渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

gabrielle_iwish_uk

2020年は、コロナの影響もあってレコードの買取査定の依頼がイッキにガクンと少なくなって来たのですが、ココ最近また少しずつですが、査定の依頼も増えてきました。
ホント、ありがたいです・・・。
まぁ〜サスガにね、レコードの買取査定とはいえ、渋谷から来たレコード屋のオヤジを無防備に家に招き入れるってコトにはならず、ホトンド配送により買取査定ですケドね。
当店のレコード買取査定の流れは、とりあえずたくさんの査定がある場合は、電話やメールで「レコードの査定をお願いしたいんですケド・・・」ってご連絡いただくケースが多いんです。
その時に、所有しているレコードコレクションのおおまかな内容をおお訊きして、当店の商品構成に沿うようなレコードコレクションであれば、「ゼヒ、査定させていただきますっ!」ってなります。

で先日、買取査定依頼のお客様よりこんなお電話をいただきました。
どうやら、当店より先に他店へ買取査定依頼を出したトコロ、その査定内容に納得できない・・・ので、ハナシをきいて欲しい・・・とのコト。

詳しい内容を訊くと・・・
●1000枚以上のHIPHOPの12インチシングル中心のレコードの査定。
●内容的には、90年代初期のタイトルが多くって、A TRIBE CALLED QUEST / GANG STARR / NAS / PETE ROCK & C.L.SMOOTH / 2PAC なんかのタイトルがUS盤オリジナルで多数含まれる。
●査定依頼したレコード店のHPには、12インチも「高価買取します」と書いてあったので配送による査定依頼をだした。
●しかし・・・1000枚以上のレコードコレクションのすべての査定額が、希望する額に全然至らなかった・・・。
といったご相談でした。
で、「コレって正しい査定なのですか・・・?」って訊かれました・・・。

タブン、おハナシを訊いたカンジだと90年代後半のHIPHOP系のDJ人気の真っ只中に大枚をはたいて中古レコードで購入されたんだろうな・・・っていうカンジのコレクションのようです。
レコードを処分される人にありがちなのですが、ご自身のレコードコレクションを過大評価しがち・・・っていうケースがよくあります。
やはり単純にレコードだけの評価ってよりも、ソコに至った思い入れや熱量なんかも多大に加味されちゃいますからね・・・そういう気持ちになるのもよ〜く解ります。
しかし、1000枚以上のHIPHOPのレコード・コレクションでその内容からお客さんから聴いた査定額は、ちょっと・・・メチャ低いんじゃないかな・・・って思ったのでそのままオイラがカンジたコト伝えました。
まぁ〜電話でおハナシしただけで実際のレコードを見ていないので、ホントのトコロは解りませんケドね。
結局、お電話いただいたお客さんは、査定依頼を出したレコード店の査定内容がまったく全然納得できないというコトで、最初に査定依頼出したレコード店から全レコードを引き上げて当店へ改めて査定依頼をしていただけました。
他店の査定内容に納得できなくて当店へ依頼していただけるのは、ウレシイんですが、ん〜ナンダカ、フクザツな気持ちです・・・。

査定を希望しているお客さんが、どのレコード店へ買い取り依頼を出すのかは自由ですし、査定依頼をしたレコード店から提示された査定額を見て処分するのも、しないのも自由です。
しかし、オイラの心境は・・・ってカンジです(笑)
で、数日後に引き上げられたダンボールに入った大量のレコードが当店へ送られていました。
ん〜他店で査定されたレコードがそのまま当店へ来ちゃうって、あまりこういったケースってナイのでちょっと生々しいです・・・。
中身を確認してみると・・・コレがなかなかホントに良いコレクションなんですよ。
事前におハナシで聴いた通り、US盤オリジナルの12インチがドッチャリ入っていました。
だけど、内容を見て解ったのですが先に査定をしたレコード店は、オイラからすれば、かなりトンチンカンな査定をしているのが解りました。
あまりにも生々しいハナシなので査定額部分は伏せますが一瞬見ただけでも「イヤ〜サスガにこの内容で●円は、ナイだろう・・・。」って思ったホドです。
依頼を出したお客さんが納得しなかったのもナンとなく解るような気がします。
確かに最近は、CLUB MUSIC系の12インチシングルの買取査定は、ドコのレコード店でも積極的に買い取りしていない実情がアルのは事実のようです。
以前にもこのブログでも書きましたが、大手の中古レコード店でCLUB MUSICの12インチシングルの買い取りのコトを電話したら、内容も訊かずに「安いですよ・・・」ってあからさまに言われるケースも多いようです。
にしてもですよ・・・やはり、内容を見てちゃんと判断すればそれ相応の査定になると思うんですケドね。

買取査定を実施している中古レコード店で「高価買取」や「高額査定します」って文言がよく書いているじゃないですか。
あのワードって「なんかナゾだな〜」ってオイラは以前より思っているんですよね。
ナニを持って「高価買取」なんでしょうね・・・基準は、ドコにあってソレよりもどれくらい高額に査定しているのかっていうコトもわからないナンダカ、フワッとしたキーワードのような気がします。
いっそのコト、「他店の買取明細を提示してくれたらソレよりも●%増しで買い取りしますっ!」ってくらい宣言したほうがわかりやすんじゃないかな・・・って思ったりもします。

GABRIELLE / I WISH
GABRIELLE / I WISH の試聴
next recordsのサイトでGABRIELLEのレコードを探してみる

結局、送られてきたレコードの全数を査定を終えてその詳細をリストにしてお客さんへ送るとソッコーで
「それでお願いしますっ!」って快くOKしてもらえましたっ!
ん〜タブン、先に依頼したレコード店から提示された金額の何倍もの査定になったので、タブンそれが判断の基準になったんじゃないでしょうかね。
先に査定を依頼したレコード店は、HIPHOPの12インチはそれホド、積極的にチカラをいれていなかったんでしょうね。
もはや「高価買取」の本来の意味は、あんまりなくって「買い取りしています」ってコトと同じ意味でしかナイようなカンジなんでしょう。
というワケで、他店での買取査定に満足できない時には、ゼヒ渋谷 next recordsにもお問い合わせしてみてくださいっ!
相談だけでも全然OKですよっ!

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

shannon_givemetonight

時々、書いてる「徒然シリーズ」です。
ヒトツのテーマでは、なかなかまとめにくいコトを書き綴るという、人気のコーナー(ウソ)

●当ブログの人気記事
梅雨明けして一気に真夏モードに突入してきましたね。
コレ、毎年そうなのですが、この時期になると過去に書いたとある記事がメチャ読まれるようになります。
ソレが、コレっ!
レコードは夏に弱い・・・マジでスグに曲がってしまうので注意!
別に書いている内容は大したコトないのですが、タブン、ナン人かの人が「夏の暑さでレコードが変形してしまった」もしくは「これだけ暑いんだからレコードに良くないのかも・・・」ナンてカンジでナンらかのキーワードでGoogle検索してこの記事にたどり着いたんだと思います。
もう熱で曲がってしまったレコードは、ゼッタイに元には戻らないし、レコードは、夏の暑さにメチャ弱いので気をつけましょうね・・・っていう、熱中症と同じレベルの注意喚起でしかナイんですけどね。
だけど、タブンですけど・・・レコードが熱に弱いってコトは、古くからのレコード愛好家ではトーゼンの事実なのですが、もしかしてココ最近レコードを買いはじめた人からすると「えっ!そうなの?」っていうコトなのかもしれませんね。
記事でも書いていますが、ちょっとぐらいなら大丈夫だろうって思うかも知れませんが、夏の炎天下だとホントに5分くらいで変形しちゃいますよ。
変形っていうより、どちらかというと「溶けてしまう」って言ったほうが正しいかもしれません。
マジで気をつけてくださいね。

●知人の中古レコード店主がYouTubersに
いつもお世話になっている同業者でもある中古レコード店主の知人が、まさかのYouTubersになっていました。
ソレがコレ・・・。

ココに動画貼ってもイイのかちょっと悩みましたが・・・まぁ〜オイラに「チャンネル登録ヨロシクっ!」ってLINEでメッセージを送って来るくらいなので、全然公開OKってコトなんでしょう・・タブン。
とういうか、YouTubeに動画をアップするって見て欲しいっていう絶対的な欲求あるからタブン大丈夫でしょう・・・タブン。
ご登場のレコード店主は、池袋にある「だるまや」のビリーさんです。
池袋では言わずとしれた老舗の中古レコード店なのですが、ナゼかクラフトビール屋さんになっていました・・・(笑)
もうかなり、謎だらけの転身で、ちょっと心配になるレベルです。
しかも、驚きなのが中古レコード店で、クラフトビールを併売するという驚愕のハナレ業っ!
おまけに本格的なビールサーバーを導入してその場で飲めるという・・・。
レコードとビールの併売というのはアル意味、ヤバいような気がします・・・が、もしかしてビールをガンガン飲んでもらってレコードを聴かせて購入に結びつけるという営業方針なのかな・・・?
ん〜確かにお酒に酔うと、イイ曲なのが更に何倍にもイイ曲になって聴こえますからね〜しかも、そこで聴いたレコードを購入もできちゃうという。
オイラも、お正月にとあるレコード店の新年明けましての振る舞い酒を頂いた時に酔ってン万円もレコードを買っちゃったコトがありますからね。
ん〜しかし、知っている人が、YouTubeに素人しゃべりで出演している様子を観るのって、ナゼかちょっとコッチまで気ハズかしい・・・(笑)

●レコード店と東京オリンピック開催
今日から緊急事態宣言の真っ只中で東京オリンピックが開催されますね〜。
トコロで、1ヶ月前にこんなコトを書きました。
ひと月後のイベントの影響を妄想してみた。
いや〜しかし、2021年7月23日の開催に至るまでホント、イロイロなコトがありましたね〜。
上記の記事でも書きましたが、コロナ問題が存在しない状況で本来の日程通り2020年に開催されていれば、日本中がイイ意味での経済的な大爆裂があったと思うのですが、現実は・・・ってカンジです。
オイラが大・大・大期待していた訪日客は、まったくナイ状態での開催なのでオリンピック期間中はタブン・・・いつもの状況と変わらない様な気がします・・・。
だけど、もしかして・・・もアルかもって淡い期待も持っていたりします。
というのも、意外と人が外出するようなイベントにレコード店の販売は影響されやすいんですよね。
例えば、ゴールデンウィークとか、お盆時期の連休とか、年末年始って結構、人が旅行したり里帰りしたりで移動するでしょ・・・そういった人の移動が絡むとレコードって買って聴いてもらえなくなるんですよね。
逆をいうと、台風とか大雪とかのようにナンらかの事情があって人が家にいる時間は多くなるとレコードがよく売れるんですよね。
このコロナ禍での巣篭もり需要っていうのもまさにコレです。
で、オイラの思う淡い期待というのは、オリンピックもTV観戦だけになったし、コロナもまた再び感染者が爆増しているので自宅にいる機会が増えて、レコード聴こうかな〜ってなるかも・・・知れない・・・という。
まぁ〜どうなるかは、解りませんケドね。
イロイロ揉めに揉めたオリンピック開催ですが、日本人選手が活躍してメダルを取りまくったら、もしかして流れが一気に変わるかもしれませんしね。
一体どうなるコトやら・・・ってカンジです。

SHANNON / GIVE ME TONIGHT
SHANNON / GIVE ME TONIGHT の試聴
next recordsのサイトでSHANNONのレコードを探してみる

いや〜しかし、池袋の中古レコード店のだるまやさん・・・ナンで、ビールをレコード店内で販売するコトになったんでしょうね。
店主のビリーさんが大のビール好きなのは、知っていましたが、レコード店とは別にコダワリのクラフトビール専門店をオープンさせるっていうのならまだ解るのですが、レコードとビールの併売は、かなり異端な発想のような気がします。
で、YouTubeの動画もレコードのハナシはホトンドなしで、クラフトビールのネタが大多数という・・・。
しかし、イチバン再生回数をタタキ出しているのは、ビリーさんの思惑とは真逆のレコードのコトをネタにした動画という・・・。
もうフツーにレコードの紹介をしたほうが、イイような気がするのですが・・・。
まぁ〜でも天下のYouTubeで顔出しで、バーンと新規事業のクラフトビールの販売のプロモーションをヤっちゃうという行動力は、スゴイなぁ〜って素直に思います。
オイラもヤって見ようかな・・・YouTube・・・
「ハイっ!渋谷の12インチシングル専門のレコード屋、ネクストレコードですっ!今日紹介するのは、コレっ!ジャーーーーーーンっ!」ってカンジで。
「この動画を見てイイなと思ったらゼヒ、チャンネル登録とイイねボタンをポチって押してくださいっ!」
って見てもらえます・・・?(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

patra_workerman_hol

オイラは、自宅でナニか作業中の時によくYouTubeの動画をタレ流ししているんですよね。
で、途中に動画のCMがはいるじゃないですか・・・あのCMなのですがココ最近、モノスゴイ頻度でとある会社のCMが流れてきます。
ソレがコレ・・・。

もうあまりにもこのCMがワタシの見ている動画の最中に頻繁に入るものだから、CMに出演している登場人物やブランドまで覚えちゃうくらいです。
といっても女性用の下着ブランドなのでオッサンにはまったく刺さりませんが・・・。
コレ、なんのCMかというと、Shopify (ショッピファイ) というeコマース用のプラットフォーム・サービスのCMなんですよね。
解りやすくいうと、当店のようなネットショップをカンタンに作るコトが出来ますよっ!っていうサービスです。
Shopify (ショッピファイ)・・・このコロナ禍で対面販売が制限される中、メチャメチャ業績をあげて絶好調のサービスのようです。
TVのビジネス系ニュース番組でも時々紹介されていて「Amazonキラー」と言われるくらいで、ネットショッピング界の巨人、Amazonの牙城を崩す勢いでココ最近、勢力を伸ばしているサービスなのです。

フダンYouTubeで「ナンかいいeコマース用のプラットフォーム・サービスないかなぁ〜?」ナンて調べたコトは今まで一度もナイのですが、ナゼかShopify (ショッピファイ)のCMが頻繁に出るようになってるんですよね。
確かに、オイラもeコマースの運営をヤってますよ・・・もうガッツリとっ!
もうオイラのnext recordsとしての活動のホボ、100%は、ネット販売に関する業務ってくらいですから。
Shopify (ショッピファイ) ってサービスの良し悪しってコトよりも気になるのは、ナンでオイラの実務にカンゼンマッチしたCMが流れるのかっていうのがメチャ、気になるんでしょね。
うわ〜今この記事書いている最中に別画面でYahoo Japanを開いたらいきなりShopify (ショッピファイ) の広告バナーが出てきたよ・・・。
もしかしてオイラの文章・・・リアルタイムの解析されていて「おっ!コイツ、Shopify (ショッピファイ) のコトをナニか書いているな・・・興味あるのか・・・よし、バナー広告掲載だっ!」って出てきたんじゃないかなって邪推しちゃいますよ。
ま〜実際は、過去のオイラの検索履歴とか、見ているHPや動画の内容などを解析してオイラの行動履歴とかシゴト内容とか年齢、性別、嗜好、社会的立場・・・などなどを「だいたいこういう人だろう・・・じゃあ、こういう広告に興味があるんじゃないのか?」って表示させているんだと思うんですケドね。
だけど、この記事を書いている最中にリアルタイムでマッチする広告が出てくるとちょっとビビりますね〜(笑)
こういったマッチング技術ってココ最近、メチャ精度が上がってきているんじゃないのか・・・ってコトも思うんですよね。
というのも、オイラがいまnext recordsのショッピングサイトに絶対に取り入れたい機能は、「この曲がお好みだったら、この曲もオススメですよっ!」っていう当店のHPを見ているお客さんの趣向にマッチしたレコードをレコメンドする機能なんですよね。
このコトは、以前にも書いたコトがありますが、もしかしてそろそろこういった制度の高いマッチング技術が一般のeコマース用のサービスまで組み込まれるのかも・・・?
イヤ、もしかしてすでにShopify (ショッピファイ) には、採用されていて「アナタ、精度の高いレコメンド機能が欲しいんでしょ?ならShopify (ショッピファイ)だよっ!」ってカンジでもう一歩踏み込んでマッチングしているのか?ん〜コワイんですケド・・・。
だけど、このマッチング技術、便利な半面、個人の趣味嗜好という極めてプライベートに関わる情報を取得しているワケですよね・・・。
そういうトコロまで、考えるとちょっとヤバいような気がするような・・・。
ちょっと前にもAppleが発表した追従広告のコトがニュースになっていましたよね〜。

このCM・・・見た目は笑えるケド、実際に擬人化したらホントにこんなカンジでしょうね。


先日、こんなニュースが話題になりました。



要約すると、Googleが日本のpring(プリン)という送金サービスを提供している会社を買収したというニュースです。
最近、当店でもリアル店舗では、クレジットカード決済・スマホ決済がようやく増えてきました。
で、ネット販売の方では、今年アタリから今まで、現金での代引きでお支払いが2/3以上だったのですが、現金代引き以外でのお支払いが半分くらいの割合になってきました。
当店は、現金代引き以外では、クレジットカードでの決済と商品受け取り後にコンビニで代金を支払う後払い、フダン利用しているAmazonのアカウントで支払うAmazon Pay(アマゾン ペイ)の3つの支払いが選ぶコトが出来るようになっています。
割合としては、オンラインでクレジットカードで支払うっていう方法がイチバン多いのですが、ココ最近、Amazon Pay(アマゾン ペイ)で支払う人が急増しています。

logo_amazonpay
オイラが、Amazon Pay(アマゾン ペイ)導入を決めたのは、買い物の度にクレジットカードをサイフから出さなくてもイイってコト、しかも会員登録もしなくてイイってコトにスゴくメリットをカンジんですよね。
3年ほど前にAmazon Pay(アマゾン ペイ)導入したのですが、当初Amazon Pay(アマゾン ペイ)自体の知名度がイマイチだったのもあって、なかなか使ってもらえかったのですが、最近ようやく浸透してきたってコトかもしれません。
やっぱり、送り先の住所なんかを入力しなくてイイっていうのはホント、便利ですよね。
だけど、もっとカンタンに出来ないか・・・って思っちゃうんですよね。

で、先のGoogleのニュースなのですが、既にGoogle Payっていうサービスがあるのですが、コレってユーザがそれぞれ利用している既存の持っているクレカやスイカを登録してリアル店舗での決済出来るサービスに留まっている状態です。
だけど、Google自らが自前の決済サービスを運営するコトで、Googleがメインステージであるネット販売でGoogle Payがカンタンに利用できるんじゃないかな・・・って思った次第であります。
ネットで気になるレコードを見つけたら、会員登録なんか一切ナシで事前にGoogle Pay内に保存してある配送先情報を参照してタップ1回で配送先と決済が出来るというイメージです。
もう、スマホでポチポチ、住所の入力とかパスワードとか設定を一切しなくてイイっいうカンジですね。
Google PayがそういったサービスをはじめるとApple Payも黙ってないでしょう。
ま〜浸透するまでには、多少時間がかかるかもしれませんが・・・便利になると思うんダケどね〜。

PATRA / WORKER MAN
PATRA / WORKER MAN の試聴
next recordsのサイトでPATRAのレコードを探してみる

もうホント、とにかくネットショップで買い物をする時って会員登録と決済カンケーを如何にシンプルかつスマートにするかってコトはとても重要な気がします。
つい先日も、こんなコトがありました。
PayPayフリマで欲しいモノがあったので、買い物しようとすると、YahooのカウントとPayPayのアカウント、さらにスマホの電話番号の紐付けでメチャ、戸惑ったんですよね。
オイラのような事業者は、シゴトとプライベートの買い物を別々に管理しているのですが、ソレがこの2つのアカウントとスマホの電話番号の紐付けでウマく出来なかったんですよ・・・(泣)
もう〜そのサイト設計の手際のワルさにウンザリするくらい・・・で結局、最終的には「あ〜もうイイわっ!他所で買うわっ!」ってPayPayフリマでの買い物自体を諦めてしまいました。
コレね・・・ホント、HPの設計のマズさや煩わしさが、買物時に利用者が「アレ?アレ?どうなっているの?」って思っちゃうと、せっかく欲しいモノがあるにも関わらず、買ってもらえなくなるという・・・典型的なパターンです。
だけど、逆のパターンもあって、ネットショップでサクサク買い物が出来たりすると、「うわぁ〜メッチャ、カンタンっ!」って思ってもらえると、次の買い物もしてもらえる・・・常連のお客さんになってもらえる・・・っていうコトにも繋がりますからね。
ハナシを戻しますが・・・Shopify (ショッピファイ)どうなんでしょうかね〜レコード店のサイトでShopify (ショッピファイ)を使っているトコロ、ナン件か知っていますが、見た目のデザインはかなりイケてますが、ちょっと使いにくいかも・・・あくまで主観ですが・・・(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

bananarama_ihearda

こんな記事を読みました。
「なぜ人は若い頃に聞いた音楽を好むのか?-GIGAZINE」
---------------------
学生時代に流行していた曲を聞くと当時のことを思い出すという人は多く、音楽が記憶と密接に関係していることは多くの人々が実感しています。「有名人が思い出の曲を過去のエピソードと共に披露する」といったTV・ラジオ番組が多くの国で放送されているほか、認知症の患者に懐かしい音楽を聞かせる音楽療法なども広く行われています。
---------------------
コレね・・・ホント、多くの人が実感していると思います。
音楽と記憶ってかなり強く結びついているってコトですね。
じゃあナンで、音楽と記憶の結びつきが強くなるのかというと、記事によれば・・・
「自己定義につながる自伝的記憶を若い頃に聴いた音楽を聴くコトで呼び起こす」からだそうです。

ん〜文章で書くとナンだか小難しいコトを書いているような気がしますが、要するにはじめての新しい体験を経験した時のコトをその当時聴いていた音楽を聴くコトによって、再び思い出すってコトなんでしょうね。
で、しかもこの思い出すってコトを何度も繰り返すコトによってより音楽と記憶の結びつきが強くなる的なカンジになる・・・みたいなコトなのかなぁ〜。

研究では、「14歳頃にヒットした音楽が最も多くの自伝的記憶を呼び起こしたとのこと。」と記載されています。
日本だと、中学2〜3年の頃ですね・・・。
オイラだと当時、テクノ・ポップとNew Waveにガッツリとハマっていた時期です・・・。
そういえば、中学2年の時はクラスメートの●●くんと音楽についてよくハナシしていたなんぁ〜ナンて、一瞬で思い出しちゃうんじゃないでしょうか

ん〜確かに14歳だけでなく10代中頃から30歳くらいまでの記憶ってその当時の音楽を聴くコトによって、トリガーのように思い出すケースってメチャ多いような気がします。
コレ、思い出の記憶だけ単体で思い出そうとするとちょっと考えなきゃイケないんだけど、音楽から関連付けて記憶を辿ると結構、カンタンに思い出せるというカンジですね。

以前にもこのブログで取り上げた「Roots of 電気グルーヴ ~俺っちの音故郷~」に新しい動画がアップされていました。
今回のハナシは、Depeche Modeですね。

もうコレなんてカンゼンに電気グルーヴのお二人が、当時聴きまくったレコードとその時の関連するエピソード・トークがそのまま動画になっているというスタイルですね。
この動画シリーズ、すでに4本目なのですが、二人が嬉々として語ってますね〜。

当店もレコード販売という商いをしている都合上、ご来店いただいたお客さんと音楽 & レコードの話題を頻繁にするのですが、40歳を越えた年代のお客さんは、手にとったレコードを眺めながらの「あの時、ワタシは・・・」的なハナシになるケースがメチャ多いですね。
だけど、20代のお客さんとハナシをしていても「あの時・・・」トークには、あんまりならないんですよね。
上記の記事の元論文によると・・・Reminiscence bump(回想バンプ)という状況が起こることが解っているそうです。
Reminiscence bump(回想バンプ) を要約すると・・・
10〜30代に経験したコトは、経験した直後やその短期間には、それほど強い思い出にはならないが、40代になると10〜30代のその当時の思い出が、強く盛り上がってくる(バンプする)というコトだそうです。
タブン、20代とかだと現在進行形で音楽と記憶を積み上げ真っ最中という時期なので、記憶の熟成度がまたなのかもしれません・・・あと、20年くらい熟成が必要なのかもってコトなのかな。

ある程度の年齢を重ねた音楽好きな人が言いがちな物言いとして・・・
「最近の音楽はつまらない・・・」
「昔の音楽の方がイイ曲があった・・・」
っていうのがあるのですが、コレは昔の方が名曲が多かったってコトでは決してなくって、無意識的に自分の記憶とその当時の音楽を関連付けて自分が昔きいた音楽をポジティブな印象にカンジている・・・っていうコトで説明付けることができるそうです。

確かに・・・コレは、あると思います。
ソレに更に加えるなら、年齢を重ねていくコトによって「新しい音楽を聴いた時の感受性が、鈍くなっている」っていうのもあると思います。
言い換えると、感受性の老化現象なのかも・・・(笑)
オイラも音楽を扱うシゴトに従事しているので、どんな曲でもフラットな耳で聴くように・・・って努力していますが、常に新しい音楽に対する感受性を維持するっていうのはなかなかタイヘンであります・・・(笑)
いつリリースした曲に関係なく「イイ曲は、イイっ!」ってピュアな気持ちで音楽を聴ければいいな〜って思う次第であります。

では、BANANARAMAの曲でも聴いてその当時のコトを思い出してみてください〜。

BANANARAMA / I HEARD A RUMOUR
BANANARAMA / I HEARD A RUMOUR の試聴
next recordsのサイトでBANANARAMAのレコードを探してみる

つい先日も、はじめて入荷した2004年にリリースされたR&Bの12インチを店内でプレイしたトコロ、当店のスタッフ2人が当時、一緒にアメリカに買い付けに行った時のコトをレコードをかけた瞬間に同時に思い出すという・・・コトがありました。
スタッフ2人が同じ体験をその場で共有してさらにその後、17年間一度も聴いていなかったにも関わらず、17年ぶり聴いただけで「あの時、一緒に買い付け行きましたよね〜」ナンて会話が始まって更にその時にあんなコトや、こんなコトがあったとかなど当時のエピソード・トークが始まったりしました。
オイラは、その時、店番していたのでその思い出は共有出来なかったのでちょっと疎外感をカンジましたが・・・(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

dennisferrer_wonderfulpe

ホぇ〜2021年もすでに半分が過ぎ去っちゃいました。
レコードにまつわる様々なコトをツラツラと書き綴っているこの「渋谷レコード店日記」ですが、今回は今年上半期にどんなコトがレコード屋界隈にあって零細レコード店主はその時ナニを思ったのか・・・というコメントを添えての振り返るハナシでいってみたいと思います。

21年目のレコード店が、再度の緊急事態宣言に想う。
2021年、最初の記事は、やっぱり「今年は、どんな1年になるのから・・・」的な内容ですね。
だけど、前年の春頃からの「マジでヤバいっ!」っていうコトから考えると、幾分か楽観的な予想をしているような気がします。
タブン、前年は緊急事態宣言で長期間の休業を余儀なくされたり渋谷から人が一斉に居なくなったりとしたコトもあってソレに比べれば・・・ってカンジでしょうね。


木工用ボンドでレコードをクリーニング
この「渋谷レコード店日記」では、レコードをキレイにする方法の記事って一番読まれているんですよね。
いわゆる「お悩み解決系記事」ってヤツです。
この木工用ボンドを使った「レコード・パック」は、もう何十年も前からマニアの間では知れ渡っていた技法ですが、その見た目のインパクトが強烈だったのかTwitterで話題になったコトで便乗しました。
記事でも書いていますが、確かにレコードはキレイになるんだケド・・・時間がかかりスギる・・・っていうデメリットも。


レコードを聴くには未だハードルが高い件について
「レコードで音楽を聴きたいんですが、ナニを用意すればイイんでしょうか?」というご来店でのお問い合わせが、激増しています。
しかし、オーディオの知識がゼロの状態からソコソコの音質でレコードを楽しめるようになるのは、なかなかカンタンではナイ・・・的なハナシです。
1万円ほどのプレーヤーでイイんであれば、カンタンなのですが、まぁ〜音質に関しては相応ですからね・・・。
じゃあ実際問題、どうすればイイのかっていうと・・・コレもその人のどれくらいレコードにかける予算があるのかってコトや、どれくらいの音質まで求めるのかってコトで大きく変わりますからね・・・なかなかムズいハナシです。


おしえてっ!どのレコードが一番イイ音なの?
コレもビギナーさんから時々尋ねられるコトです。
コレは当店が、「12インチシングル専門のレコード店」という特殊性が故に訊かれるコトだとおもいます。
アルバムには、たくさんの曲が収録されているにも関わらず、12インチシングルは、大きさはアルバムと同じなのに全然少ない曲数しか収録されていないので、損じゃないのか・・・そもそもたくさん曲が収録できる大きさなのにナンで1〜2曲しか収録しないのか・・・という12インチシングルが12インチシングルである根幹の理由にせまるハナシであります。
その12インチシングルの中でもさらに音質の違いがある・・・というラビリンス・・・笑


レコードの引きについて
長年レコードを買い続けていると、全然探しても見つけるコトが出来なかった欲しいレコードが、突如「エッ!マジっ?」ってカンジで見つかるコトがあります。
ソレこそ、「ウォっ!キターーーーっ!」って感覚のヤツです。
ソレをオイラは「レコードの引きがイイ」って言っています。
その「レコードの引き」は一体、どうやって起きるのかってコトを科学的に解明していますっ!(ウソですよ)
コチラのレコード店主さんも「レコードの引き」について解説していますね〜。
レコードの引きについて科学する


ナゼ、12インチシングルが作られないのか?
「こんなにもイイ曲なのに12インチシングルを作らないのか・・・?」コレは、アル意味レコード業界の闇の部分です・・・笑
ナンかね〜やっぱりレコード会社的には、シングルよりもアルバムの方を売りたいんだなぁ〜って・・・。
ソレこそ、ビルボードのTOP10にチャートインするようなビッグヒット・ナンバーですらシングルカットしないコトがあるんだからね〜意図的にそうしているんでしょうね〜。


SSのレコードの特別感
確かこの記事を書いた時って、シュリンク未開封のデッドストック状態のレコードを大量に発掘出来たんですよ。
ソレを一気に店頭に出したトコロ・・・メチャ売れましたっ!
やはり、好きなんですよね〜みんな、キレイなレコードは・・・笑
だけど、手に入れたシュリンク未開封のレコード・・・あなたは、容赦なく開封して聴くコトが出来ますか?
実に、悩ましい問題です・・・笑


お気に入りのレコード・バッグ
最近は、マイ・レコードバッグを持参でレコード店巡りをする人もずいぶんと増えてきました。
シンプルなレコードバッグや個性的なレコードバッグまで様々なモノがありますよね〜。
そんな中、オイラが使っているプロ仕様(笑)のバッグを紹介っ!


渋谷レコード店日記の人気記事をウラ読み
16年以上も書き綴っているこの「渋谷レコード店日記」ですが、やはりよく読まれる記事は、「レコードのお困り系」の記事ですね。
もう相当なコトを書きましたが、一度こういったレコードお困り系記事ばかり体系的にした「まとめ記事」にしたほうがイイかもって思いますね。


実録っ!渋谷 宇田川町レコ屋街のビルでボヤ騒ぎ
コレ、幸いにもボヤで済んだから良かったものの、一歩間違えば・・・って想うとコワイですね・・・。
「日本でも屈指のレコード街が家事で消失っ!」って世界的ニュースになりますよ・・・。
当店が入っているビルの1階も飲食店ですからね・・・ちょっとビビりました。


極めろっ!レコード磨き道!
当店でもレコードの磨き方については時々お客さんにレクチャーしますが、レコードの磨き方に王道なしっ!って言われてもイイくらいに様々なヤリ方があるんですね・・・。
もう一体、どうすればイイんだっ!って思っちゃいますよ。


まさかの2度めの臨時休業中のレコード店より
昨年の休業から1年ぶりの臨時休業についてハナシです。
まぁ〜しかし、2020年の時には、準備できていなかったコトが2回目には、バッチリ体制が整っていたので難なく乗り越えるコトができました。


レコード輸出トラブル日記
年間に相当数のレコードを輸出しているので、やはりソレなりのトラブルは時々起きたりします。
まぁ〜そのアタリはもう何度も経験しているのでコチラとしては、慣れっこですが、税金を払いたくないから受け取らナイっていうのは、サスガに初めてのケースでした。
最終的には、渋々税金を払って受け取り完了に至りましたが・・・笑


とあるお店の廃業に思いを馳せる

このハナシは、同様にお店を営んでいる立場からすると感慨深いものがあります。
渋谷に毎日通っていると、流行っていたお店が閉店してまた、別のお店が入るっていうコトを頻繁に見ていますが、お店を閉店せざるをえなくなったという店主の心情は、察するに余り有るってカンジです。


レコード買取が激戦化しそうな予感
まさかブックオフがレコードの販売に踏み切るとは思いもよりませんでした。
ブックオフだけでなくディスクユニオンさんも2021年7月には、新宿エリアに4店舗同時オープンの予定ですからね。
もしかしてアナログレコード業界、あらたな戦国時代に突入の兆しかも・・・?笑


DENNIS FERRER presents ANTHONY FLANAGAN / WONDERFUL PEOPLE
DENNIS FERRER presents ANTHONY FLANAGAN / WONDERFUL PEOPLE の試聴
next recordsのサイトでDENNIS FERRERのレコードを探してみる

この上半期だけで25本の記事を「渋谷レコード店日記」に追加したのですが、6ヶ月という比較的短い期間でしかも、アナログ・レコード界隈という限定した内容の中だけでも結構、様々なコトを起きていますね。
7月以降のアナログレコード界隈でざっくりと想像出来るのは・・・
東京オリンピックが開催されるコトによる影響。
コロナ・ワクチンが普及するコトによる経済的なコト。
上記に関わるレコードの聴かれ方・・・などが考えられますね。
果たしてどうなるコトやら・・・答え合わせは、年末の記事に書きたいと思いますっ!

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

↑このページのトップヘ