渋谷レコード店日記 - アナログレコードコレクションのススメ

東京 渋谷の12インチシングル専門の中古レコード屋next. recordsで日々思ったコトやレコードについて書いてます

rayvista_dontletitgo_can

「SSのレコード?」
ナンノコッチャ・・・ってカンジですが、長らく中古レコードを買い続けている人には、解るワードでありますが、SSというのは、中古レコードのコンディションを表すランクのコトです。
SS = Still Sealed (スティル・シールド)
の略となります。
訳すると「未開封」ってコトですね。

フツーに最近発売されたばかりの新譜のレコードや新品のレコードを買っていると特にレコードのコンディションなんて意識するコトなんてありませんが、中古のレコードは、ソレまで使用されていた状態によってレコード盤それぞれにレコード盤やジャケットの状態は様々なので「そのレコードの品質はどういった状態なのか」っていうコトを表すのにそれぞれのレコードに応じてグレーディングしています。
レコード店によっては、AランクとかBランクとか、はたまたMint(ミント)やExcellnt(エクセレント)なんて風に、そのレコードの盤質にランクをつけているワケです。
中古レコードを買う人の意識として、絶対的に傷だらけのレコードよりもキレイなレコードのほうがイイですよね〜トーゼン。
そのキレイな中古レコードの最上位に位置しているのがSSコンディションとなります。
オイラは、フダン単純に「シールド」って読んでいますケドね。

このブログは、レコード購入歴の長い人から最近レコードを聴きはじめた人までいろんなタイプの人に読まれているのでわかり易く解説します。
この未開封のSSコンディションっていうのは、基本的にUS盤のレコードのコトを指します。
ナニが未開封かというと、US盤のレコードってジャケットに薄い透明のセロファン状のフィルムというかシュリンクがラップしているでしょ。
あのシュリンクが未開封状態であるというコトなのです。
レコードを聴くには、このシュリンクを開封しないとゼッタイに聴くコトができません。
つまり、このシュリンクが未開封であるというコトは、今まで一度もこのレコードが聴かれていないという状態なワケです。
レコードは、厳密に言うとレコード盤の音溝をダイヤモンドで作られた硬いレコード針がトレースするコトで曲を再生しているという物理的なコトから、何度も再生されると音質が少しづつですが劣化していくという現象が避けられません。
ま〜コレは、微々たるもので実際に聴いてみてもソレホド、気になコトではありませんが・・・ソレよりも、使用者のミスでキズを付けたりとか、ジャケットからの出し入れで薄くスレが盤についちゃうコトの方が多いと思います。
しかし、このSS = Still Sealed (スティル・シールド) = 未開封 のレコードっていうのは、先に書いたとおり今まで、一度もレコード盤に針が落とされていない状態なので、新品のピカピカなワケです。
中古レコードなのに新品というのもちょっとヘンな表現ですが・・・。

最近リリースされたレコードが、新品であるというコトに関しては、別に「あ〜そう・・・」ってカンジで、サクッとシュリンクを破いて中のレコード盤を取り出して躊躇なく聴くコトが出来るのですが、もう発売から数十年間かもダレにも一度も聴かれていない、一度も針を落とされていないレコードであるという状態であるというコトに関して個人的にはナンダカ特別な感覚が芽生えてしまうんですよね。
つまり、例えば1985年にリリースされたレコードであれば、もう35年以上もの間、ず〜っとこの未開封の状態を維持してきたレコードであるというコトです。
あるイミ、ソレってちょっとしたキセキに近いモノなんじゃないかな・・・的なコトをカンジるワケです。
トーゼン、その曲がスキだからレコードを購入したワケですが、そのスキなレコードが35年間もの長い間、ピカピカの状態を維持していたというコト自体が非常に「レアっ!」であると言うコトなんじゃないか・・・。
つまり、シュリンク未開封のレアなレコードをおのれ自ら開封することによって、フツーの中古レコードにおとしめる行為になるんじゃないか・・・って思っちゃうんですよね。
レコードを聴いている人ならば、自らでレコード盤のコンディションをさげる状態にするって行為はゼッタイにしないでしょ?
だけど、シールドのレコードは、開封しなけでばゼッタイに聴くコトが出来ない・・・、しかし開封しちゃうと、35年間の期間、新品状態だったレコードをフツーの中古レコードの状態にさげてしまう・・・。
スキな曲のレコードをSSコンディションで買ったのはイイケド、シュリンクを開封するのか、しないのか・・・コレ、結構悩ましいですよね〜。
オイラは、いままでは「未開封なのは『レアだ!』と、そうはいっても開封しないと聴けないでしょ・・・」ってコトでちゅうちょなく開封してきたのですが、レコード店を始めるようになって、「古いレコードが、キレイな状態を維持し続けている」というコト自体が、メチャ稀少なコトであるというのが、身にしみるように解るようになった影響もあって、シュリンク未開封のSS状態のレコードを開封できなくなってしまいました。

究極のトコロ、ゼッタイにキレイなレコードが欲しいのですが、未開封だと開封したくない、だけど聴きたいので結局もう1枚開封した中古レコードを買うというド変態な行為になっちゃいました。
古いアナログレコードが未開封のまま何十年も残されている・・・って、ナンかロマンを感じませんか?
その楽曲の良さに、さらに上乗せで特別感が付加価値としてノッカッているみたいな・・・ね。
まぁ〜でも、コレってマニアと言うかコレクターであれば、結構あるんじゃないかな〜例えば、スニーカーとかカッコいいから買ったは良いケド、履くと傷んじゃうから履けない・・・みたいな。

時々、当店にもデッドストック状態で見つけた、シュリンク未開封のSSコンディションのレコードが入荷するんですが、そういった未開封のレコードを見るたびに・・・
「あ〜キミは、開けられちゃうのかな・・・」
な〜んて思いをはせたりしています。
う〜んロマンティック・・・。
当店でお買い物をしていただけるお客さんにも「シールド大好きっ!」ってタイプの人が結構、いらっしゃいます。
フツーにレコードを聴くだけにとどまらず、もはやシールドのレコードをコレクションするっていう別ベクトルのコレクター魂が芽生えている状態みたいな(笑)

RAY VISTA / DON'T LET IT GO
RAY VISTA / DON'T LET IT GO の試聴
next recordsのサイトでRAY VISTAのレコードを探してみる

だけど、このシュリンク未開封のシールド状態のレコードにもちょっとしたリスクがあるんですよね。
ソレは、盤ソリ・・・。
ジャケットを被っているシュリンクが、長期間の保管によって収縮して紙でできたジャケットをギュ〜っと引っ張った状態に時々なるんですよね。
で、このシュリンクがジャケットを引っ張った状態が続くと場合によっては、レコードがその引っ張り状態に影響されて反ってしまうという・・・。
まぁ〜でもコレ、開封しないとわからないですからね。
知らぬがホトケ的な・・・(笑)

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

ceejay_couldthisbelove_fra

ご来店していただいたお客さんから
「◯◯というレコードを探しているんですケド・・・」
というご質問をいただくコトがあります。

当店は、渋谷でも唯一の12インチシングル専門のレコード店なので、ご質問は
「〇〇というタイトルの12インチシングルを探している」
という意味として解釈するので、店にお探しのレコードの在庫がアレば「ありますよ、コレです」となるし、在庫がなければ「すいません、売り切れて今は在庫ないです」となります。
が、時々そもそも12インチシングルとして存在しないレコードのタイトルをお探し求めているお客さんもいたりします。
そういった時は、
「あ〜あの曲は、12インチシングルが出てないんですよ。」
というカンジでオイラが知っている限りの情報をお伝えするのですが、ずっとレコード購入歴が長い人は
「あ〜そんなんですね」
とすんなり受け入れられるのですが、最近レコード・コレクションに興味を持たれた人は、そもそもシングルカットされている曲と、されていない曲がある、というコト自体がなんか不思議に思われるようなのです。

聴いていて「イイなこの曲・・・」と思うコト自体は、ごく自然なコトなのですが、レコードが好きな人の場合は、「イイ曲」=「手に入れたいっ!」という少々メンドーな欲求に直結するワケです。
で、レコードを探し求めるワケですが、シングルがリリースされていれば、入手の難易度もありますが、まだ可能性はありますが、そもそもシングルが出ていなければ、存在しないモノを探すコト自体が無意味です。
オイラは、12インチシングル信仰者なので、一切の妥協が出来ないのでそういった場合は、スッパリと諦めるのですが、そもそもナンでこんなにもイイ曲なのに12インチシングルを作らないのか・・・?っていうコト自体にレコードに興味を持ちはじめた若き日の頃、漠然と考えていたりしました。
お目当ての楽曲の存在はあるんだケド、アルバムにだけ収録されている、とか 7インチシングルだけに収録されている・・・となると曲そのものを手に入れたいのかアイテムとして手に入れたいのか、なんて個人のコレクションの信念にブレがでるというか、揺らいでしまうというか、やっぱり、自分の中でもコレはOKコレはNGという気持ちの上での一定のラインを惹かないと際限なく突っ走っちゃうので12インチシングルがアレば、ゼッタイゲット陶うケド、存在しなければ、諦めるという風にしています。
ま〜結局、その曲を手に入れるんだったらどんなメディアでもOKにしちゃうと、究極のトコロ、レコードでなくてもイイかも・・・ってトコロにまでブレちゃうかもって心配もあったりとかも・・・(笑)

でも、ホントにアルバム収録の中でもNo.1にイイ曲なのに、シングルカットされないのっていったいナンなんだろう・・・って思いますよ。
レコード会社的にも様々な思惑やマーケットを意識してそういう判断をしているのだと思うのですケド、どう考えても不条理というか「ソレ、明らかにヘンでしょ!」って思うコトも多いよな〜ってカンジます。
以前にも書いたコトありますが、レコード会社にとっては、シングルとアルバムとだったら絶対的にアルバムがイチバン大切なようなのです。
シングルっていうのは、極端なたとえでいうと、アルバムを購入してもらうためのプロモーション的なツールみたいな扱いになっているような気がオイラはします。

レコード会社的には、もうホントにアルバムの販売枚数とか売上がゼッタイに大事っ!みたいな印象ですね。
シングル盤ってキホン、1曲もしくは2曲くらいの収録なので価格も安価になりますが、アルバムは多くの曲が収録されて相応の価格になりますしね。
アーティストとしても、やっぱりアルバム制作が中心ととなって楽曲制作をしているみたいなカンジがありますしね。

で、アナログレコードのアルバムの場合、A面1曲目とかB面1曲目に、そのアーティスト、イチオシの曲が収録される場合が多いのです。
理由は、イロイロあるのですが、A1のツカミで聴いている人のインパクトを狙っていたりする意図があると思います。
つまり、アルバムのA1は、そのアルバム収録曲の中でも最高傑作であるっ!ってコトが言えるんじゃないかな・・・って。
多くのケースとしてA1の曲がシングルカットされるケースが多いのですが、ナゼか違う曲がシングルカットされたりする場合があったりします。
そういう時は、「ナンで一番イイA1の曲で12インチ作らないんだっ?」アタマおかしいんじゃないの?って思います。
すいません・・・言い過ぎました。

オイラがこんなコトを思うように多くの人が同様のコトを思うようで、そうなれば一体どうなるかというと・・・アルバムを購入するようなのです・・・結構多くの人が・・・。
前記しましたが、個人的には12インチシングルしか買わナイというポリシーでレコードコレクションしているのでイイ曲が発表されても12インチシングル盤は出ていなければ、諦めるワケですが、結構多くの人が
「シングルないのか・・・じゃあアルバム買おうか・・・」
ってカンジでアルバムのセールスが伸びるようなのです。
というかソレをレコード会社は戦略的に狙っているんじゃないかな・・・って推測しちゃうのです。

また、US盤は12インチシングルが未リリースでUK盤だけリリースされているってコトもあります。
本当の意図は、解りませんがUKのレコード会社が
「アレ?アメリカの方ではシングル作っていないの?じゃあウチでは作っちゃおう〜もしかしたらシングルのセールス伸びるかも?」
ナンていうふうに、判断してUK盤だけシングルが作られたりしている・・・まぁ〜あくまでも推測ですケドね。

まぁ〜でもオイラが大好きな12インチシングルってアナログレコードのマーケットとしては、タブン、メチャ小さいんだろうね。
もうホント、レコード会社的には、意識しなくてもイイくらいの極小市場みたいに・・・。
だからPromo盤だけ作られて正規盤のリリースがされなかったりとかもしちゃうのかもしれません。

CEEJAY / COULD THIS BE LOVE
CEEJAY / COULD THIS BE LOVE の試聴
next recordsのサイトでCEEJAYのレコードを探してみる

つい先日、毎日投稿しているインスタグラムに下記のレコードのコトを書きました。

今回のこの記事を書く発端になった思いなのですが、イイ曲なんだからシングル盤リリースしてよ〜って思う気持ちもやまやまなのですが、Promo盤しかリリースしていない、とか UK盤しかリリースしていない、とか人気のRemixは、EU盤だけに収録されているだとか、そういったレコード会社の意図や市場の規模とかのニッチ部分を狙ってウチのような中古12インチシングルレコード店が営業出来ている・・・っていう実情もあるので、ナンだかちょっとフクザツな気持ちです。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

adrianaevans_seeing

「レコードの引き」って文字ズラだけみてると「ナンノコッチャ・・・」ってカンジですが。
要するに「良いレコード、欲しいレコード、探しているレコードを見つける」コトについてです。
「引き」ってタブンですが、「当たりくじを引く」的な意味合いで「引き」って表現になっているんじゃないかな・・・。
オイラのレコード界隈では、この「レコードの引き」ついて、よく話題になっていました。
例えば、レコード店に出向いて欲しいレコードを立て続けに連発で見つけたりした時に「今日は、レコードの引きが強いぜっ!」ってなカンジで表現していましたね。

昨今、レコードの購入に関しては、ネット通販で手に入れるっていうのが主流になりつつあるのでこういった表現はしないのかもしれませんが、ネット販売以前のレコード店に出向いての購入が主流だった時代は、実際にそのレコード店のエサ箱を見るまでダレのどんなレコードがあるのか・・・っていうのが、全くわからない状態だったので良いレコードを探し当てるというのは、ホントにくじに当たる的な要素が強かったんですよね〜。
そういったトコロから・・・
良いレコードを見つけたっ!

ラッキー!

アタリのレコードを引いたっ!
みたいなニュアンスになっているんだと思います。
くしくも「当たりくじを引く」と「良いレコードをエサ箱から引っこ抜く」という部分が同じ「引く」というのは偶然ですね。

人にもよりますが、こういった幸運というかラッキーを呼び寄せるチカラっていうのは、
「何らかの見えざるチカラが発動しているっ!」
って感じる部分があるんじゃないかな・・・って思うのです。

実は、オイラもこの「見えざるチカラ」っていうの「メチャ、あるんじゃないかな・・・」って思ってるタイプのニンゲンなんですよね〜。
別の言い方をすればレコードにおける「ラッキー・ポイント」みたいなカンジ・・・。
バカバカしいハナシだと思うかもしれませんが、レコードの神さまがいて、オイラのフダンのレコードの扱いを見ているワケです。
そして、レコードに対して正しい行いをしていれば、レコードのラッキー・ポイントが貯まって、一定以上そのポイントが貯まれば「レコードの神が良いレコードを与えて給える」みたいな・・・笑
仏教用語で言うトコロの「善因善果」ってヤツですね。
------------------
 ぜんいんぜんか【善因善果】
仏教のことばで、善い行いからは、善い果報が得られること。果報は善い行いから生ずるということ。
------------------

レコードに対して正しい行いってナンだ?って思うかもしれませんが、レコードをゾンザイに扱わないとか、大切に扱うとか、まぁ〜そういったカンジです。
レコード屋を始める前の個人の趣味でチョコチョコとレコードを買っている時は、あまりこのレコードのラッキー・ポイントのコトは、意識していていなかったのですが、レコード屋を始めて海外に買い付けに行くようになってこのコトを結構、意識するようになりました。
まぁ〜タブン、メチャ苦しかったんでしょうね。
良いレコードを探すコトが出来る or 出来ない っていう部分が神頼み的なカンジになっていたんでしょう。

実は、知り合いにこの「レコードの引き」がありえないくらい強い人がいるんですよ。
傍から見ていると、「良いレコードが向こうから近寄って来てんじゃないか」みたいに感じるくらい・・・強烈なレコードの引きの強さっ!
その人に「何でそんなに良いレコードをいとも容易くポンポンと見つけるコトが出来るの?」って訊いてみたら・・・
「レコードの神様がオレの行いを見ているからね〜(笑)」って言っていて、「そんなアホな・・・」と思いつつも実際、その人はレコードの引きが強いので「もしかして、カンケーあるかも・・・しれない・・・」って思っちゃったりしたワケです。

まぁ〜だけど、実際にレコード店に出向いてお目当てのレコードを探す行為って、ネット以前からするとかなり少なくなってきているようなカンジですよね〜。
ネット販売で「アタリのレコードを見つけたっ!」っていう感覚ってリアル店舗でエサ箱を漁って掘り当てる感覚と全然違うカンジがしますしね。
もしかしたら「レコードの引き」っていう感覚自体がもう消滅しつつあるのかもしれないなぁ・・・ナンて思います。
 
ADRIANA EVANS / SEEIN' IS BELIEVING
ADRIANA EVANS / SEEIN' IS BELIEVINGの試聴
next recordsのサイトでADRIANA EVANSのレコードを探してみる

こういったカンジで、レコードをネット経由で購入する時代は、「レコードの引き」という感覚は失われつつある説を説いたワケですが・・・つい先日、そういった説を覆す出来事を目の当たりにしました。
というのも某個人売買サイトでレコード店での販売価格が7千円から1万円オーバーのレコードがすべて300円均一で販売されているのを見かけたんですよっ!
しかも1タイトルだけでなく10タイトルもっ!
「ホント、マジかっ!!!!???」ってビックリマーク & はてなマーク連打ですっ!
だけど、残念ながらすでに全部のレコードが「売り切れ」
オイラがこのコトに気がついたのは、出品した1時間後だったんですよね。
ネット販売時代では、「レコードの引き体験は、無くなったかもね〜」ナンて思っていましたが、こういったカタチで実はまだまだ存在しているのかもしれません。
タブン、これらのレコードを買うコトが出来た人は、メチャラッキー・ポイントが貯まっていたのかも?
あ〜今回は、オイラにはレコードの神様は、微笑んでくれませんでした・・・。
日々、精進いたします・・・。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

tommiejenkins_babycome
2021年も早々に2月となりましたが、相変わらずアナログレコードに関するニュースがポロポロと伝えられてきています。
そんな話題をレコード屋店主目線で拾い読みしてみました。

2020年年間音楽ソフト生産実績を発表。アナログレコードは3年連続20億円超も、全体は前年比85%
-------
なかなか数字の羅列ばかりでわかりにくいニュースではありますが・・・。
ニュースの見出しだけ見ていると、一瞬「アナログレコード売れてるっ!」的な雰囲気がありますが、要約すると・・・。
2020年は、音楽ソフトの音楽ソフト全体の生産実績推移では、数量・金額ともに過去最低 というコトのようです。
要するに音楽ソフトの生産・売上は、毎年右肩下がりですよ〜ってコトですね。
で、そんななか愛しのレコードちゃんは、毎週は少し減ったけど売上は、1%ダウンで前年とほぼ同じ水準を維持しているようです。
そんな状況中でも邦楽の枚数と売上は結構上がっていると報じてきます。
たしかに最近、邦楽のアナログレコードリリースが増えてきてますね〜。
新譜も過去作品の再発盤も・・・個人的にはあんまり、邦楽には興味がナイのですが、毎日通る渋谷HMV Record Shopさんの入り口に設置されている新譜レコードのディスプレイが頻繁に変わってますからね。
上記の記事を読んでちょっと思ったのですが、今ままで昨年より◯% UPしたっていう右肩上がりなニュースだったのですが、2020年は横ばい的なカンジなのですね。
まぁ〜コロナの影響もあったしね・・・って、アレ?巣ごもり需要で、売上がUPするみたいな部分もあったんじゃないのか?

2020年の全米でのアナログ盤年間売上が過去最高を記録
-------
一方、コチラはアメリカのニュースです。
要約すると・・・「アナログレコード、メチャ売れてるっ!」って内容の記事です。
先に紹介した日本の音楽ソフトのニュースでは、全体的には右肩上がりですが、そんな中でもアナログレコードはナンとか横ばいを維持していますっていう内容ナンだけど、記事の書き方で「レコード売れてます」的なニュアンスにしているようなカンジですが、アメリカの方はもう、ガッツリとアナログレコードの売上が2019年より46.2%増加したって書いてますね。
アメリカでも音楽ソフト全体の売上は右肩下がりだけど、その下げ具合は最小の減少だそうです。
コロナの影響は、日本よりはるかにヒドい状況だったにも関わらず、音楽が聴かれるニーズが、ある程度あたっていうのは、ロックダウン下で音楽が聴かれてたってコトなのかもしれません。
アメリカでも通販を通じてレコードを購入するっていうのが、コロナ禍に於いても主流なのですが、一方、独立系レコード店では複数回に分けて開催されたレコード・ストア・デイとブラック・フライデーの促進でリアル店舗での売上が増加したって報じられています。
日本とは、状況がかなり違いますね。

なぜ売れ続ける?コロナ禍の2020年、アナログレコードが過去最高売上を実現できた理由
-------
毎回、鋭い切り口と分析の業界ニュースで勉強させてもらっているジェイ・コウガミさんの記事です。
先の記事と同様にAmazonやターゲット、ウォールマート、Barnes & Nobleなど大手小売店での通販・実売では、積極的なプロモーションで売る上げを上げた一方、独立系レコード店もユニークなキャンペーンで売上を伸ばしたみたいですね。

と、ココまではホトンド、新作のレコードのハナシです。
愛しの中古レコードの状況はというと・・・。

音楽マーケットプレイス Discogs 、新型コロナウイルスのパンデミック中、音楽販売の売上が30%以上UP
-------
2020年9月の記事で少し前の2020年中期のレポートになるのですが、この時点で売上が30%以上 UPとなっているようです。
想像するに、2020年の年間としてだと、もしかしたら50%くらい増加しているかもしれません。
ま〜要するに中古レコードも売れていたってコトですね。
(以下引用)
------------------------------------------
パンデミック中には、人々がなかなか実店舗への買い物に行けなかったことや、人々が家にいる時間が増えたことによりネットショッピングを利用する機会も増えたことが、このデータの要因となっているのではないだろうか。
実店舗での売上が落ちたレコードショップにとって、Discogs での売上 UP はパンデミック中の救世主となっていたのではないかと見られている。
------------------------------------------
タブン、世界中のレコード店や個人でレコードの販売をしている人にとって、Discogsが救世主になったのかもしれません。
実際に、レコードの売買を行うにあたって、自店舗サイトはモチロンのコト、Discogsのようなプラットフォームの存在は、メチャ大きいと思いますからね。

TOMMIE JENKINS / BABY, COME BACK
TOMMIE JENKINS / BABY, COME BACKの試聴
next recordsのサイトでTOMMIE JENKINSのレコードを探してみる

イロイロと業界全体を俯瞰したニュースやレポートを読んで見ましたが、渋谷の片隅で営業している当店のような小さなレコード店にとっては、何だかイマイチ実感がナイってカンジがします。
新譜のレコード、中古のレコード、ジャンルにコダワラない多種多様なフォーマットのレコードを幅広く扱っているようなレコード店は、こういった記事の内容にハマるのかもしれませんが、オリジナル盤の12インチシングルだけというウルトラ・ニッチなフォーマットに特化した当店のようなレコード店では、大手メディアで報じられているようなケースの大部分は一致しないのかもしれません。
まぁ〜「自宅にいる時間が長くなって、レコードでも聴いてみようかな〜」というニーズは、ニュースの通り取り込めてはいますが、その間の実店舗の来店は、激減しましたし、2019年までは、毎年増えていた海外からのお客さんは、皆無になりました・・・。
この部分を相殺したら、ニュースの通り売上UPになったっ!ってあんまり思えないような気がするんですよね〜。

今後どうなるのか・・・ってコトは、まだまだ全然、解りませんからね。
当初は、コロナのワクチンが開発されたらソレまでの生活に戻れるかも・・・ナンて楽観的に見る部分も少しはあったのですが、ワクチンが開発されても日本ではワクチン摂取が浸透するまでまだまだ、相当な時間がかかりそうですからね・・・。
レコードでも聴いて気長に待とうと思います・・・(笑)
 
Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!
毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。

このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

centralliving_everyday
やっぱりココ最近、新たにレコードで好きな音楽聴き始めたって人が増えてきたのか時々、お客さんから様々なレコードに関する質問をされるコトがあります。
先日、渋谷のショップにご来店いただいたお客さんからこんな質問を訊かれました。
「同じ曲でもイロイロなレコードが出ていますが、どう違うのですか?」
ん〜コレは・・・カンタンな質問のようでなかなか奥深い質問です。
当店は、ご存知の通り12インチシングル専門店というアナログレコード店の中でも超ニッチなアイテムである12インチシングルの販売だけに特化した極めてヘンテコなレコード店であります。
そういう事情もあって広く一般的に知られているアルバム(LP)の在庫がホトンドありません・・・。
しかし、世間一般では、アルバム(LP) = これぞレコードっ! というイメージが定着しているようで、当店のような12インチシングル専門のレコード店っていうコト自体が希少な存在のようでして、「ナンだこの店は・・・?」ってよく思われるみたいです。
そういったコトもあって、12インチシングルの良さをアピールするのですが、アルバム(LP)との違いを説明する際に、音質の違いに言及するコトがあります。

今の時代にあって、好きな音楽がスマホのタップで永遠に無料で聴くコトが出来るという状況の中、「あえてアナログレコードで好きな音楽を聴きたいっ!」という趣向がある人は、この「音質の違い」っていう部分に結構強い興味を示されるようです。
今回、ご質問いただいたお客さんは、今まで好きな曲が収録されているアルバム(LP)を購入して聴いて楽しんでいたのですが、たまたま好きな曲の12インチシングルを見かけて購入して聴いてみたトコロ、アルバムに収録されていた同じ曲との音質の違いに驚いたそうです。
シングルっていえば、印象としてドーナツ盤(7インチシングル)っていうイメージが有ったそうなのですが、LPサイズのシングルっていうのも存在するんだ・・・っていうコトを知ったようなのです。
で、Googleで検索したトコロ、当店にたどり着いてご来店いただいたという経緯になります。
LPサイズのシングル(12インチシングル)っていう存在があるのはわかったが、イロイロなレコード店を廻ってみてみると、同じ曲なのにジャケットのデザインの違いやそもそもジャケットが付いていないレコードもあったり、ナンかレコードのサイズや曲名は同じでも見た目が違うレコードを見かけるようになって「いったい、ナニがどう違うんだ?」という新たな疑問が出てきたようです。

で、下記の通り説明させていただきました。
■プレスされた国の違い、生産国がUS、UK、EU、CANADA、HOLLAND、GERMANY等・・・。
■正規盤 か PROMO盤 かの違い。
■その曲が発表された時のレコード、つまりオリジナル盤 か 後年になって再発売されたレコード、再発盤なのかの違い。さらにブート盤(海賊盤)という存在がある。
■同じ曲でも、プレスによって再生時の回転数の違い。
■REMIXの存在、さらにDUBバージョンやインスト、アカペラ等。

12インチシングルのレコードという括りの中でも上記のような違いがあるんですよ・・・って解説しました。
で、さらにその盤それぞれ、音質が微妙に違う・・・というコレまた、ややこしい状況が絡んできます。
特に中古盤となれば、レコード盤の盤質やそのレコード店の趣向等で値段も全然違ってきます。
「じゃあ、いったいドレを買えばイイのか?」ってお客さん的には、なるようです。
この質問をしていただいたお客さんには、12インチシングルの特性でもある、音質面ではアルバム収録よりもパンチのある音質になっているコトや、マスタリングやカッティング時による用途に適した音質に最適化されているなど、そういったコトを説明しました。
が・・・コレってコトバで説明してわかるのかなぁ・・・って自分で言っていて矛盾しちゃうんですね。
さらに、「じゃあ、ドレを買えばイイんですか?」って訊かれて、「コレを買えば、間違いないですっ!」って断言できないっていうのもありますし。
そもそも、「イイ音」っていうのは、どんな音なんでしょうか?
コレも、ホント、聴いている人それぞれの音質の好みって違いますよね〜。
そんでもって、音質面で言うなら、例えばレコード店の試聴で聴いて、「あ〜イイ音だな・・・」って購入して自宅に持って帰って、ご自身のオーディオでイイ音の判断として聴いたレコード店の試聴時と同じ環境ではナイ状況で聴いてどう思うのか・・・とか。
そして、盤質とか値段とかそういった部分も結構関係してくると思うんですよ
もう条件が複雑すぎですよね。

で、この時は、たまたま偶然あったUS盤とUK盤、さらにアルバムに収録されている同じ曲を実際に音を出して聴き比べをしてみました。
結果、音質の違いをまざまざと聴いてカンジたお客さんは、US盤が一番イイ音だと判断されたようです。
しかし、価格が・・・US盤はUK盤の2倍以上の価格差があったんですよね。
オマケに、US盤には、UK盤には未収録のREMIXバージョンも収録されています。
このREMIXが収録されているっていうのも好条件だったようです。
気持ちは、イッキにUS盤に傾いているのですが、しかしっ!US盤の価格が1万円オーバーっ!
UK盤の音質もけっして悪いワケでは、ナイんですよ。
ソレはもう、アメリカのエンジニアとイギリスのエンジニアの好みの違いでしかナイのです。
結局、悩みに悩んだ結果、US盤を購入していただきました。
「やっぱり、12インチシングルってUS盤の方が音がイイですか?」って訊かれたのですが・・・
「ん〜ソレは・・・曲によって違います・・・」
というコトは、イイ音質を求めてすべてのレコードを聴いて比較しなきゃイケないのか?って(笑)

結論
「おしえてっ!どのレコードが一番イイ音なの?」
上記の解答は、全部買って自宅のオーディオで実際に聴いて判断するしかナイっ!

CENTRAL LIVING / EVERYDAY
CENTRAL LIVING / EVERYDAYの試聴
next recordsのサイトでCENTRAL LIVINGのレコードを探してみる

「イイ音質で聴きたい・・・」コレは、音楽を聴く人にとって、とても大切なファクターであると思います。
だけど、ソコには時間や手間、かけるコトが出来るコスト、妥協点・・・などなど、様々な事情がレコードを聴くその人それぞれによって違ってきたりします。
上で書いたケースも人によっては、「レコード、1枚に1万円オーバーなんてゼッタイにムリだよ、UK盤で十分でしょ」って思う人もいたら、「イヤイヤ、再発盤で全然イイでしょ、それならヤフオクで500円で買えるし・・・」ていう人もいます。
「そもそも、音楽を聴きたいんだったらレコードでなくてもよくね?サブスクだったら、ン万曲が聴き放題だよ」って人もいます。
ん〜ホント、個人の趣味趣向は、それぞれですからね〜ナニが良くてナニがダメって判断もその人だけが判るってコトなので、オイラ的にはある程度のアドバイスまでしか、出来ないっていう・・・。
難しい問題ですね〜だけど、別の視点で見るとこういったコダワリの部分っていうのが、レコードの楽しみっていう側面もあるのは事実でしょうね。

Next Recordsではインスタグラムもやっています!
入魂のレコメンドで毎日、ナイスでグッドなレコードを紹介していますのでゼヒ、フォローしてくださいっ!

渋谷の12インチシングル専門の中古レコード店next. recordsでは12インチシングルのレコードを買取をやっています!
ゼヒ、お気軽にお問い合わせください!

毎週、金曜日に新入荷のアナログレコードをサイトにUPしています。


このブログは、渋谷で唯一の12インチシングル専門のレコード屋、next recordsが、運営しています。

↑このページのトップヘ