渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

イメージ 1

ども~nextmanです。
オイラのマイメンでもあるDJ HARUOのDJ MIXが聴けるサイトを
作ってみました。
って、実は以前あったモノを復活再開させてみました。

え~記念にとDJ HARUOから新たにnext. records EXCLUSIVE DJ MIXを作ってもらいましたので
ぜひ聴いてみてください。

新譜のHIP HOP / R&BのDJ MIXです。
ダウンロードしてiPodとかでも聴いてください。

出来れば感想のコメントもよろしくお願いします。

http://www.nextrecordsjapan.com/djharuo/djharuo_2006index.html



このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1

今回は昔話です。
レコードのコレクションをはじめて3-4年の人には、ちょっと理解しがたい事かもしれませんが
今から10年位前にHIP HOPやR&B、FREE SOULなどのBLACK系のレコードが
大ブレイクしたことがありました。
その時のオイラが体験した時の事でも書いてみます。

今思えばホントその頃ってまるでレコードバブルの様な感じでした。
オイラの個人的な体験なんでそのあたりはテキトーに読み流してください。
その時ってたぶんHip HopやR&B、はたまたFREE SOULといわれるレコードとDJとMixTapeなんかが
イロイロ絡み合って大ブレイクしたんじゃないかな。

当時オイラはフツーにレコードを買ってる一般レコードコレクターでした。
その時代はレコード屋さんでは今となって懐かしい「放出」ってイベントをやっていたんですね。
つまり買い付けてきたレコードを、決まったその日に「ドカーン!」と一気に出すっていうふうに。
アツかったですね~。もらったばっかりの給料握りしめて、もう、オイラも買いまくりです。

大阪ですらそんなカンジなのでその頃の渋谷はもっとヤバかったですね。
渋谷の大手レコード店が放出するっていう日にはマジで前日から並んでいる人が居たくらいですからね。冗談抜きで。
放出の当日はオープン1時間前で50メートル以上列が伸びてるほどでした。
お店の中でもアツいバトルが繰り広げられてお客さん同士のトラブルもよくありましたね。
今思うばレコードの取り合いでケンカになる程モメるなんてちょっと考えられないっスね。
もう良いレコードを手に入れるため必死でしたね。

レコード祭っていう複数のレコード屋が大きな会場を借りて開催する催事もエラいことなってました。
オイラは年に数回ある大手デパートのレコード販売の催事を主戦場にしていたのですが、
デパートのオープンと同時に入り口から催し会場までダッシュですよ。
大抵、催し物会場って最上階なんですよね。
そこを目指してもう会場に着いた時には「ゼーゼー」肩で息している状態でレコード掘ってました。

東京のレコード祭では、モチロンオープン前には長蛇の列で会場の中では、
みんなお目当てのレコードをたくさん抱えて隣のエサ箱に掘りながら移動してましたね。
スゴい時には売れた後の補充用のレコードまで箱を開けられてましたからね。

ちょっと話はそれるのですが今じゃ全然ありえないことですが、
当時、日本人のR&Bシンガーがポツポツ出始めてて極少量なんですがアナログ12インチシングルを
プレスしてたんですね。
そのレコードは、まさにその時代を象徴するような売れ方してましたね。
今日タワレコとかで1500円位で売っていたレコードが次の日には中古屋で
10倍以上のプレミアプライスで売っていたり、また、それが秒殺で売り切れてたり。
そう言った情報がさらに拍車をかけていたりして更に話題になったりとかね。

今でもたま~にそういったレコードを一般の中古レコード店で見かけますけど
1000円でも売れ残ってますね。

当時のHIP HOP系の音楽雑誌のレコード屋さんの広告欄でレア盤のジャケ写見てマジで
「ヤベぇー!!!こんなの出てるよ!!!」ってアツくなってましたね。
今みたいにインターネットが普及してなくて、情報が雑誌やクチコミぐらいしかなかったから
流行に左右されやすかったのかもしれません。

オイラが今レコード屋を営んでるのは紛れもなくこういったレコードムーブメントが
あったからでしょうね。


今回紹介するのは
MICA PARIS / STAY

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/rb/m/micaparis_stay.ram

MICA PARISって日本ではどちらかというとUKのPOP R&Bシンガーって
思われていますが、本国UKではかなり実力派ヴォーカリストで通っているんですよね。

この曲はSLY & FAMILY STONE / IF YOU WANT ME TO SAYのメロディや歌い回しを
使ったシブ~イ曲です。ん~多分、YOUNG SOUL REBELSやTWO IN A MILLIONが
好きな人はダメな部類に入るかもしれませんね。

この曲を今回紹介したのはネタモトのSLY STONEが、何十年ぶりに
人前に現れたっていうのが音楽関係のニュースに載ってたのを読んだからです。
MTVアワードのプレゼンターで登場したみたいですね。

折しもSLY & FAMILY STONEのトリビュートアルバムも旬なことにリリースされていますね。
CDはまだ聴いてないのですが、SLYの名曲を今をときめくアーティスト達がカバーしていて
なかなか、良い感じに仕上がっているようです。
下記のサイトから聴けますよ~

http://www.slystonemusic.com/
http://www.sonymusicstore.com/store/catalog/MerchandiseDetails.jsp?merchId=92348&skuId=92399

今の勢いに乗じてSLYの12"とか出たらヤバイですね~
トリビュートアルバムの中の曲から12"がCUTされてカップリングとかでSLYのオリジナルの曲が
収録されるとかって可能性はあるかもしれませんね。 期待大!

ところでslystonemusic.comのPHOTOの写真を今見るとアフロヘアにサイケデリックなシャツ&
ピッチピチのベルボトムなファッションも結構カッコイイな~って思います。

オイラもアフロヘアにしてみようかな・・・
ダメだ髪短いのでパンチになってしまう・・・



このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

オリンピックやってますね。
残念ながら日本選手勢はイマイチの成績しか残せてないですが、
後半に行われる競技では頑張って欲しいと思います。

個人的には「スノーボード クロス」っていう今年から始まった競技が
かなりおもしろいですね。
4人でレースをするんだけどTOPを滑ってても後ろから追突されて転倒したり
もう、一瞬でも目がはなせないレースです。
レース中でもビリの選手が、前の3人転倒して1位になったりとかね。
特に女子ではブッチギリでアメリカの選手が独走して、ゴールドメダル確実だったんだけど
調子こいて最後のジャンプでエアを決めて失敗! → 転倒! → 2位 orz っていう大波乱も
あったり。  エアしなければ1位だったのにね・・・
アメリカに帰ったらブーイングの嵐なのでしょうか。

今回は、いつもお世話になっている
サウンドファインダーのneedle in the grooveさんのブログで面白い記事があったので、
それをnextらしくアレンジしてレコードの写真で見せてみたいと思いこんなの作って
みました。

http://www.nextrecordsjapan.com/blog/trino_olympic.html

一応nextらしく「すべてシングル」で、画像UPしています。
12"があるモノは12"で、12"が存在しないモノは、7"でジャケット写真を載せています。
音源があるレコードは聴けるようにしてみました。
残念ながらDAN HARTMAN / RELIGHT MY FIREの次にPLAYされた14曲目の曲名が
わかんないんですよね~。
それさえ解ればcompleteなんですけどね。
解る人がいたら教えてください~。


しかし、DISCO系レコード好きなオイラにとってもかなり入場行進の時のMIXは楽しめました。
あのMIXをあのまんまCDにしても売れるんじゃないかなとちょっと思いましたね。

DJは、Richie Hawtin というUKのDJです。

http://www.richiehawtin.com/
http://www.outlar.com/artist.php?id=76

もともと TECHNO系のレコードをプレイをするDJなのですが、さすがプロですね。
かなり狙ったDISCOサウンドのセレクトでした。
ま、ブラック系だけでなくPOPSなんかも織り交ぜて幅広い選曲で個人的におもしろかったです。

しかし、あの入場行進を見て
「バックにかかっている曲のリストを作ろう!」って即座に作っちゃうneedleさんのヒラメキには
マジで脱帽でしたね。 オイラは・・・

しかし、レコードのレーベルやジャケットの写真を、ホームページ用にレイアウトしていて
「レコード欲しい・・・」って気持ちがムズムズしてきましたYo!

レコードが好きな人って、レーベルやジャケットの写真を見るとかなり気分が
上がってくるんですよね~。
needleさんとも話しをしていて、「ジャケ写見ると熱くなりますよね~」って二人で共感してました。

オイラが、今回トリノ オリンピックの入場行進曲でPLAYされたレコードの中で一番
欲しいのは、BUGGLES / VIDEO KILLS THE RADIO STAR の12インチシングルです。

先日、お知り合いのレコード店の壁にリリース当時に配布された日本盤のプロモが飾っていて、
「こんな盤出ていたんだ・・・」ってびっくりしました。
このレコードは20年以上探しているのですが、 実は、US盤やUK盤で存在するのかすらワカリマセン。
その日本盤PROMOの気になるお値段はプライスレスでしたね。
売らないってワケじゃないけど「要応談」って事でした。
ん~今、日本に多分100枚はゼッタイにないと思いますね。ヤバいレコードです。

イメージ 1

今回は2006年前半に思える新譜の正規盤とプロモについて・・・です。

nextでは、レコードプールから送られてくるプロモの情報を
サイト内の 「HOT NEWS」というコーナーで一般のお客さんにお知らせしているですが、
これはどういったモノかというと、「近々プールのメンバーにはこういうプロモ盤を送るよ」
というリストからちょっと珍しそうなレコードだけ抜粋して紹介しているんですよね。

それが2005年の後半くらいから何となくレコード盤でのプロモの入荷が少なくなって
来ているような気がするんですよね。

具体的にどうだという数字ではなく感覚的なニュアンスなんだけど。
まあ、DefJamやRoc A Fella等のISLAND系 とかはまだプロモのリリースは比較的多いと
思うんだけど、Arista、J Records、Epic、 Univesal、 Columbiaなど
人気のアーティストを多数抱えているレーベルの割には以前に比べてプロモのリリース量が
最近少ないと感じてるんですよね。
大手のレーベルだけにビッグアーティストが多数いるのでもっと出ても良いと思うの
ですが。

「nextのサイトのHOT NEWSで紹介しているプロモなんて
全然他の新譜レコード店で見ないんだけどホントに盤出ているのですか?」
ってお客さんに尋ねられることがあるんだけど
確かにプレスの枚数はそんなに多くはないけど、ちゃんとプールに配布されているんで
盤はあるはずなんですよ。
多少のタイトルはInfo が来て配布が取り止めなったというのはありますが・・・
考えられるのは、日本のレコード屋に並んでいるプロモっていうのは、
殆どが大手のディストリビューターに入ってくるモノが多いので、
やはりプレス数が少ない盤とかスモールレーベルのプロモはそういった所には
来なかったりするんじゃないかな。

アナログのレコード盤のプロモは少なくなってきてるけど、CDのプロモは徐々に
増えて来ている様な気がします。
今、nextでリリース情報を聞いている所だと、レコード対CDの比率が4:6で
CDの方が多いですからね。

別な見方で、最近プロモ止まりのレコードが少ないって声も聞きますが、
つまり比較的正規盤がちゃんと出ているって事ですね。
でも、それってかなりのタイトルにUK盤やEU盤(ヨーロッパ盤)が含まれてるって事ないですか。
超ビッグタイトルで、USでもヒットチャートの上位に入っているような曲なのに
US盤が出ていないって事もかなり多いと思いません?

UK盤やEU盤は、結構少ロットでも盤はプレス出来るみたいなんですよね。
でもイギリスやヨーロッパで、新譜のレコード屋に行ったことがある人はわかると思うんだけど
日本でフツーに売ってる様なUK盤やEU盤が、現地では全然売ってなかったりします。
HOUSEなんかはそんなことないけど、HIP HOB、R&Bでは売ってないんですよね。
現地のお店も仕入れないってこともあるかもしれませんが、
これは多分それらの盤は、かなり日本の需要を意識して作られてるってカンジです。

聞いた話では大手の新譜レコード店が、「ある程度まとまった枚数を仕入れると言う前提」なら
レコードレーベルが日本のレコード店のリクエストに応じて盤を作ってくれるみたいです。

そういったレコードって日本でしか流通してないので、あとになって人気が再燃して
探しに買い付けに行っても海外には無いんですよね。

このような日本の事情とは別にアメリカでは確実にプロモ、正規共に
レコード盤のニーズはさがって来てプレス数は減っていくようなカンジがしますね。

nextは中古のレコードをメインに扱っているので
「新譜なんてあまり関係ないだロー」って思われますが、新譜のリリースって
中古レコード店にとって実は大いに関係あるんですよね。
今は新譜だけど5年や10年たったら立派なUSED盤になるんですよ。
70-90年代にプレスされたレコードってもう、あとは破棄されて消えていくか
コレクターのレコード箱に入って出てこなくなる一方なんですよね。
新譜のレコードって、中古レコードの流通の中では一番上流にあるんですよ。
だから、その上流にある新譜のレコードのリリースがなくなると、その何年か後には
中古もなくなるんじゃないかなって思うんです。
だから、レコード店の考え的には、やはり新しいレコードは
どんどん出てきて欲しいんですよ。

そういったレコード店の思惑とは別に、海外のDJ達の間ではデジタル音源でのプレイが
結構増えて来ているようですからね。そういうPLAYスタイルのDJの間では、
もうアナログ盤の必要性は、かなり少なくなってきているのかもしれません。

ま、オイラの思ってる事なんて、そんなに信憑性は高くないと思うのですが、
この先、US盤での正規やPROMOのリリースが少なくなっていくような気がホントに
するんですけど・・・ 結果は、2006年の後半に書いてみますね。

今回紹介するのは

STRAFE / SET IT OFF

かなり、お気に入りのエレクトロサウンドです。
このレコードは今では、HIP HOPを聴いてる人にも人気があるようです。
ネタとかに多数使われてますしね。

以前にもブログで書いたんですが、海外では「エレクトロサウンド」っていうのは
1つのジャンルと確立していてのファンという人が、かなりいるのですけど
日本では、イマイチなんですよね。
オイラと同じくこの曲が、良いって思う人も「エレクトロ好き」って
訳じゃないと思います。 
でも、もしかして日本でもエレクトロブームって来るときあるのかな~って
思ったりするんですけど。 
日本のラジオのDJ PLAYで、30分くらい海外のDJが、エレクトロをMIXしていたんだけど
かなり、格好良かったですね。 あまりエレクトロって日本ではPLAYされる
こと多く無いじゃないですか。だからMIXの仕方とか結構新鮮でした。
解釈の仕方かもしれませんがその時は、RUN DMCとかもPLAYされてて、
「RUN DMCもエレクトロなのか・・・」ってちょっと感心しました。

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/s/strafe_setitoff.ram

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

サウンドファインダーの名物社長の新川さんがやってる"Needle in the Groove"っていう
FMラジオの番組があるんですが、そこでnextのスタッフ門野が2/11にDJ MIX SHOWを先月に続いて
またまたさせていただきました。

本当に皆さんに聴いてもらいたいのですが、FM局は、「渋谷FM」といって
渋谷エリアでしか聴けないんです。
ソングリストはこんな感じです。
タイトルから大体の雰囲気で感じ取ってください。
nextのサイトでオンライン聴けるようにしてもいいですか?新川さん。

01. Los Conquistadores Chocolates / Johnny Hammond

02. New Jersey Deep / Black Science Orchestra

03. Jerkey Rhythm / Erotic Drum Band

04. Zombi / Fela & Afrika 70's

05. It's My Time / Michelle Weeks

06. Ain't No Mountain High Enough / Inner Life

07. You Make Me Feel / Sylvester

08. Go Bang #5 / Dinosaur L.

09. Music Sounds Better With You / Stardust

10. When Can Our Love Begin / Kimala Lovelace

11. Plastic Dreams / Jaydee

12. Any Love / Rufus & Chaka Khan

13. Flowers / Armand Van Helden feat. Roland Clark

14. Mixed Moods / Mateo & Matos

15. Love X Love / George Benson

16. Brasil Minus Six / Native Elements

17. Rock With You / Michael Jackson

18. Sweet Melody / Mae 1

19. Ponteio / Da Lata

20. Juju Jazz Experience / Jombo Life

21. I Know You, I Live You / Chaka Khan



Needle in the Grooveのオフィシャルサイト
http://www.needleinthegroove.jp/main.html

Needle in the Groove主宰 新川さんのブログ
http://spaces.msn.com/members/needleinthegroove/{link}/

↑このページのトップヘ