盤が、市中に出回ったりします。

大手のレーベルが刷るPROMOは全米規模での宣伝目的のため、その規模もハンパじゃない位プレスします。
なので、UNIVERSAL / DEFJAM / COLUMBIA / EPIC / ARISTA などの大手レーベルのPROMOは
日本でも一概に言えませんが比較的、手に入れやすいです。
ま、その中でも、たま~にホントに数が少ないモノもあったりしますけどね。

逆に小さいマイナーなレーベルのPROMOなどは、数が少なかったり、
その地元でしか配られなかったりして日本ではなかなか手に入りにくいです。

日本の新譜屋さんでPROMO売ってるじゃないですか。で、「また、今度来たとき買おう」って
思ってその日は買わなかったりして、後日、その店に行くと売り切れてて
店員さんに「次いつ入荷ですか~?」って聞いても「わかりませんね。」って言われるの多いと思うんですよ。

あれは、PROMOって大体、一回のプレスで生産を終わってしまうので、ディストリビューター(問屋)に
入荷したPROMOは一回こっきりの入荷で再入荷出来ないんですよ。
いくら人気の盤だからってほとんどのレーベルは追加でPROMOのプレスはしてくれないのです。
たまに「人気のXXXXのPROMO再入荷!」とか新譜屋さんであるのは、
現地のスタッフが探し回って見つけたモノとかプロモーターがこっそり寝かしていたストックだとかで
新しくプレスされたモノじゃないんですよね。

お客さんに聞かれたことで「?」なことがあったのですが

お客さん「PROMO ONLYってレコードのレーベルに書いてるじゃないですか?」

おいら「はい」

お客さん「これってPROMOだけって意味ですよね。」

おいら「へ?」

お客さん「PROMOだけで正規盤はないってことですよね」

おいら「・・・・」(><)

一般のお客さんはこんな認識されてるんだな~っって気が付きました。

一応念のために書いておきます。
「PROMOTION ONLY. NOT FOR SALE」って 「曲のプロモーション(販売促進)に使ってください。非売品」って意味です。

今日はこの盤を紹介します。
FOR REAL / FREE

1996年にリリースされた"LIKE I DO"っていう12"にコッソリ収録されている曲です。
BPMが遅い曲なので全然CLUB向けな曲ではないのですが、すげ~良い曲なんですよ。
なんか、心にしんみり来るメロディとサビのフレーズとか、泣けるくらいいい感じなんですよ。
意外とB面に「なにげに良い曲」が、「ぽこっ」と収録されたりしているので、たまに自分のコレクションで
普段聴かないカップリング曲を聴くのもいいですよ~。

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/rb/f/forreal_free.ram

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1


ども! nextmanです。
今回はレコードプールについて書きます。

まぁ、よく日本では新譜屋サンでPROMOって普通に売られていますけど
USAでは一部を除いて新譜屋サンではPROMOは売っていません。

PROMOって名前の通り「プロモーション」の為に使われるレコードでタテマエ上、販売のモノでは
ありません。「タテマエ上」って書いたのは例外的に売られたりするからなんですけどね。

レコードプールってのはDJの為にレコードレーベルから送られるプロモーション用のレコードを
配るための会社/システムです。
小さな都市では1-2件、大都市では何件もアメリカでは存在しています。

レコードプールではレコードをDJに売っているのではなく配っています。

DJはそのプールのメンバーになる為に月に何$とかメンバー費を払ってプールに所属します。

レコードレーベルは全米中のDJにひとつひとつPROMO盤を送るよりその町のプールに
まとまった数の盤を送ってプールに配布を依託しています。

プールは送られてきたPROMO盤をメンバーのDJに配るっていう合理的なシステムな訳です。

配られるレコードは基本的にはDJに選ぶ余地はあんまりありません。

DJが「俺はXXが欲しい~!」って言っても枚数が少なかったり、
そのプールに配られなかったりとかで必ず全ての盤が配られる訳じゃないいんですよ。

まぁ、力のあるプールには全米中からメジャー/マイナーレーベル問わず、
かなりのPROMO盤が送られたりします。
力のあるプールってのは、実力のあるCLUB DJ、RADIO DJやMIXTAPE DJが
所属しているプールであるとか有名なDJが運営しているプールとかです。
でも、有名なプールはメンバーも多いので更にGET出来る枚数は少なくなったりしますけどね。

よく「日本からレコードプールのメンバーになれないの?」って聞かれますけど、
基本的にはかなりムリだと思います。現地でそれ相応の活動をしている日本人DJならOKだとは
思いますが、例外を除いて日本にまでPROMO盤を送ってくれるプールはなかなか無いと思いますヨ。

例えメンバーになれたとしてもメンバー費と毎週送られてくるレコードの送料と
その内容(盤のクォリティ)を考えれば日本のお店で、自分の耳で聴いて欲しいと思う
PROMO盤だけを買ってる方が、賢いと思います。 レコードは枚数じゃなくて内容だと思いますしね。
どうしようも無いクソPROMOがどっちゃり送られてその送料に毎週、何万も払ってられないですしね。

次はPROMO盤が、なぜ売ってるのかを書いてみます。では。

今日はこの盤を紹介します。
KRAFTWERK / NUMBERS c/w DENTAKU

81年にリリースされた12"で写真はUK盤です。
USはPROMOのみでNUMBERSとPOCKET CALCULATORが別々の盤になっています。
でもUK盤はに2曲収録でおいしい。
今聴いても全然古くさくないですね。
実はオイラ中学生の時、KRAFTWERKのLIVEに行った事あるんですよ。
(今思えば中学でKRAFTWERKとは...マセガキでした)
かなり衝撃的でした。もう、ほとんどシンセとか弾いてません。
メンバーはケーブルで繋がれた小さな電卓みたいな機械を持ってステージで弾いて踊ってました。
この盤、日本語VERSIONのPOCKET CALCULATORは"DENTAKU"ってタイトルに変わって
おもっきり日本語で歌ってます。NUMBERSでは「イチ、ニ、サン、シ~」ですからね。
緑のジャケットのドイツ盤もあって確かそれはドイツ語で歌ってました。
最近はHIPHOPでもこの辺の80sなエレクトロもネタに使われてますね~。
HIPHOPが好きな人もこういうのたまにはどうですか?

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/k/kraftwerk_numbers2.ram
http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/k/kraftwerk_dentaku.ram

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1

久しぶりの更新です。
なかなか更新出来ず、すいません。
今回はレコードのクリーニングの仕方を紹介します。
これもまたクリーニング専用のマシンがあるんだけど現実的じゃないんで....

nextでは盤面のクリーニングは、「エタノールと水」を使ってます。
指紋なんかの汚れはこれで一発です!
スプレーで盤面に適量を吹き付けて柔らかい布地で盤面を磨きます。
うちではコットン100%の布地を使ってます。(具体的にはTシャツを切ったモノ)

磨くときのコツはレコード溝に沿って丸く磨くことです。
当たり前だけど内側から外側(または逆)に音溝とは90度の角度でコスルと傷が付きますよ。
それと力の入れすぎもキズが付くので注意です。

ま、これで大抵の汚れは取れるはずです。
残念ながら付いたキズは、いくらやっても取れません。(当たり前)

でも、キズも付いていないのに「チリチリ」ノイズが出る盤には以下の方法がオススメです。
これの原因は音溝に細かなホコリやチリが入ったことが考えられます。
レコード針って、ホントにシビアでそんな目に見えないモノまで音を拾います。

まず、盤面にぬるま湯をかけます。1-2分おいて、食器を洗う洗剤をよく泡立てて
両手で盤を挟んで手を洗うように盤を回転させながら盤を手で磨きます。
その後、またぬるま湯で洗剤を流します。
この時、レーベルは絶対擦らないように注意してください。
レーベルは水で濡れたことによって擦ると簡単に破れちゃいますんで。
濡れたレコードはよく乾かしてくださいね。

それとこの方法も使えますよ。
レコードをターンテーブルに乗せます。
針の圧力をいつもより多めにします。
でも、あまり重くしすぎると音溝を壊してしますので注意してくださいね。
それで針を盤面のレーベルに近い側の溝に乗せます。(レーベルと曲が終わった後の無音部分)
で、手でターンテーブルをいつもとは逆回転に回します。
あんまり早く回すと針が飛んじゃうので45rpmくらいで回しましょう。
要は音溝深く入り込んだホコリやチリをレコード針で掘り起こす訳です。
意外と「え~こんなにホコリ入ってんの?」って思えるくらい出てきますよ。

洗剤との洗いと逆回転の両方やるのも効果的ですよ。

それとあくまでクリーニングは自己責任でやってくださいね。
「書いてるとおりやったのにノイズが取れないぞ!」って言われても
責任負えません......。

今日紹介するのは
K-SOLO / LETTERMAN

B-BOY風にいうと「マジ、ヤバイッス!」って感じがピッタリな骨太極太声太の男汁でまくりの
HIPHOPが好きな男子("だんし"と呼ぶ)はノックアウト確実な曲です。
なかでもシビレルのは間違いなくPETE ROCK REMIX ! ! ! !
打ち付けるような、激しいビートにブレイクに入るコスリと「K.S.O.L.O」のフレーズが
もう直球ストレートです。(なんだそれ?)
しかし、PETE ROCKってホーンネタでREMIXやるとマジ本領発揮って感じですね。
オイラのくだらないノーガキよりも音聴いてください。

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/hiphop/k/ksolo_letterman.ram

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

↑このページのトップヘ