渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

イメージ 1

毎日、お店を営業していてお客さんとレコードのコトを話ししていると
意外なコトに気が付いたりします。
あるお客さんが一枚のレコードを買おうか止めようか悩んでいたんですよ。
お客さんが、そのレコードを購入するか否かはイロイロな事情があります。

「もっと探せば安価であるんじゃないか?」
「今、買わなくてもいいかな・・・」
とか
「持ち合わせがない」、「今月は懐具合がキビシー><」
など・・・

事情は、そのお客さんそれぞれなので真意の程は、本人しか解りませんが、
まぁ大体こんな事情だと思います。

オイラは、そう言う悩んでいるお客さんには、あえてオススメはしないんですよ。

購入を悩んでいるお客さんから、よくある問いかけで
「どれ位のペースで入荷しますか?」
とか
「まだ、何枚かストックありますか?」
なんて訊かれたりしますね。
たぶん、そのレコードを諦める正当な理由を探しているんでしょうね。
でも、諦める理由を探しつつ手に入れたいという気持ちもあるんです。

どれ位のペースで入荷とかは正直、わからないんですよ。
「ちょくちょく入って来ますよ~」とか言ってて一年以上入らなかったりするレコードも
多数あるんで、なんとも言えませんね。
ストックがあるレコードは、
「まだあるから次来た時でもダイジョウブだと思いますよ。」と伝えますね。

でも、実はこういったコトを話しても 欲しいレコードは、欲しいんですよ。

お客さん 「ちょっと試聴させてもらってイイですか?」

オイラ 「全然オーケーですよ。」

試聴タイム♪♪

お客さん 「あーカッコいいな。この曲好きなんですヨ~。」

以前、このブログでも書いたことなんですが、お客さんはレコードとその曲を
どちらを優先するのかな、と思って以下の事を訊いてみました。

オイラ 「この曲好きならレコードから録音したモノCDに焼いてあげましょうか?」

お客さん 「え~CD貰ってもな~・・・」

オイラ 「タダでも嬉しくないですか?」

お客さん 「全然嬉しくないですね。」

オイラ 「じゃ、このレコードのブート盤とかタダであげるよっていわれたらどうですか?」

お客さん 「イヤ~いらないですね。」

つまり、収録されている音楽もモチロン大切なんだけど、
それは 「ちゃんとしたオリジナルのレコードでなくてはダメ」と言うことなんでしょうね。

以前、iTunes Music Store が、オープンした時、
「パッケージメディアはもしかしてドンドン衰退していくのかな~」なんて思ってたんですが、
もしかしたら意外とそんなことなくて
「ダウンロード→CD購入」
と言う具合にパッケージの購入に進むのかな~なんて近頃は、思ってます。

やはり、レコードが好きな人は、
レコードの中に収録されている曲がモチロン重要だけど、レコードでなくてはならないんでしょうね。
キッカケは、やはり、DJ PLAY(クラブでのプレイだけでなくMy DJ ROOMでのプレイを含めて)
だったんだけど、レコードそのものの魅力にドンドン魅せられたんですね。
オイラ自身が、まんま同じコトを体現しているので間違いないですね。

結局、お客さんは買うのを諦める理由を探してたんだけど
「ヤッパ買います!悩んでても自分のモノにはならないですから。」
ってレコードお買い上げしていただきました。

そのレコードに出会えるのも何かの縁みたいなのもありますからね。

今回紹介するのは
FINGERS INC. / CAN YOU FEEL IT

今更ながらチョ~名盤のHOUSE CLASSICなレコードです。
オイラも、このレコード買うときメチャ悩んで買った覚えがあります。

オイラは大阪のもう今はCLOSEしたダンスの12インチシングルの専門店で
このレコード買ったんですよ。
そこのお店は、新譜屋で結構品揃えが豊富で週末によく通ってレコードを
チェキってました。 もう、在庫のレコードがハンパなく多いので1回行くと
軽く1-2時間位くらい見るのに時間かかってました。
当時(1990年)、オイラはHOUSEにハマってて今思えば、
「一番レコード購入熱が高かった時期」でした。
リリースされる新譜のHOUSEのレコードを買いまくってましたw
その頃は、「HOUSEのCLASSICだからプレミアプライスが付く」なんて
全然無かったんですよ。
だから、フツーに新譜のレコードは1000-1500円だったんですよね。
このレコード FINGERS INC. / CAN YOU FEEL IT がリリースされたのが
1988年なのでオイラが手に入れたのは2年後なんですが、そこのお店では
どういうワケか新譜の3倍の値段が付いてたんですよね~。
オイラも今でこそ中古レコード店を営んでいる立場ですが、
当時は、レコードにプレミアが付くなんてことも全然解らないヒヨッ子だったんです。

かなり悩みましたね~このレコードをそこのレコ屋ではじめて見た時に
「買おうか・・・辞めようか・・・」
もう、3回程悩みながら、そこのレコ屋を後にして店を出たんですが、
またそこのお店に行ってJACK TRAXのレーベルのコーナーを見ると、
DR. MARTIN LUTHER KING JR.がオイラの事を待ってるんですよ・・・

「キング牧師・・・今日はあんたを連れて帰るよ」って言って買ったのを覚えてます。

で、家に帰って早速レコードをターンテーブルに乗せて音を出すと、
「I HAVE A DREAM!!!!」 ですからね~。
マジでトリ肌立ちましたよ。
「あ~買って良かった・・・」って純粋に思いました。

ところで LARRY HEARD さんDJ PLAYで来日するようですね。
http://www.sondexter.com/larryheard/

I HAVE A DREAM のリリックは下記で読む事が出来ます。
http://www.worldwideschool.org/library/books/hst/northamerican/IHaveaDream/chap1.html

FINGERS INC. / CAN YOU FEEL IT に関する情報は下記で。
http://www.discogs.com/release/20132

イメージ 1

next.records presents Exclusive mixshow
DJ HURUO JUMP OFF vol. 7 をUPしました。

今回もアツイコスリで最新HIPHOP MIXを聴いてください!

http://www.nextrecordsjapan.com/djharuo/djharuo_2006index.html

このブログは....
Hip Hop (ヒップホップ), R&B, ダンクラ等ブラックミュージックの
オリジナル12インチシングルを扱う中古レコードショップ next record
が運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com/

イメージ 1

先日、渋谷にある大手の中古レコード店に行った時に思ったコトを書いてみます。

オイラの考えでは新しいレコード、所謂、新譜レコードはこの先、リリースの数やプレスの枚数は
減少していくと思うんですよね。このことについては以前、このブログでも書きました。
ま~レコードを買う人もオイラがnext recordsをオープンさせた2000年に比べたら
少なくなっていると思います。
今回、行った大手中古レコード店は渋谷の中でも商品の回転がチョ~早いレコード店なんですよ。
お店はフロアごとに音楽ジャンルを分けた売場でオイラが行ったその日は、平日の4時頃で
雨降っていたんです。
いくら人が多い渋谷でも平日4時の雨の日はさすがにレコード店にはそんなに人は
入ってないんですよ。それは中古レコード店に限らず、新譜レコード店も同じようなカンジですね。
その大手中古レコード店のhiphopのフロアは4-5人のお客さんがレコードを掘ってたのですが
Jazzのフロアに行くと、まるで熱気が違うので驚きました。

そのお店のhiphopの売場はよく行くので大体のお客さんの入り具合は想像出来るですが
Jazzの売場は一年ぶり位に訪れたんですよね。
平日の悪天候と言う条件にも関わらず20人程のお客さんが、
モリモリとレコードを掘っているんですよ。
オイラは、Jazzには詳しくはないのですが、そこでのお客さんのレコードの掘り方は、
冷やかしや様子見で来ているお客さんじゃなくて明らかに

「なんかイイレコードないかな~」

な掘り方なんですよね。
こういうお客さんはレコードのエサ箱に一通り目を通すので滞在時間が長いんですよね。

「へーJazzのレコードって人気あるんだなぁ」

なんて思いながら漠然と見てたんですが、そのレコードを掘ってるお客さんを
見て気が付いたんですがお客さんの年齢に幅があるんですよ。

若い人だと大学生位の人から年配の人だと50歳台位までのお客さんが、
懸命にレコードを掘ってるんですよね。

普段、hip hop系のレコード屋では年齢が高くても30歳の後半がリミットなんですよね。
40歳台の人もいるとは思うんですが、かなりレアケースなんじゃないかな。
理由は簡単でhip hopという音楽が日本で浸透してきた時代に
音楽をガンガン聴いていた世代が30歳台後半位なんだからだと思うんです。
それに比較してJazzは50年以上の歴史があって
同じように、その時代にJazzを聴いていた人が今までず~っと
聴き続けているんじゃないかと思います。

当然、新しく若い世代の人もCLUB JAZZなどを入り口として古い音源にまで
遡って来たんでしょうね。

Jazzに関しても当時はモチロン、レコード文化の中で培われた音楽なので
復刻盤のCDも出ていると思いますが、出ていないモノの方が圧倒的に多いので
やはり、突き詰めて行くとレコードなんでしょう。

こういった状況をhip hopに置き換えると、もしかしたら20年後に
今、20歳台のでhip hopをガンガン聴いている人が、40歳台になって
Jazzのレコードを掘っている人のようにレコード探したりするのかなぁ~
なんて思ったりしました。

「PETE ROCKヤバいね~」

なんて言いながらね。
いや、もしかして20年後なら

「KANYE WESTヤバいね~」

かもしれないですね。

ホント、どうなるか20年経たないとわかんないけどJazzだって50年前に
今の状況なんてゼッタイ想像出来なかったですからね。


今回紹介するのは、
PETE ROCK & C.L. SMOOTH / MECCA & THE SOUL BROTHER

「Pete Rockヤバいね~」
な12インチシングルです。

このレコードは、曲のクォリティーはピカイチなコトはモチロン、
一連のPete Rock & C.L. Smoothの作品のシングルの中でも
なかなかお目にかかることが極端に少ない盤ですね。

白ジャケにステッカーという体裁では他に「Serchin'」 などかあるんだけど、
オイラの想像だと多分、同じ位のプレス数は刷られているんじゃないかな?
なんて思うのですが、ホント極端に出てこないのを見るとそんなことはナイのでしょうね。

このレコードみたいにコレクターズアイテムのような盤は、
持ち主の「お宝バコ」に入っちゃうので市場に出てこないってのもありますね。
MECCA & THE SOUL BROTHER 12インチシングルに関しては、
曲の価値以上に、「レコードであるという価値」の方が際立って
大きいという事情がありますからね。

2006年の今現在ですらレアなレコードのこの、
PETE ROCK & C.L. SMOOTH / MECCA & THE SOUL BROTHER
ですが、今回のテーマで話した20年後には、
一体どういった扱いになっているのかなかぁなんて想像しますね。

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1

ある情報系テレビ番組の特集で、 オタク のコトを紹介していてたの観て
イロイロ感じることがあったので書いてみたいと思います。

これを読んでくれている人は感じていると思いますが、
モチロンオイラは、「レコードオタク」です。
全然判っているし自覚もしています。
テレビ番組の中ではNゲージ(鉄道模型)マニアの人や、プラモデルマニアの人が
紹介されていて奥さんにその趣味を理解されないって嘆いてましたけど、
オイラが思うにその同じ趣味同士でないとその良さは理解されにくいと思うんです。

「Nゲージをジオラマの中で走らせてローアングルで眺めるのがイイ!」
リアルな見え方するんだよね~その良さスゴくわかりますね。

「全然作るわけでもないのにせっせと欲しいプラモデルをコレクションする!」
あ~わかるな。身近にある安心感がイイんだよね。
なんてね。  趣味の相違はあるにせよそのマニアックぶりな所は共感できますね。
もうこの「渋谷レコード店日記」も50コ位 レコードのコトばかり書いているんだけど
好きなことについて語るわけだから全然書けるんですよね。

ところが、レコードが好きな者同士の中でもビミョーに違う観点から
相手のコダワリが理解出来ないことや判ってもらえないコトも多いですね。

ま~オイラは、お店を営んでいる立場からイロイロなお客さんの
レコードへの思い入れやこだわった主義の話を聞くので
「へ~そうなんだ・・・」
なんて思うこともしばしばあります。

お客さん 「この前、スゲー探していたDEBRA LAWS / VERY SPECIALの12 48000円で買ったんですよ!」

オイラ 「マジで? それ、すごくイイ買い物だと思うよ。
あのレコード、オイラも人生で2回しか見たことないよ。
海外ではその倍近い位のプライスで取引されてよ。」

お客さん 「いや~でも、DJ仲間の友達に話したら 「狂ってるよ 」って言われちゃいました。」

オイラ   「え~なんで?」

お客さん 「48000円って新譜レコード50枚買えるよ。1枚に4万以上なんてあり得ないよ。
って言われたんですよ。」

オイラ  「え~そうかな~。レコードって何枚持っているかって枚数よりも
      どんなレコードを持っているかっていう内容じゃないのかな。」

お客さん 「俺もそう思うんですよ。 でも、「そんなのLPとかブートで十分だよ。」
とか言うんですよ。でも聴き比べるとゼッタイ12の方が音が良いんですよ。」

オイラ  「そりゃそうだ。だけど、新譜で買ったレコードの内、10-20年後も聴けるレコードって
      何枚あるのかね~。確実なのは、DEBRA LAWS / VERY SPECIALは、
      20年後も余裕で聴くことが残るレコードだとオイラは思うよ。」

お客さん 「そうですよね~。ブートでもイイじゃんって言ってるソイツなんて
UREI(DJ MIXERの名器)持ってて、「ヤッパ、UREIは音がイイな~」なんて
PLAYするレコードは、音質が良くないブートでもイイくせにUREIは音がイイ
なんてワケ解んないこと言ってますからね。耳おかしいんじゃないの?って思いまよ。」

オイラ  「アハハハ (=^▽^=) 」


ま~イロイロなレコードをたくさんの枚数持ちたいって言う気持ちも判るんですよ。
だけど、何百枚もレコードを買っていくとある時、「枚数じゃない、内容だ!」 ってコトに
気が付くと思うんですよね。
それに気付かず、ずーっとレコードを買い続けていると何年か後、
たくさんのもう聴かないレコードの山が出来ると思います。
新譜やブート盤/再発等は、値段が安いのでその盤の音質や曲の良し悪しの判断になる基準が、
「ガク~ッ」と低くなって買っちゃうんでしょうね。
営業用としてそう言ったレコードが必要というのは確かにあるハズだしね。
割り切ってるというのも判ります。

こういったカンジで、同じ共有出来る趣味の者同士でもビミョーに理解されないトコロがあるんだから
趣味を共有出来ない人には更に理解出来ないでしょうね。

ま~他人に、「お願いだから理解して欲しい!」なんて思わないけど、奥さんや彼女には
ほんの少しだけでイイから理解して欲しいな~なんて思います。


今回紹介するのは、
JOHN GIBBS & U.S. STEEL ORCHESTRA / TRINIDAD

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/j/johngibbs_trinidad.ram

ん~STEEL DRUMってホントいい音出しますね~
打楽器なんだけど、ちゃんとメロディを奏でてて、尚かつ微妙に耳にやさしく聴こえる
個人的には、とてもステキな楽器だと思います。
夏っぽい曲なのでこれからの季節にぴったりですね。

このレコードは、Jumbo Caribben レーベルからリリースされる前に出た12です。
レーベルは、SOLID STEEL RECORDSってところから出てます。ちなみに1977年
Live at the Paradise Garageに収録されてから、最近では、海外でも全然見なくなりました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00004W5BE/httpwwwgecco-5-22/ref%3Dnosim/249-3827764-5864335

日本では、ビッグネームのDJが手がけたMIX CDの影響がすごく大きいってのは実感として
すごく解るのですが海外でも全く同じようですね。

Live at the Paradise Garageの収録曲を見ていたら

disc-1
1.Bourgie Bourgie - Ashford & Simpson
2.It's Music - Damon Harris
3.At Midnight - T Connection
4.Put Your Body In It - Stephanie Mills
5.By The Way You Dance - Bunny Sigler
6.Right In The Socket - Shalamar
7.Take Me Home - Cher
8.Dreaming A Dream - Crown Heights Affair
9.Pick Me Up I'll Dance - Melba Moore
10.Funk Train - Munich Machine
11.Here We Go Again - People's Choice

disc-2
1.Here We Go Again - People's Choice (cont.)
2.Bad Mouthin' - Motown Sounds
3.Let Yourself Go - Supremes
4.Angel In My Pocket - Change
5.Smack Dab In The Middle - Janice McClain
6.Sun...Sun...Sun - Jakki
7.Trinidad - John Gibbs and the U.S. Steel Band
8.My First Mistake - Chilites
9.Erucu - Jermaine Jackson

ん~まだ、手に入れやすいモノもあるけど、もう何年も見ていないレコードも多数ありますね。
Larryが亡くなって、もうだいぶ年月が経っているのですが
CLUB MUSICフリークな人達の世代交代によってParadise GarageやLarry Levanの
伝説だけしか知らない人も多くなってきたから、日本だけでなく世界的に
こういったCDが唯一の情報になっているんでしょうね。

今回はレアなレコードの話しが出てきましたけど、海外のレコードコレクターの間では
「レアなレコード」をコレクションするって言うのも多いですからね。

オイラ的には、MIX CDの情報も良いけど、自分の耳で聴いて判断してくれたら
いいな~って思います。


このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

イメージ 1

オイラのカミさんが、
「欲しいCDがあるんだけど、探してくれる?」って相談があったので
「そんなのわざわざ買わなくてもファイル共有で即ゲットだぜ~!」って
ビッグマウスで探したんですよね。
お目当てのアイテムは、チョ~ビッグネームの邦人アーティストで10年位前のCD。
ヤフオクをチェックしたら10点ほどHITしました。
落札価格は1000円位で全然買えそうです。
収録されている曲数は、13曲です。

早速、ファイル共有ソフトを起動して探したんですが
HITはするんですが、アルバム単位で引っかからなくて
曲単位のバラバラで、HITするのでひとつひとつ手作業で
ダウンロードしなきゃいけないんですよ。
んで、何曲かはダウンロード出来たんだけど、アルバム収録の全タイトル揃えるには
どうしても3曲足りません。
もう、ありとあらゆる手を尽くして探したんですが見つからない(;_;)
ふと、時計を見たら今まで探している時間が1時間程かかってたんですよね。
結局この日は、完全コンプリートは諦めてカミさんには
「後日探してCDに焼いておくよ~」と伝えて探すのを辞めたんですよ。

次の日、仕事から帰ってくると
カミさん 「あのお願いしてたCDもういいよ。 」
オイラ 「え? なんで? もうあと3曲見つかればCD焼けるよ。」
カミさん 「近所のBOOK OFFで700円で売ってたから買ったよ。 」
オイラ (+_+)

あと3曲探すのに30分位かかるかもしれない。
としたらそのCDを焼くのに1時間30分の時間を費やしたことになる。
ちょっと強引な物言いかもしれませんが、その時間と労力をお金に換算すると
千円以上かかっているとも言えるんじゃないでしょうか。
オイラのカミさんは、ヤフオクで千円で落札しても、送料や振り込み代金を
加算したら1700円位になる。
そのCDなら本体だけなら1000円位で買いたいと思ってたみたいです。

この場合、タダで手に入るモノ(音源)を700円を払ってCDを買ったんで、
もしかしたら損したようだけど、実はヤフオクで買うより
1000円程、安く手に入れるコトが出来て、しかもダウンロードによって
自力でタダで手に入れるよりもその労力をお金で換算した場合、
1000円以上安く手に入れている事になってるので、
結局、BOOK OFFで買った方がお得だったんです。

タダって一見、「お得!」なカンジがするんだけど
そうでないコトも意外と多いんじゃないスかね。

最近、音楽のダウンロードとか多くなって巷にファイルが
溢れかえっているけどホントに欲しいファイルって意外と見つからないんですよ。

欲しい度ランクってだれでもあると思います。

強烈に欲しい

ちょっと欲しい

どちらかというと欲しい

タダでも要らない

みたいなカンジでね。

オイラにとってネットの音楽関係のダウンロードファイルって
「聴くか聴かないかわからないけど取りあえずダウンロード!」
みたいなファイルばかりなんですよ。
もう99%位のモノが自分の価値観だとゴミ同然のモノばかりです。
こんな感じでダウンロードしたモノなので記憶にも全然残らなくて
後から「これ何のファイルだっけ?」みたいな感じになって
解らないから「削除」ってあっさりしちゃう事が多いですね。
ダウンロードファイルなんて価値というか値打ちなんて、
「殆ど0(ゼロ)」に近いですね。

やはり、ホントに価値のあるモノをタダで手に入れるには、インターネットの
世界でもそれ相応の労力とスキルなどが求められるんですね。
今回のコトからは、それ相応の対価を払った方が確実に、しかも早くモノが
手に入れることが出来るというのを実感しました。

今回紹介するのは
RHYTHIM IS RHYTHIM / STRINGS OF LIFE

http://www.nextrecordsjapan.net/soundfile/classic/r/rhythimisrhythim_stringsof.ram

この手のダンスミュージックというのは、クラブシーンの流行の早さの中では、
どうしても「消費される音楽」になることが多いと思うんです。

ヘビープレイされていた当時はイイ曲だと思っていても、ダンスミュージックの
サウンドの音色の流行り廃りみたいなのがあって、何年かたった後に聴き直して
「意外とショボい音だな・・・」なんて当時とは、違う聴こえ方がしたりしますが、
この曲は別格ですね。

リリースされたのは1987年なんですよ。
今じゃPCを使って曲を作るのは当たり前ですが、
イイ機材だとかそう言うのとは別次元にこの曲はあるんだと思います。
たぶんDERRICK MAYも STRINGS OF LIFE を作っている時は、
ダンスミュージックの神さまが降臨したんじゃないかなと思える程、
神懸かりのようにスバラシイ曲です。

「オ~ヤバイ!スゲ~キョクデキテルヨ!」 って感じかも。

この盤はUKのJACK TRAXというレーベルからリリースされたレコードで
PIANO MIX が収録されているレコードです。
TRANSMATからリリースしているUS盤にはPIANO MIX入ってないですね。

いや~20年も前の曲とは思えませんね。マジで。
'Strings Of Life' is a Techno masterpiece and a musical work of art.

DERRICK MAYについての下記を参照してください。
http://www.discogs.com/artist/Rhythim+Is+Rhythim

このブログは、渋谷のnext. recordsが運営しています。
http://www.nextrecordsjapan.com

↑このページのトップヘ